施工事例

外壁をベージュに塗り替え!軽やかで明るい住宅に変身したA様邸(東京都羽村市)

仕上がりは外壁の状況や施工内容により異なりますので、お気軽にご相談ください。

Before

この記事で紹介するのは、新築時から12年が経過するA様邸の外壁塗装工事です。

モルタル外壁(セメント・砂・水を練って作るモルタルでできた外壁)のA様邸は、堂々とした外観が特徴のご住宅。

まずは、施工前のA様邸の様子を確認してみましょう。

こちらが外壁塗装を施工する前のA様邸です。素敵なご住宅ですが、外壁が少し汚れているのが気になりますね。

A様邸ではとくに、窓枠や排気口カバーから下方向に伸びる黒ずみ跡が目立っていました。

こういった汚れは“雨だれ跡”と呼ばれる劣化症状。
窓枠などから下方向に伸びる黒ずみ汚れが目立ち始めたら、そろそろ外壁塗装を検討しましょう。

After

外壁塗装を終えたA様邸がこちらです。A様は「今までより少し明るい感じにしたい」と希望され、ベージュの塗料をお選びになりました。

外壁がきれいになってピカピカなのはもちろん、住宅全体が明るい雰囲気になりましたね!

ベージュの色は周囲の景観にも馴染みやすいので、外壁塗装ではとても人気がある色です。

そのほか、外壁塗装ではグレーやブラウンの塗料も人気。定番の色を選びたい方は、参考にしてくださいね。

塗装の様子

こちらでは、A様邸の塗装工事のうち、いくつかの工程をピックアップして紹介します。

コーキング補修

施工前のA様邸では、上の画像のように外壁にひび割れが生じておりました。

外壁のひび割れと聞くと「もっと何十年も経過してからひび割れるんじゃないの?」と思っている方がいるかもしれません。

しかしA様邸のようなモルタル外壁はひび割れが発生しやすい素材なので、築10年の段階でひび割れが見られるのは珍しいことではありません。

モルタル外壁は、新築後の数年〜10年後くらいがとくにひび割れやすい時期です。

なぜなら、新築時のモルタルには水分が含まれていて、水分が蒸発するとともにひび割れが生じてくるから。
モルタルには乾燥すると収縮する性質があり、この性質からモルタル外壁はひび割れやすいんですね。

モルタル外壁に発生しているひび割れは、外壁塗装の際に“コーキング”と呼ばれる素材で埋めて補修します。

コーキングとは、樹脂を主原料とし、乾燥して固まるとゴム状になる建築剤です。防水機能があるので、ひび割れからの雨水の侵入を防いでくれます。

A様邸に発生していたひび割れも、コーキングを使って補修しました。
ひび割れの補修跡は、上から塗装すれば目立たなくなるので、ご安心ください。

上塗り塗装後

上の画像はA様邸の上塗り塗装後の様子です。黒ずみ汚れもなく清潔感があり、美しい外壁ですね。

外壁塗装ではたった1度だけ塗料を塗れば塗装が完成するわけではなく、「下塗り・中塗り・上塗り」と呼ばれる合計3回の重ね塗りが必要です。

A様邸でも、3度塗りにて塗装を仕上げております。

なおA様邸では、外壁の一部にタイルが使用されていました。タイルは塗装が必要ない素材なので、汚れないようビニールシートで覆ってから塗装を行いました。

バルコニー防水塗装

A様は、外壁とあわせてバルコニーの防水塗装を希望されました。上の画像は、バルコニー防水塗装後の様子です。

バルコニーやベランダは、住宅のなかでとくに雨漏りしやすい箇所なので、専用の防水性が高い塗料で塗装します。
このような塗装を、“防水塗装”と呼びます。

塗装前は黒ずみ汚れが発生していたバルコニーでしたが、防水塗装により新築時さながらにピカピカに生まれ変わりました。

付帯部分塗装

外壁塗装では、外壁だけでなく、“付帯部分”にも塗装を行うことが多いです。

付帯部分とは、外壁にくっついている部分のことで、上の画像に写っている霧よけ(窓の上などに設ける小さな屋根)も付帯部分に当たります。

霧よけなど金属製の箇所の塗装では、塗装前に“ケレン”と呼ばれる下地処理が必要です。

ケレンは、やすりなどで表面を磨き、汚れやサビを落とす作業です。
金属面に塗膜をしっかり密着させるために大切な下地処理なので、金属部分を塗装する際は欠かさず行っております。

また、金属部分の下塗りの際には、サビ止め効果のある塗料を使うことも鉄則です。

サビ止め塗料を塗ることで、サビの発生を出来る限り抑えます。

塗装施工時のポイント

A様邸の外壁塗装において重要なポイントは、塗装前に行った“高圧洗浄”の作業です。

高圧洗浄は、外壁に付着している黒ずみ汚れや砂ぼこりなどを洗い流す工程。

なぜ高圧洗浄が塗装工事におけるポイントなのか。その理由は、高圧洗浄をしないまま塗装すると、塗膜が外壁にしっかり密着せず、塗装の施工品質が低下するからです。

塗膜の密着が悪いと、塗料本来の寿命よりも短い年数で塗膜が剥がれる恐れが高くなります。
そういった施工不備を防ぐために、いえふくの職人は外壁の隅々までていねいに高圧洗浄を行っております。

そのほかにも、いえふくでは外壁塗装における重要なポイントをきっちり守って、誠実な施工を実施しています。

「外壁塗装はトラブルが多いって聞くけど、実際どの業者に任せればいいの?」と困っている方は、ぜひいえふくにご相談くださいませ。

点検・調査など無料で承ります。まずはお気軽にご相談ください。

まずはスタッフと直接お話したい方 フリーダイヤル

0120-900-971

受付時間:9時〜20時(土・日・祝日も営業中)

メールでお問い合わせをしたい方 24時間受付中

ご相談・お問い合わせフォームへ

1営業日以内に必ずご返信しています


  • よくある質問
  • 外壁塗装ガイド
  • 外壁塗装の適正価格について
  • 失敗しない色選びのためのお役立ちコラム集
  • 座談会
  • 無料相談会実施中
  • LINE相談・お見積もり
  • 失敗しない!業者の選び方
  • どうする?雨漏り対策
  • 別荘の外壁塗装
  • 遮熱塗料について
  • 屋根塗装のあれこれ
  • 外壁塗装用語集
  • 採用情報
ページ
トップへ

お問い合わせ