施工事例

築9年の住宅を外壁塗装!ベテラン職人の技術で高品質に仕上げました(神奈川県座間市)

仕上がりは外壁の状況や施工内容により異なりますので、お気軽にご相談ください。

Before

この記事では、砂ぼこりや汚れで古びた印象が強くなってしまった外壁をモダンなグレーで塗装し、イメージチェンジしたU様邸の施工事例を紹介します。

U様邸は、新築時から9年ほどが経過する“サイディング外壁”のご住宅です。

サイディング外壁とは、“サイディングボード”と呼ばれる板状の建材を表面に貼り合わせた外壁のこと。
導入コストが安い上にデザインのバリエーションが豊富であることから、近年の新築住宅では主流の外壁です。

最後までご覧いただければ、U様邸の外壁が塗装工事によりどれほど美しく変身したのか、くわしく確認できます。ぜひ最後までお付き合いください。

外壁塗装を実施する前のU様邸がこちらです。
サイディングボードの溝には砂ぼこりや汚れがたまっていて、全体的に古びた印象となっています。

また、一部の外壁には塗膜(塗装された塗料が乾燥し固まって膜状になったもの)の剥がれも見られます。

塗膜が劣化して剥がれてくるのは、すでに塗膜が寿命を迎えている証拠です。自宅の外壁に塗膜の剥がれが見られる場合、そろそろ外壁塗装を行う時期だと考えましょう。

After

外壁塗装を終えたU様邸がこちらです。
施工前とはがらりと雰囲気が変わり、グレーのモダンな外壁へと変身しています。

U様は「今回の塗装工事でマイホームの雰囲気を変えたい」とお話しになっていましたので、施主様の狙い通りのイメチェンを果たしました。

また、U様邸では外壁だけではなく付帯部分の塗装もまとめて行いました。

付帯部分とは、雨戸や雨どいなど、外壁に付帯する部分のこと。外壁塗装の際には、外壁と付帯部分をまとめてセットで塗装するのが一般的です。

塗装の様子

こちらでは、U様邸の外壁塗装の各工程のうち、いくつか重要なポイントをピックアップして紹介します。

コーキング補修

U様邸のようなサイディング外壁では、目地の部分に“コーキング”と呼ばれる建築剤が設置されています。

コーキングとは、樹脂を主原料とし、乾燥して固まるとゴム状になる素材です。壁の内部に雨水が入り込まないようにする役割があります。

コーキングの耐用年数は5〜7年程度であるため、外壁塗装の工事のタイミングで補修をする必要があります。

コーキングの補修を終えたU様邸の様子がこちらです。
窓枠の周囲や、外壁材の隙間部分のコーキングを補修しました。

窓枠や玄関ドアの周囲のコーキングには“増し打ち”と呼ばれる方法を用いて、それ以外のコーキングには“打ち替え”と呼ばれる方法を使用しました。

増し打ちとは、既存のコーキングを残したまま、上から追加でコーキングを打ち込む補修方法のことです。

打ち替えとは、既存のコーキングを撤去してから、新しくコーキングを打ち直す補修方法です。

窓枠や玄関ドアなどの周囲に打ち替えでの補修をすると、雨漏りのリスクが高くなる場合があります。雨漏りのリスクを極力少なくするために、窓枠などの周囲では増し打ち補修を使用するのです。

下塗り

上の画像は、1度目の塗装作業である下塗りを終えた後の様子です。

「1度目?」と疑問を感じた方がいらっしゃるかもしれませんので解説すると、外壁塗装ではたった1度だけ塗装するのではなく、合計3回の重ね塗りで塗装するのが一般的なのです。

3回の重ね塗りはそれぞれ「下塗り・中塗り・上塗り」と呼ばれています。

いずれも省略できない重要な工程ですので、3度塗りが適さない特殊な施工を除き、いえふくでは3度塗りを基本方針としております。

中塗り

下塗り塗料が十分に乾いたら、次は2度目の塗装作業である中塗りを行います。

上の画像は中塗りを終えた後に撮影されたものです。すでにU様邸の外壁はきれいに塗り替えられていますが、上塗りを終えるまではまだ完成ではありません。

上塗り

中塗りで塗った塗料も十分に乾いたら、3度目の塗装作業である上塗りを行います。
上の画像は上塗りを終えた後のU様邸の様子です。

中塗りの時と比べると、わずかですが表面の光沢が増していますね。
外壁塗装の塗膜は、上塗りまでの重ね塗りが完了してはじめて万全の状態に仕上がるのです。

付帯部分塗装

U様邸では、外壁を塗装した後に付帯部分の塗装も行いました。

上の画像を見ると、U様邸の破風板(屋根の妻側の側面に取り付けられた板)と雨どい、軒天(屋根の、壁より外側にせり出している部分の裏側)といった各付帯部分が、ピカピカになっていることを確認できます。

塗装工事の際には、外壁だけではなく付帯部分の色もお選びいただけます。

いえふくの塗装工事では、「この外壁だと、付帯部分にはどんな色が似合うかな?」といった色選びのご相談にも乗らせていただきます。

塗装施工時のポイント

U様邸の外壁塗装におけるポイントは、ベテラン職人による均一な厚みでの塗装作業にあります。

外壁塗装はローラーを使って手作業で行うことが基本のため、職人の技術によって仕上がりの品質に差が生まれるもの。
塗膜の厚みがあまりにもバラバラだと、塗装後の外壁の表面に塗膜の凹凸ができる恐れもあるのです。

いえふくの職人はたくさんの修行を積んだベテランばかりなので、均一な厚みでの高品質な塗装作業を実施できます。
高品質な外壁塗装を適正価格で実施したい方は、ぜひいえふくへお任せくださいませ。

点検・調査など無料で承ります。まずはお気軽にご相談ください。

まずはスタッフと直接お話したい方 フリーダイヤル

0120-900-971

受付時間:9時〜20時(土・日・祝日も営業中)

メールでお問い合わせをしたい方 24時間受付中

ご相談・お問い合わせフォームへ

1営業日以内に必ずご返信しています


  • よくある質問
  • 外壁塗装ガイド
  • 外壁塗装の適正価格について
  • 失敗しない色選びのためのお役立ちコラム集
  • 座談会
  • 無料相談会実施中
  • LINE相談・お見積もり
  • 失敗しない!業者の選び方
  • どうする?雨漏り対策
  • 別荘の外壁塗装
  • 遮熱塗料について
  • 屋根塗装のあれこれ
  • 外壁塗装用語集
  • 採用情報
ページ
トップへ

お問い合わせ