施工事例

コケを落としてクリアー塗装!ピカピカに生まれ変わったU様邸(東京都町田市)

仕上がりは外壁の状況や施工内容により異なりますので、お気軽にご相談ください。

はじめに

この記事で紹介するのは、新築時から約10年が経過するU様邸のクリアー塗装の施工事例です。

クリアー塗装とは、一般的な外壁塗装とは違って、透明の塗料を使用する塗装工事のこと。

この記事では、一般的な色付き塗料での外壁塗装との作業の違いにも触れながら、U様邸のクリアー塗装工事の流れを紹介します。

クリアー塗装を検討中の方は、ぜひ最後までご覧ください。

Before

クリアー塗装を実施する前のU様邸がこちらです。

北側の外壁には、広範囲にわたってコケが発生しており、表面の塗膜(塗装された塗料が乾燥し固まって膜状になったもの)は寿命を迎えていることが確認できます。

住宅の北側は日当たりが悪く、湿気がたまりやすい場所です。
日当たりが悪い場所や湿気がたまりやすい場所はコケが発生しやすいので、普段から外壁の状況をチェックするのが大切です。

なお、外壁にコケが生えていても、高圧洗浄の際にコケを洗い流せば、クリアー塗装は問題なく実施できるのでご安心ください。

After

クリアー塗装を終えたU様邸の様子がこちらです。
施工前にコケが生えていたとは思えないほどピカピカで、清潔感のある状態に仕上がっています。

表面は新しい塗膜でコーティングされているので、塗膜が劣化するまではコケが再び生えてくる心配もありません。

次の項目では、U様邸のクリアー塗装が進行していく流れを、くわしく解説してまいります。

施工手順

足場設置

クリアー塗装の工事では、一般的な色付き塗料を使った外壁塗装と異なる部分も多いですが、共通する作業もあります。

たとえば、工事のはじめに足場を組み立てるのは、クリアー塗装でも通常の外壁塗装でも変わりません。

上の画像は、U様邸の周囲に作業用の足場を設置した後の様子です。
U様邸は高さがある住宅のため、U様にご承諾いただいた上で、外壁にも足場の一部を設置させていただきました。

外壁に足場を設置するといっても、ビスなどで固定して外壁に跡が残ることはないので、ご安心ください。

外壁に足場の一部を設置する場合は、施工後に跡が残らないよう、クッション材をかませるなどの配慮を行っております。

高圧洗浄

足場の設置作業が終わると、次は外壁に付着している汚れを洗い流す“高圧洗浄”の工程へと移ります。
U様邸の北側に発生していたコケも、高圧洗浄の段階で、きれいさっぱりとなくなります。

いえふくの職人が使用しているのは、業務用の威力が強い高圧洗浄機。ガンコな汚れやコケも、スピーディーに洗い流すことが可能です。

ただし、業務用の高圧洗浄機は本当に威力が強く、常にフルパワーで洗浄していては、もろい部材を損傷させることがあります。

いえふくの職人は、洗浄する部材をよく確認し、高圧洗浄機のパワーを調節しながら洗浄作業を行っています。

養生作業

高圧洗浄が終わると、次は“養生”と呼ばれる作業へと移ります。

養生とは、窓ガラスや玄関ドア、インターホンなどの塗料が付いてはいけない部分を、ビニールシートなどで覆って保護することです。

クリアー塗装では透明の塗料を使用しますが、窓ガラスに塗料が付いては困りますよね。

施主様のマイホームを不用意に汚すことがないよう、いえふくの職人は事前の養生を怠りません。

中塗り

養生が終わると、いよいよ本題の塗装作業へと移ります。ここからは、一般的な色付き塗料を使った外壁塗装と異なる手順です。

色付き塗料での外壁塗装の場合、養生以降の手順は、「コーキング補修(後ほどくわしく解説します)⇒下塗り⇒中塗り⇒上塗り」です。

一方のクリアー塗装の場合、養生以降の流れは「中塗り⇒上塗り⇒コーキング補修」となります。

色付き塗料は、そのままだと外壁には密着しにくいため、密着度を高めるための下塗りが必要不可欠です。

しかし、クリアー塗装用の塗料は、そのままでも外壁に適切に密着するので、下塗りが必要ないのです。

また、クリアー塗装では塗料の性質上、コーキング補修は塗装後に実施する必要があります。これについては、後の「コーキング」の項目で解説します。

上の画像は、職人が1度目の塗装作業である中塗りを実施しているところです。

画像のように、ローラーを使って、均一な厚みで塗料を塗っていきます。

上塗り

中塗りで塗った塗料が十分に乾いたら、次は2度目の塗装作業となる上塗りを行います。

上塗りの工程も、基本的な工事の流れは同じ。
基本はローラーを使用し、細かい調節が必要な部分はハケに持ち替えて塗装を行います。

コ-キング

上塗りが完了すると、次は“コーキング”の補修作業を行います。

コーキングとは、樹脂を主原料とし、乾燥して固まるとゴム状になる建築剤のこと。
U様邸のようなサイディング外壁では、目地の部分にコーキングが設置されています。

コーキングは5〜7年ほどで寿命を迎える素材なので、塗装工事の際に補修するのが一般的です。
先述のように、色付き塗料を使った外壁塗装では“塗装前”にコーキング補修を行い、クリアー塗装の場合は“塗装後”に補修をします。

その理由は、クリアー塗装で使用する塗料は、色付きの塗料とは性質が異なっているからです。
コーキングを補修した上からクリアー塗装の塗料を塗ると、後から塗膜が割れる恐れがあります。

施工不備のない外壁塗装を提供するためにも、いえふくではそれぞれの塗装工事において正しい施工を徹底しております。

サイディング外壁のコーキングの補修では、上の画像のように、まず古いコーキングを手で引っ張って撤去します。

シンプルではありますが、多少の力を必要とする作業です。

古いコーキングを撤去した後には、コーキングの定着を助ける下塗り剤である“コーキングプライマー”を塗ってから、新しいコーキング剤を打ち込みます。

新しいコーキングを打ち込んだら、表面の凸凹をならして、補修作業は完了です。

仕上がり

コーキング補修も完了し、U様邸のクリアー塗装が無事に終了しました。

塗装工事は雨が降ると施工がストップするのですが、幸いなことに、U様邸の施工期間中は雨が全く降らず、予定通りの工期で施工を終えられました。

雨が降ると塗装工事ができない理由は、塗料が乾き切る前に雨に当たると、塗料が薄まって品質が悪くなるからです。

なるべく予定通りの期間で工事を終えたい方は、雨の日が少ない季節を選んで外壁塗装するといいでしょう。

付帯部分塗装

住宅には、外壁以外にも“付帯部分”と呼ばれる箇所があります。
具体的には雨樋や雨戸などの部分のことで、外壁塗装の際には、その部分の塗装を同時に行うことが多いです。

こちらでは、U様邸の付帯部分塗装の様子を紹介します。

上の画像は、U様邸の軒天(屋根の、壁より外側にせり出している部分の裏側)を塗装している様子です。

軒天をはじめとする付帯部分塗装では、クリアー塗装の工事であっても、色付き塗料を使用するのが基本。

そのため、クリアー塗料を使用した外壁塗装とは異なり、下塗り・中塗り・上塗りの3度塗りで塗装を行います。

軒天は塗り替え時から年数が経過すると、クモの巣や砂ぼこりなどで汚れが目立ちやすい部分。
軒天が汚れているだけで、住宅の清潔感が損なわれるので、定期的に塗り替えてきれいに維持することが、住宅の美観を保つコツです。

上の画像は雨どいの塗装を行っているところです。

雨どいなどの曲線を描いている付帯部分でも、経験のある塗装職人であれば、ローラーでムラなく塗装できます。

上の画像は、水切り(住宅の基礎に水が侵入しないようにする部分)を塗装している様子。

水切りのように金属製の部分には、塗装前の“ケレン”と呼ばれる下地処理が欠かせません。

ケレンとは、やすりなどで表面を磨き、汚れやサビを落とす作業のこと。
水切り以外であっても、金属製の部分を塗装する前には欠かせない下地処理です。

まとめ

この記事では、コケが生えている外壁をクリアー塗装で施工したU様邸の施工事例を紹介しました。

施工前には広範囲にわたりコケが発生していたU様邸が、高圧洗浄でコケを落とし、クリアー塗装でピカピカに変身した様子を確認できましたね。

いえふくの職人は、高品質な塗装ができる技術を有しているのはもちろん、高圧洗浄など塗装前の準備段階も、手を抜かず真面目に対応する職人ばかり。

高品質でていねいな外壁塗装を希望される方は、ぜひいえふくにお任せくださいませ。

点検・調査など無料で承ります。まずはお気軽にご相談ください。

まずはスタッフと直接お話したい方 フリーダイヤル

0120-900-971

受付時間:9時〜20時(土・日・祝日も営業中)

メールでお問い合わせをしたい方 24時間受付中

ご相談・お問い合わせフォームへ

1営業日以内に必ずご返信しています


  • よくある質問
  • 外壁塗装ガイド
  • 外壁塗装の適正価格について
  • 失敗しない色選びのためのお役立ちコラム集
  • 座談会
  • 無料相談会実施中
  • LINE相談・お見積もり
  • 失敗しない!業者の選び方
  • どうする?雨漏り対策
  • 別荘の外壁塗装
  • 遮熱塗料について
  • 屋根塗装のあれこれ
  • 外壁塗装用語集
  • 採用情報
ページ
トップへ

お問い合わせ