施工事例

外壁を塗り替えメンテ!サイディングボードのひび割れ補修も実施(東京都町田市)

仕上がりは外壁の状況や施工内容により異なりますので、お気軽にご相談ください。

はじめに

この施工事例で紹介するのは、T様邸の外壁塗装です。

T様邸は新築時から13年ほどが経過する住宅。

施工前点検にうかがった際には、外壁のひび割れや付帯部分(雨戸や雨どいなど、外壁に付帯する部分)の塗膜(塗布された塗料が乾燥して形成する膜)の剥がれなど、いくつもの劣化サインが見られました。

今回は、さまざまな劣化サインの現れているT様邸を、塗装によりきれいな状態に変身させた施工事例です。

T様邸は近年の主流な外壁である“サイディング外壁”(“サイディングボード”と呼ばれる板状の建材を表面に貼り合わせた外壁)のご住宅。

多くの方が参考にしやすいかと思います。

Before

外壁塗装を実施する前のT様邸の様子がこちらです。

洗浄作業を終えた後なので汚れは落ちていますが、雨どいや破風板(屋根の妻側の側面に取り付けられた板)を見ると、ところどころ塗膜が剥がれている様子が確認できます。

塗膜が剥がれるのは、すでに塗料が寿命を迎えている証拠。塗り替えの実施時期としてよいタイミングです。

もしこのまま塗装工事をせずに放置していたら、塗膜の剥がれが広がって部材の下地が剥き出しになり、雨などの影響で部材自体が傷んでいたかもしれません。

After

外壁塗装を終えたT様邸がこちらです。

T様は「思っていた以上の仕上がりになって嬉しい」と、ピカピカになったマイホームを、ご家族と一緒に嬉しそうに見上げておられました。

次の項目では、T様邸の外壁塗装の工事が進んでいく様子を、画像を紹介しながら紹介してまいります。

施工手順

足場設置

外壁塗装の工事で最初に行うのは、足場を設置する作業です。

上の画像をご覧いただくと、外壁の周囲を取り囲むように足場が設置されている様子が確認できます。職人はこの足場に上って、塗装などのいろいろな作業を行うのです。

足場を組み立てた後には、飛散防止用のメッシュシートを設置します。

飛散防止メッシュシートは、塗装作業中の塗料が隣家に飛んでご迷惑をおかけしないために設置しております。

高圧洗浄

足場の設置作業が完了すると、次は外壁の洗浄を行います。

外壁が汚れたままだと、上から塗装をしても塗料がうまく下地に密着できず、塗料が持つ本来の耐用年数より短い期間で剥がれるでしょう。

外壁塗装の効果をより長持ちさせるために、高圧洗浄は欠かせない作業です。

いえふくは、高圧洗浄をすみずみまでていねいに行うことを徹底しております。

養生作業

高圧洗浄が完了すると、次は養生作業を行います。

養生とは、窓ガラスや玄関ドアなど塗料が付着しては困る部分をビニールシートで覆い、塗料が飛ばないように保護すること。

プロの職人が塗装作業をするとはいえ、どんなに気をつけても一切塗料が飛ばないように塗装をするのは不可能ですし、作業効率が悪いです。

施主様の大切な住宅を汚してしまわないよう、いえふくでは全ての塗装現場において養生を実施しております。

コ-キング

養生が終わると、次は“コーキング”の補修作業を行います。

コーキングとは、樹脂を主原料とし、乾燥して固まると硬いゴム状になる充てん剤です。
T様邸のようなサイディング外壁は、サイディングボード同士の隙間にコーキングが打ち込まれています。

コーキングは5〜7年ほどで寿命を迎える素材なので、外壁塗装のタイミングで補修をするのが一般的。T様邸でも、コーキングの補修作業を行いました。

また、T様邸では一部のサイディングボードにひび割れが発生しておりました。

上の画像を見ると、ボードの一部がひび割れている様子が確認できます。

こういったサイディングボードのひび割れも、コーキングを使用して補修を行います。

補修を終えると、このようになりました。

上から塗装をすれば補修跡はほぼ分からなくなるので、ご安心ください。

また、別の部分では釘の周辺がひび割れておりました。

こちらも、コーキングを使用して補修いたしました。

下塗り

コーキングの補修作業が完了すると、次は本題の塗装作業を行います。

外壁塗装では1度だけ塗装をすれば工事が終わるわけではなく、「下塗り・中塗り・上塗り」と呼ばれる合計3回の重ね塗りを行います。

まずは、1度目の塗装作業である下塗りを行いました。

下塗りには、外壁下地と上塗り塗料(中塗りと上塗りで使用する塗料のこと)を密着させる役割があります。

もし下塗りを省略すると、高圧洗浄をしなかった時と同様に、塗膜は本来の耐用年数を待たずして剥がれることが予想されます。

中塗り

下塗りが完了すると、次は2度目の塗装作業となる中塗りを行います。

下塗りは外壁下地と上塗り塗料を密着させる役割だったのに対して、上塗り塗料の役割は、外壁材を雨水や汚れから保護することです。

上塗り塗料は、メーカー指定の回数を重ね塗りすることで、防水性や耐汚染性(汚れにくさのこと)がベストな状態に仕上がります。

上塗り

中塗りで塗った塗料が十分に乾いたら、3度目の塗装作業である上塗りを行います。

中塗りの時とは、ほんのわずかに色みの異なる塗料を使っている点に注目です。

色みの異なる塗料を使用する理由は、中塗りと上塗りでの外壁の変化を、施主様に実感いただくためです。

施主様が「中塗りと上塗りで見た目に変化がないけど、ちゃんと重ね塗りしてくれたのかな?」と不安な気持ちにならず、安心してご見学いただけるように配慮しております。

仕上がり

ここで、改めてT様邸の外壁塗装後の仕上がりを見てみましょう。
築13年の住宅とは思えないほどピカピカで、おしゃれで品のある外観に仕上がっています。

次の項目では、T様邸の付帯部分塗装の様子を紹介します。

付帯部分塗装

上の画像は高圧洗浄後の霧避けを写したものです。

元々はツヤのある黒色の霧避けだったそうですが、今では色あせて汚れが目立ちます。
この霧避けを、塗装により再びきれいな状態に変身させます。

霧避けのように金属でできている部分は、いきなり塗装をするのではなく、塗装の前に下地処理をする必要があります。

金属部分で必要な下地処理は“ケレン”です。タワシなどで塗装面を薄く磨き、古い塗膜やサビをこそぎ落とす作業です。

ケレンを終えると、外壁の時と同じく「下塗り・中塗り・上塗り」の3度塗りを行います。

金属部分を塗装するときは、下塗り時にもちょっとした工夫が必要。それは、下塗りの際にはサビ止め効果のある塗料(サビ止め塗料)を使用することです。

上の画像は、T様邸の霧避けに下塗りでサビ止め塗料を塗った後の様子。

金属部分は雨水や湿気などの影響でサビやすいので、なるべくサビの発生を抑制するために、サビ止め塗料を塗っておくのです。

下塗りで塗ったサビ止め塗料が乾いたら、中塗り・上塗りと重ね塗りを行います。

上の画像は上塗り途中のものですが、すでにツヤを取り戻したT様邸の霧避けが光を反射していますね!

続いて、別の金属部分を塗装します。上の画像は職人が金属部分にケレンを行っている様子です。

こちらも、霧避けの時と同じくサビ止め塗料で下塗りを行いました。

その後、中塗り・上塗りと重ね塗りをして、この部分も塗装完了です。

次に、雨戸の塗装を行います。雨戸も同じく金属製なので、まずはケレンからスタートです。

ケレンを終えると、サビ止め塗料を下塗りし、中塗り・上塗りと塗装を重ねます。

雨戸のように凸凹している部分でも、ローラーを使って塗装するのが一般的。凸凹している雨戸も塗りムラなくきれいに仕上げられるのは、いえふくの熟練した職人ならではです。

そのほか、雨どいなどの塗装も実施しました。

T様は雨どいに選んだ白い色の塗料は、外壁の淡い緑色との相性もバツグンですね!

まとめ

今回の記事では、T様邸のサイディング外壁の塗り替え工事を紹介しました。

T様邸は一部のサイディングボードにひび割れがあり、コーキングで補修した様子も確認できましたね。

いえふくでは、外壁材にひび割れが見られる場合であっても、コーキングを使って補修した上で塗装工事を行わせていただきます。

「外壁が汚れてきて見た目が悪い」「一部の外壁にひび割れがあって心配」といったお困りごとは、お気軽にいえふくまでご相談ください。

点検・調査など無料で承ります。まずはお気軽にご相談ください。

まずはスタッフと直接お話したい方 フリーダイヤル

0120-900-971

受付時間:9時〜20時(土・日・祝日も営業中)

メールでお問い合わせをしたい方 24時間受付中

ご相談・お問い合わせフォームへ

1営業日以内に必ずご返信しています


  • よくある質問
  • 外壁塗装ガイド
  • 外壁塗装の適正価格について
  • 失敗しない色選びのためのお役立ちコラム集
  • 座談会
  • 無料相談会実施中
  • LINE相談・お見積もり
  • 失敗しない!業者の選び方
  • どうする?雨漏り対策
  • 別荘の外壁塗装
  • 遮熱塗料について
  • 屋根塗装のあれこれ
  • 外壁塗装用語集
  • 採用情報
ページ
トップへ

お問い合わせ