施工事例

スレート屋根を遮熱塗料で塗装工事!S様邸の屋根塗装の施工事例(東京都大田区)

仕上がりは外壁の状況や施工内容により異なりますので、お気軽にご相談ください。

Before

今回ご依頼いただいたのは、築14年ほどのS様邸の屋根塗装です。

塗装工事を施工する前のS様邸の屋根がこちら。

スレート材(セメントと繊維質を主原料とする板状の屋根材)を使用した、おしゃれな屋根です。勾配が大きいため、下からでも屋根のデザインが見えることが特徴。

S様は、「新築時には屋根のデザインが見えておしゃれだと思っていたけど、今ではすっかり色あせてしまって、あまり人に見られたくないんです」とお話しになっていました。

施工前の画像を見ると、S様邸の屋根は塗膜(塗料が乾燥して形成する膜)がところどころ剥がれ、スレートの下地が剥き出しになっています。

スレート材はそのままだと防水性が低いので、塗膜でコーティングして保護する必要がある素材です。

このまま屋根塗装をせずに放置していたら、スレート材自体がどんどん劣化していき、最悪の場合は屋根の葺き替え工事が必要になることでしょう。

屋根の葺き替え工事は屋根塗装の2倍以上の費用がかかるため、塗装工事で済ませる方がコストは抑えられます。

After

無事にS様邸の屋根塗装を終えました。施工前には黒系だった屋根が、さわやかなグリーンの色に変身していますね!

S様邸の外壁はベージュ系の色をしているので、グリーンの屋根は相性バッチリ。

屋根塗装の仕上がりをご覧になったS様は、「これで来客に屋根を見られても恥ずかしくないですね」と、とてもお喜びになっておりました。

塗装施工時のポイント

今回の屋根塗装におけるポイントは、“遮熱塗料”を使って塗装工事を行った点です。

遮熱塗料とは、その名の通り熱を遮(さえぎ)る塗料のこと。

遮熱塗料を屋根に塗ると、日差しによって屋根が帯びる熱を、通常時よりも低温に抑えられるメリットがあります。

S様邸のようなスレート屋根は、屋根材の厚みが4〜5mmと、薄い素材です。
そのため、特に夏場には日差しの影響を受けて、室内の温度が上昇するケースがあります。

しかし、屋根塗装の際に遮熱塗料を使用すれば、室内の温度上昇を緩和する効果が期待できるのです。

遮熱塗料は通常の塗料よりも高額なので、そのぶん施工時のお値段がやや高くなります。
しかし、冷暖房効率などのランニングコストや室内の快適性を考えると、遮熱塗料は十分に使用価値のある塗料なのです。

いえふくでは、通常の塗料を使用した屋根塗装に対応しているのはもちろん、遮熱塗料を使った塗装工事にも対応しております。

遮熱塗料を使った屋根塗装は、いえふくまでお気軽にご相談ください。

点検・調査など無料で承ります。まずはお気軽にご相談ください。

まずはスタッフと直接お話したい方 フリーダイヤル

0120-900-971

受付時間:9時〜19時(土・日・祝日も営業中)

メールでお問い合わせをしたい方 24時間受付中

ご相談・お問い合わせフォームへ

1営業日以内に必ずご返信しています


  • よくある質問
  • 外壁塗装ガイド
  • 外壁塗装の適正価格について
  • 失敗しない色選びのためのお役立ちコラム集
  • 座談会
  • 無料相談会実施中
  • LINE相談・お見積もり
  • 失敗しない!業者の選び方
  • どうする?雨漏り対策
  • 別荘の外壁塗装
  • 遮熱塗料について
  • 屋根塗装のあれこれ
  • 外壁塗装用語集
  • 採用情報
ページ
トップへ

お問い合わせ