施工事例

外壁塗装と屋根塗装を同時に実施!住宅丸ごと美しく変身したO様邸(神奈川県逗子市)

仕上がりは外壁の状況や施工内容により異なりますので、お気軽にご相談ください。

Before

今回ご依頼いただいたのは、O様邸の塗装工事です。

O様邸は、新築時から9年ほどが経過する住宅。

O様は「せっかくの機会だから、外壁も屋根もまとめてきれいにしたい」と希望されたため、今回の施工では外壁塗装と屋根塗装をまとめて実施させていただきました。

外壁塗装を施工する前のO様邸がこちらです。

O様邸の外壁は、新築時に無塗装のサイディングボード(外壁の表面に貼りつけて用いる板状の外壁材)を、吹き付け塗装でモルタル外壁風の模様に仕上げたデザインの外壁。

落ち着いた和風のデザインがおしゃれなO様邸ですが、外壁の模様に黒ずみ汚れがたまっています。
せっかくのおしゃれな外観が損なわれ、少しもったいないですね。

外壁塗装をすれば、O様邸は新築住宅さながらにピカピカの美観を取り戻すことでしょう。

After

外壁塗装を終えたO様邸の様子がこちら。
施工前とは雰囲気を変えて、黄色みのあるクリーム色の外壁に仕上がっています。

O様は、「この色を選んでよかった!住宅がピカピカだと気分も上がるね!」と、ご家族とお喜びになっておりました。

塗装したのは外壁だけではなく、雨どいや出窓の上部、軒天(屋根の、壁より外側にせり出している部分の裏側)なども含まれます。
O様は雨どいなどに黒い塗料をお選びになり、外壁の色との相性もバッチリ。

外壁塗装の際には、付帯部分(雨戸や雨どいなど、外壁に付帯する部分)の色も選ぶことが可能です。

外壁塗装の様子

こちらでは、O様邸の外壁塗装工事の各工程のうち、重要な部分をピックアップして紹介します。

高圧洗浄

上の画像は塗装前に外壁を洗浄している様子です。高圧洗浄機と呼ばれる道具を使用し、水の威力で外壁の汚れやホコリを洗い流します。

外壁に汚れなどが付着したまま塗装しても、塗料はうまく下地に密着できません。

塗料が下地に密着できないと、塗膜(塗料が乾燥し固まって膜状になったもの)がしっかりと形成されないため、塗料の本来の耐用年数よりも短い期間で塗膜が剥がれます。

塗料が持つ耐久力を最大限に引き出すためには、塗装前の高圧洗浄が欠かせないのです。

下塗り・中塗り・上塗り

外壁塗装では、たった1度だけ塗料を塗ったら工事が終わるわけではありません。
「下塗り・中塗り・上塗り」と呼ばれる合計3回の重ね塗りをするのが基本です。

いえふくではこの基本に則り、下塗りから上塗りまで全ての工程を省略せずに行います。

ただし、2度塗りが正しい施工方法である“クリアー塗装”(透明の塗料を使った外壁塗装)の際には、3度塗りではなく2度塗りを実施しております。

塗装が完了した後のO様邸の様子です。

施工前には外壁の模様に黒ずみ汚れがたまっていましたが、施工後にはピカピカの清潔感あふれる外壁に変身していますね。

付帯部分塗装

上の画像はO様邸の破風板(屋根の妻側の側面に取り付けられた板)を塗装している様子です。

外壁塗装の際には、破風板や雨どい、雨戸などの付帯部分塗装もまとめて行うのが一般的です。

破風板と雨どいの塗装が完了しました。ツヤのある塗料を使用したので、表面にはツヤ感が生まれています。

付帯部分には黒やブラウンの塗料が人気ですが、住宅のデザインによっては白を選ぶ方もいらっしゃいます。

「外壁の色には希望があるけど、付帯部分は何色にすればいいかわからない」とお困りの場合は、外壁と相性のいい色選びのご相談にも乗らせていただきます。

屋根塗装の様子

O様邸では、外壁塗装とあわせて屋根塗装も実施しました。

こちらでは、屋根塗装でO様邸の屋根がどのように変化したのか、画像を交えて紹介します。

Before

上の画像は施工前のO様邸の屋根を写したもの。
トタンと呼ばれる金属屋根で、一部の屋根材に塗膜の剥がれが見られます。

トタンなどの金属屋根は、サビが出て広がるとボロボロになってしまうので、定期的に塗り替え工事をすることが大切です。

After

屋根塗装を終えた様子がこちらです。O様は屋根に塗る塗料に、施工前と同じ赤色をお選びになりました。

ツヤのある塗料を使用したので、太陽の光を反射して輝いていますね。

屋根は日常生活の中では目に入りにくい部分ですが、時間の経過とともに確実に劣化は進んでいきます。
金属屋根に限らず、塗装工事をしないで放置していると、最終的には雨漏りのトラブルへ発展するかもしれません。

大切なマイホームに長きにわたり住み続けるためには、屋根の塗装メンテナンスが欠かせないのです。

塗装施工時のポイント

O様邸の塗装工事におけるポイントは、屋根塗装にあります。
O様邸のような金属屋根は、塗装をする前に“ケレン”と呼ばれる下地処理をする必要があるのです。

ケレンとは、やすりなどで表面を磨き、汚れやサビを落とす作業のこと。
金属部分の表面に微細な傷をつけて、塗膜が密着しやすい状態に整える目的もあります。

また、金属屋根を塗装するときにはもう1つ重要なポイントがあります。
それは、下塗りの際にサビ止め効果のある塗料(サビ止め塗料)を使用することです。

トタンなどの金属屋根は、普通の塗料で塗装するだけでは、サビの抑制効果が十分ではありません。
下塗りの際にサビ止め塗料を塗っておけば、サビの発生をできる限り防ぐことが可能になります。

今回の施工では、上記2つのポイントを押さえて屋根塗装を行いました。

このようにいえふくでは、外壁塗装だけではなく屋根塗装についても、十分な知識と技術を備えております。
外壁塗装はもちろん、屋根塗装を検討される際にも、安心してお任せくださいませ。

点検・調査など無料で承ります。まずはお気軽にご相談ください。

まずはスタッフと直接お話したい方 フリーダイヤル

0120-900-971

受付時間:9時〜19時(土・日・祝日も営業中)

メールでお問い合わせをしたい方 24時間受付中

ご相談・お問い合わせフォームへ

1営業日以内に必ずご返信しています


  • よくある質問
  • 外壁塗装ガイド
  • 外壁塗装の適正価格について
  • 失敗しない色選びのためのお役立ちコラム集
  • 座談会
  • 無料相談会実施中
  • LINE相談・お見積もり
  • 失敗しない!業者の選び方
  • どうする?雨漏り対策
  • 別荘の外壁塗装
  • 遮熱塗料について
  • 屋根塗装のあれこれ
  • 外壁塗装用語集
  • 採用情報
ページ
トップへ

お問い合わせ