施工事例

築15年のA様邸を、おしゃれなガーネット色に変身させた屋根塗装(東京都武蔵野市)

仕上がりは外壁の状況や施工内容により異なりますので、お気軽にご相談ください。

Before

今回ご依頼いただいたA様邸では、屋根塗装の工事を実施させていただきました。

新築時から15年が経過するA様邸は、築10年の頃に外壁塗装をお済ませになったそう。

築15年を迎え、「そろそろ屋根も塗装工事をしなくちゃな」とお考えになり、この度いえふくまでご相談いただいた運びです。

屋根塗装を実施する前のA様邸がこちらです。最近の一戸建て住宅で用いられることが多い、“スレート”と呼ばれる屋根材を使用しています。

スレートとは、セメントと繊維質を主原料とする板状の屋根材のこと。

スレート材はそのままだと水に弱いため、塗料を塗って塗膜(塗料の膜)でコーティングし、雨水や汚れなどから保護する必要があります。

画像を見ると、A様邸の屋根はかなり汚れており、黒ずみ汚れだけでなくコケも発生している様子が確認できます。

スレート屋根は塗膜が劣化したまま放置していると、このようにコケが生えることもあるのです。

After

屋根塗装を行い、A様邸の屋根はこのようになりました。施工前とはガラリと色を変え、ガーネット色の屋根に変身しています。

汚れとコケが発生していた施工前の様子からは想像もつかないほどきれいで、新築さながらにピカピカの屋根が復活しました。

施工後の屋根の様子をご覧になったA様は、「あんなに汚れていた屋根が、こんなにきれいになるものなんだなぁ」と感慨に浸っておられました。

塗装施工時のポイント

A様邸の屋根塗装における重要なポイントは、「塗料の3度塗り」です。

屋根や外壁を塗装工事する際は、たった1度塗料を塗って工事が終わるわけではありません。
「下塗り・中塗り・上塗り」と呼ばれる合計3回の重ね塗りを行い、はじめて塗装工事は完成するのです。

例外として、クリアー塗装と呼ばれる2度塗りで終わる工事もあります。興味のある方は、ぜひ外壁クリアー塗装の施工事例もご覧ください。

今回のA様邸の屋根塗装でも、3度塗りの原則に従って、合計3回の重ね塗りを実施いたしました。

スレート屋根の塗装後にはもう1つ重要なポイントがあり、それは“縁切り”と呼ばれる作業です。

縁切りとは、塗装によりくっついてしまったスレート材同士を、元のように隙間のある状態に戻す作業のこと。

スレート屋根は、雨水を適切に排水できるよう、屋根材(スレート材)同士の間に隙間が空いています。
塗装をすると塗膜が形成されてその隙間が塞がってしまうので、塗装後にはカッターなどを使って隙間を作る作業が必要なのです。

いえふくでは、これらの重要なポイントをしっかりと守り、高品質な屋根塗装を提供しております。

屋根の汚れやコケ、色あせなどでお悩みの際は、ぜひいえふくまでご相談くださいませ。

点検・調査など無料で承ります。まずはお気軽にご相談ください。

まずはスタッフと直接お話したい方 フリーダイヤル

0120-900-971

受付時間:9時〜20時(土・日・祝日も営業中)

メールでお問い合わせをしたい方 24時間受付中

ご相談・お問い合わせフォームへ

1営業日以内に必ずご返信しています


  • よくある質問
  • 外壁塗装ガイド
  • 外壁塗装の適正価格について
  • 失敗しない色選びのためのお役立ちコラム集
  • 座談会
  • 無料相談会実施中
  • LINE相談・お見積もり
  • 失敗しない!業者の選び方
  • どうする?雨漏り対策
  • 別荘の外壁塗装
  • 遮熱塗料について
  • 屋根塗装のあれこれ
  • 外壁塗装用語集
  • 採用情報
ページ
トップへ

お問い合わせ