施工事例

新築から20年が経過して劣化した屋根を美しく塗り替えた事例(東京都稲城市)

仕上がりは外壁の状況や施工内容により異なりますので、お気軽にご相談ください。

はじめに

今回ご相談いただいたN様邸は、新築時から20年以上が経過する住宅です。

新築時から現在まで、一度も屋根の塗り替えを実施されたことがなかったとのこと。N様邸のスレート屋根(セメントと繊維質を主原料とする板状素材の屋根)は、塗膜(塗料が乾燥して形成する膜)が剥がれて変色が起きていました。

「塗膜の剥がれ」や「スレート材の変色」は、屋根塗装を必要とする劣化のサインです。塗膜の剥がれが起きると、屋根の防水性が失われ、劣化は進行していく一方。

もしこのまま屋根塗装をせずに放置していたら、スレート材はどんどん傷んでしまうでしょう。

N様とご家族がいつまでも大切なマイホームに住み続けられるよう、今回の屋根塗装により屋根の防水性を復活させます。

Before

屋根塗装を施工する前のN様邸の様子がこちら。

見るからに劣化していて、屋根塗装を要する状態であることが判断できます。屋根の白くなっている部分は、スレートの塗膜が剥がれ、変色が発生している部分です。

この状態になったスレート材であっても、屋根塗装をすれば防水性は復活しますので、ご安心ください。

After

屋根塗装を終えたN様邸の様子がこちらです。

施工前の状態からは考えられないほど、屋根の美しさが復活しています。新築時には黒色だったそうですが、今回の屋根塗装では施主様のご希望によりブラウンカラーで塗装を行いました。

屋根塗装では、施主様のお好みよって塗料の色を選べるので、施工前からイメージチェンジをすることも可能です。

次の項目では、N様邸の屋根塗装の工事が進んでいく様子を、画像とともに紹介していきます。

施工手順

足場設置

屋根塗装の工事で最初に行うのは、足場の設置作業です。

上の画像をご覧いただくと、N様邸の周囲に足場が設置されている様子が確認できます。

ただ、画像の右側部分については、屋根の付近にしか足場が設置されていません。
これは、今回行うのは屋根塗装だけであり、必要最低限の部分にしか足場を設置していないことが理由です。

もし外壁塗装も同時に実施する場合は、画像の右側部分にも全て足場を設置する必要が出てきます。
しかし、屋根塗装の場合は、住宅の形状によっては足場が必要ない部分もあります。

いえふくは、住宅の形状などの条件が許せば足場代を節約し、施主様のご負担を軽減するように対応する方針です。

高圧洗浄

足場を組み終えたら、高圧洗浄機を使って屋根の洗浄作業を行います。

塗装の前に屋根を洗浄する理由は、表面に汚れやゴミが残ったままだと、塗料のノリが悪くなるから。

塗料のノリが悪いと、下地への密着力が弱くなり、塗料本来の耐用年数を待たずに劣化します。
屋根塗装によって生成された塗膜をできる限り長持ちさせるためにも、高圧洗浄は欠かせない重要な工程なのです。

なお、いえふくで使用しているのは、業務用の威力が強い高圧洗浄機です。威力が強く効率よく汚れを落とすことができる一方、もろい部分 を洗浄する際には部材を損傷させる恐れがあります。

施主様のご自宅を傷つけてしまわないよう、洗浄部分の材質や状態を考慮し、水の威力を調節しながら洗浄作業を行っています。

養生作業

屋根の高圧洗浄を終えると、次は”養生”の作業を行います。

“養生”とは、窓ガラスなど塗料が付着しては困る部分をビニールシートで覆い、汚れないように保護する作業のことです。

屋根塗装の場合、1階の屋根などに塗料が飛散する可能性は少ないので、塗料が飛ぶ可能性の高い2階部分を重点的に養生します。

また、N様邸は屋根の一部に天窓が設置されていましたので、その部分も汚れないように養生しました。

コ-キング

スレート屋根は地震などの揺れに強い一方で、衝撃に弱い面があります。例えば、台風などの際に飛来物が屋根にぶつかるなどすると、ひび割れが生じることがあるのです。

ひび割れの位置や大きさによりますが、屋根にひび割れがあると、そこから雨水が浸入し、屋根の下地を損傷することも。劣化状況が悪くなると、雨漏りに発展する恐れもあります。
そういったトラブルを防ぐために、スレート材に発生しているひび割れは、屋根塗装のタイミングで補修をする必要があります。

N様邸の屋根においても、一部のスレート材にひび割れが発生していました。そのため”コーキング”と呼ばれる、乾燥して固まると硬いゴム状になる補修剤を埋め込み、ひび割れを補修しました。

下塗り

屋根のひび割れを補修したら、屋根の板金(金属)部分に対して”ケレン”と呼ばれる作業を行います。

“ケレン”とは、やすりなどで表面を磨き、汚れやサビを落とす作業。ケレンは、金属面の塗装前には必要不可欠な下地処理です。

ケレンによる下地処理を終えたら、屋根板金に対してサビ止め塗装を行います。
上の画像は、板金部分に塗装を施しているところ。

塗料にはサビ止めの効果を持つものがあり、金属部分の塗装をする際には、下塗りの工程でサビ止め塗料を塗る必要があります。

下塗りとは、屋根塗装における3回の塗装工程のうち、1回目の塗装作業のこと。

屋根塗装は「下塗り・中塗り・上塗り」と呼ばれる重ね塗りをすることで、塗料が持つ性能を最大限に引き出せるのです。

屋根板金の下塗りを終えると、上の画像のようになりました。
一部、屋根板金に塗った塗料がスレート材にはみ出していますが、上から塗料を塗るので問題ありません。

屋根板金の下塗りを終えると、次はスレート部分の下塗りを実施します。

屋根板金の時とは違い、スレート専用の下塗り塗料を使用する形です。この下塗り塗料にはサビ止め効果はありませんが、中塗りで塗る塗料が下地に密着しやすくなる効果があります。

中塗り

下塗り塗料が十分に乾いたら、次は2度目の塗装作業である中塗りを行います。

中塗りでは施主様がお選びになったブラウンカラーの塗料を使用しますが、塗装する方法は下塗りの時と同じ。ローラーを使い、手作業でていねいに塗装を施します。

なお、下塗りの時は板金部分とスレート部分で塗料を分けて塗装しましたが、中塗りでは同じ塗料を両方に塗るのが一般的です。
今回も、板金部分とスレート部分に対して、同じ種類の塗料で中塗りを行いました。

上塗り

中塗りで塗った塗料が十分に乾いたら、次は上塗りを行います。

上の画像は上塗りをしている途中のものですが、「正直塗っている部分の変化がわからない」と感じませんでしたか?それもそのはず、N様邸の屋根塗装では、中塗りと上塗りで全く同じ塗料を重ね塗りしているのです。

「同じ塗料を重ね塗りして意味あるの?」と疑問を感じる方がいらっしゃるかもしれません。
もちろん、意味はあります。どんな塗料にも適切な厚みが設定されていて、塗装工事の際には塗料を適切な厚みに塗り重ねることで、塗料は最高のパフォーマンスを発揮できるようになるのです。

適切な厚みは塗料ごとに決まっていて、各塗料メーカーが製品ごとに正しい施工方法を定めています。

いえふくでは塗料メーカーが指定する正しい施工方法を厳守し、効果が長持ちする屋根塗装を皆様に提供しております。

縁切り

スレート屋根の塗装工事は、上塗りを終えても完成ではありません。最後に”縁切り”と呼ばれる重要な工程が残っているのです。

“縁切り”とは、塗料でくっついた屋根材同士の間に隙間を空ける作業です。この作業をすると雨水が正しく排水されるようになり、雨漏りなどのトラブルを防ぐことができます。

スレート屋根の塗装工事では縁切りが非常に重要なので、いえふくでは全ての現場で縁切りをていねいに行っております。

仕上がり

最後の縁切りも完了し、無事にN様邸の屋根塗装工事を終えることができました。
完成後の屋根を改めて見てみると、施工前の古びた屋根とは比べ物にならないほど美しい仕上がりです。

まとめ

今回の施工事例では、築20年以上が経過して劣化したN様邸の屋根を、塗装によりピカピカに変身させた工事の様子を紹介しました。
施工前と施工後の画像を見比べると、屋根塗装による効果が一目瞭然でしたね。

屋根がきれいな状態になっているのは、表面の塗膜が耐久性を発揮している証拠。裏を返すと、屋根が汚れている時には表面の塗膜が劣化しているので、屋根塗装が必要な状態なのです。

「新築から10年以上が経過するけど、我が家の屋根はどんな状態だろう」とお困りの皆様。
いえふくへご連絡いただければ、屋根塗装が必要かどうか相談に乗らせていただきます。また、見積もり書の作成もいたします。

屋根塗装が必要かどうか不安に感じている方は、お気軽にいえふくまでご連絡ください。

点検・調査など無料で承ります。まずはお気軽にご相談ください。

まずはスタッフと直接お話したい方 フリーダイヤル

0120-900-971

受付時間:9時〜20時(土・日・祝日も営業中)

メールでお問い合わせをしたい方 24時間受付中

ご相談・お問い合わせフォームへ

1営業日以内に必ずご返信しています


  • よくある質問
  • 外壁塗装ガイド
  • 外壁塗装の適正価格について
  • 失敗しない色選びのためのお役立ちコラム集
  • 座談会
  • 無料相談会実施中
  • LINE相談・お見積もり
  • 失敗しない!業者の選び方
  • どうする?雨漏り対策
  • 別荘の外壁塗装
  • 遮熱塗料について
  • 屋根塗装のあれこれ
  • 外壁塗装用語集
  • 採用情報
ページ
トップへ

お問い合わせ