施工事例

色あせたスレート屋根を塗装工事!ひび割れ補修も実施した事例(東京都町田市)

仕上がりは外壁の状況や施工内容により異なりますので、お気軽にご相談ください。

Before

今回屋根塗装をご相談いただいたH様は、新築時から15年ほどが経過する住宅にお住まいです。
築10年のタイミングで外壁塗装を実施されたそうですが、その際に屋根塗装は行わなかったとのこと。

「子どもや孫の代までこの家を受け継いでいきたいから、そろそろ屋根塗装をしよう」とお考えになり、この度いえふくへ屋根塗装をご相談いただきました。

屋根塗装を実施する前のH様邸がこちら。最近の新築住宅で人気が高まっている、スレート屋根です。

上の画像を見ると、H様邸のスレート屋根は色あせが発生しています。スレートの色あせは、表面の塗膜(塗料が乾燥して形成する膜)が劣化しているサイン。
このタイミングで屋根塗装をご決断されたのは大正解です。

また、H様邸の屋根には、一部のスレート材にひび割れが見られました。
上の画像を見ると、スレート材のひび割れの状況がよくわかります。

程度によりますが、スレートがひび割れていると、その部分から雨水が浸入し、屋根の下地が傷んだり雨漏りの原因になったりすることも。

雨漏りなどの事態にならないよう、屋根塗装のタイミングで、スレート材のひび割れは補修しなければなりません。

今回の施工事例では、H様邸の屋根に発生しているひび割れ補修の様子も紹介しているので、スレート屋根の住宅にお住まいの方は要チェックです。

After

屋根塗装の施工を終えたH様邸の様子がこちらです。

施工前には色あせて古びた印象のあった屋根が、再塗装によりピカピカに生まれ変わっています。H様はツヤありタイプの塗料をお選びになったので、屋根が太陽の光を反射して美しく輝いていますね。

屋根塗装で塗料を選ぶときは、ツヤの有無も選択可能です。いえふくでは、施主様のイメージやご希望に合わせて最適な塗料をご提案いたします。

塗装の様子

こちらの項目では、H様邸の屋根塗装の流れや手順について、画像を交えて紹介いたします。

重要なポイントを押さえて紹介しますので、屋根塗装を検討中の方は参考にしてみてくださいね。

ひび割れの補修

こちらは、H様邸の屋根に発生していたひび割れを補修しているところです。

ひび割れの補修には、“コーキング”と呼ばれる補修材を使用します。

コーキングとは、樹脂を主原料とし、乾燥して固まると硬いゴム状になる素材のこと。
高い防水性を備えているので、住宅のさまざまな箇所(外壁や屋根、玄関タイルなど)のひび割れや隙間を埋める際に活用されています。

上の画像を見ると、専用の道具を使って、白い素材をひび割れに沿って詰めている様子が確認できます。この白い素材が、コーキングです。

コーキングを打ち込むための道具は“コーキングガン”といい、コーキング補修をするときには欠かせないツールです。

高圧洗浄

屋根のひび割れ補修を終えたら、スレート材の表面に付着している汚れやホコリなどを洗い流す高圧洗浄を行います。

上の画像のように、業務用の高圧洗浄機を使用して、屋根の汚れを一気に洗い流していきます。

業務用の高圧洗浄機は威力が強いので、スレートの隙間に入り込んでいるゴミや汚れも、スピーディーに洗い流すことが可能です。

塗装の前に屋根を洗浄する理由は、表面にゴミや汚れが残ったままだと、上から塗装をしても塗料がうまく屋根材に密着しないためです。
塗料が密着しないと、塗料が本来持っている耐用年数を発揮できず、数年で塗膜が剥がれ落ちるでしょう。

せっかく屋根塗装をしたのに、短期間で塗膜が剥がれては意味がありません。屋根塗装を長持ちさせるためにも、塗装前の高圧洗浄は重要な工程なのです。

下塗り

ここまでの準備段階を終えると、いよいよ屋根の塗装作業を行います。

屋根塗装では「下塗り・中塗り・上塗り」と呼ばれる3度塗りをするのが基本です。
合計3回の重ね塗りを経て初めて、屋根塗装はパーフェクトな状態に仕上がります。

上の画像は、1度目の塗装作業である下塗りを実施しているところ。

下塗りでは“プライマー”と呼ばれる下塗り専用の塗料を使います。
ローラーを転がして塗装をするのは一見簡単そうかもしれませんが、塗料を均一な厚みで塗るのはとても難しい作業。

いえふくの熟練した職人だからこそ、塗りムラなく均一に塗装ができるのです。

中塗り・上塗り

下塗りを終えると、中塗り・上塗りとさらに塗装を重ねていきます。

使用する塗料は下塗りの時とは別の種類ですが、塗装の方法自体は下塗りの時と同じ。
ローラーを使い、均一な厚みになるよう注意しながら塗装を行います。

縁切り

上塗りが完了して塗料が十分に乾いたら、最後の仕上げとして”縁切り”の作業を行います。

“縁切り”とは、塗料でくっついた屋根材同士の間に隙間を空ける作業のこと。
この一手間を怠ると、スレート屋根からの雨水の流れが変わり、雨漏りなどのトラブルへ発展する可能性があります。

そうならないよう、いえふくではスレート屋根の縁切りを徹底して実施しております。

塗装施工時のポイント

今回の屋根塗装における重要なポイントは、ひび割れの補修作業です。

スレート屋根は軽量で地震の際にも崩れにくいメリットがありますが、もろくてひび割れやすいデメリットもあります。
台風や強風で大きな枝が屋根にぶつかった、などのケースでもひび割れが起きる可能性があるのです。

記事内でも触れた通り、スレートのひび割れを放置すると、雨漏りなどいろいろなトラブルを招く恐れが。大切な住宅に快適に住み続けるためにも、スレート屋根の塗装工事ではひび割れ補修が重要です。

またいえふくでは、スレート屋根以外の塗装をする際にも、その屋根材の特徴を十分に理解し、必要な工程を全て実施するように徹底しております。

ていねいで正確な塗装を心掛けておりますので、屋根塗装をご検討の際は、お気軽にいえふくまでご連絡ください。

点検・調査など無料で承ります。まずはお気軽にご相談ください。

まずはスタッフと直接お話したい方 フリーダイヤル

0120-900-971

受付時間:9時〜20時(土・日・祝日も営業中)

メールでお問い合わせをしたい方 24時間受付中

ご相談・お問い合わせフォームへ

1営業日以内に必ずご返信しています


  • よくある質問
  • 外壁塗装ガイド
  • 外壁塗装の適正価格について
  • 失敗しない色選びのためのお役立ちコラム集
  • 座談会
  • 無料相談会実施中
  • LINE相談・お見積もり
  • 失敗しない!業者の選び方
  • どうする?雨漏り対策
  • 別荘の外壁塗装
  • 遮熱塗料について
  • 屋根塗装のあれこれ
  • 外壁塗装用語集
  • 採用情報
ページ
トップへ

お問い合わせ