施工事例

築15年のスレート屋根を塗装工事!新築のような美しさが復活した事例(東京都八王子市)

仕上がりは外壁の状況や施工内容により異なりますので、お気軽にご相談ください。

Before

こちらの施工事例で紹介するのは、A様邸の屋根塗装です。

新築時から約15年が経過したA様邸は、屋根表面の塗膜(塗料が乾燥して形成する膜)が完全に劣化し、スレート材(セメントと繊維質を主原料とする板状の屋根材)自体が色あせていました。

まずは、屋根塗装を施工する前のA様邸の、劣化状況をご確認いただきましょう。

こちらが施工前のA様邸の屋根です。

もともとはブラウンカラーの塗料が塗られていたそうですが、今ではくすんだ色に変色しています。

さらに、新築時にはあった屋根のツヤも失われており、塗膜の劣化がわかりやすい状態です。

After

屋根塗装を終えたA様邸がこちら。

施工前とはがらりと見た目が変わり、モダンで上品なブラックの屋根へと変身しています。
あんなに古びた印象のあった屋根が、塗装工事をするだけでここまで美しくなるんですね。

もちろん、屋根塗装により表面の塗膜も新しくなっているので、新築時と同等の防水性も復活しています。
スレート材それ自体は防水性が低いため、表面を塗膜で保護することによって、防水機能を持たせます。

屋根塗装の工事においては、施主様のご予算やご希望に応じて、塗料の色や種類をお選びいただくことが可能です。

A様は、耐用年数が長いフッ素塗料をお選びになりました。

耐用年数とは、ある物がどれくらい長持ちするかを表す指標のこと。
つまり、耐用年数が長いほど長持ちする素材なのです。

フッ素塗料の耐用年数は15〜20年と、一般的に人気の高いシリコン塗料(耐用年数は10〜15年ほど)よりも寿命が長いです。
フッ素塗料の方が塗料の値段は高く、屋根塗装にかかる料金も高くなります。

しかし、フッ素塗料には値段に見合うだけの優れた耐久性があるので、

  • 「1回の屋根塗装をできるだけ長持ちさせたい」と考える方
  • 長いスパンで考えると、フッ素塗料の方がコストパフォーマンスが高いと考える方

このような方から選ばれています。

塗装の様子

こちらでは、A様邸の屋根塗装における重要な工程を、画像とともに紹介します。
画像から塗装工事の雰囲気を感じられるので、ぜひ画像についてもしっかりとご覧ください。

高圧洗浄

屋根塗装では、足場を組んで作業場所を確保したら、すぐに塗装作業を始められるわけではありません。
塗装作業をするまでには、怠ってはならない重要な下準備がいくつも存在します。

その下準備の1つが、屋根の高圧洗浄作業です。
上の画像をご覧いただくと、職人が屋根を洗浄している様子が確認できます。職人が手に持っている、水を噴射する機械こそ高圧洗浄機です。

高圧洗浄機は、強い圧力で水を吹きつけ 、その力で洗浄部分の汚れやゴミを洗い流す機械。
ブラシなどを使って手作業で洗浄するよりもスピーディーな上に、汚れも落としやすいです。
屋根塗装の工事において、高圧洗浄機は欠かせない道具の1つです。

屋根板金のサビ止め塗装

こちらの画像は、屋根板金(上の画像の赤く塗られている部分のこと)に対してサビ止め塗装を実施した様子です。

屋根板金は金属でできているので、普通の塗料を塗るだけでは、まだサビへの耐性は不十分。そこで、サビにくさを高めるために、下塗りとしてサビ止め塗料を塗るのです。

下塗りとは、屋根塗装における1回目の塗装作業のこと。屋根塗装では、「下塗り・中塗り・上塗り」と呼ばれる合計3回の重ね塗りをする必要があります。

なお、屋根板金にサビ止め塗料を塗る前には、”ケレン”と呼ばれる下地処理の作業を行っております。

ケレンとは、やすりなどで表面を磨き、汚れやサビを落とす作業。

ケレンを実施する目的は、金属部分に発生しているサビを落として、表面に微細な傷をつけ、新しい塗料が密着しやすい環境を整えることです。ケレンは、金属部分の塗装に必要不可欠になります。

いえふくの職人は、金属部分にケレンが必要な旨を熟知し、塗装前には必ず実施するように徹底しております。

スレート部分の下塗り

屋根板金の下塗りを終えたら、次はスレート部分の下塗りを行います。

屋根板金には、金属部分専用の、赤っぽい色の付いたサビ止め塗料を塗りました。スレート部分には、スレート専用の下塗り塗料を塗っていきます。

上の画像はスレート部分の下塗りも完了した後の様子です。スレート用の下塗り塗料は透明な色をしているので、見た目には変化がありません。

画像では屋根がやや黒くなっている印象がありますが、塗料が湿っているからこのように見えているだけです。

見た目には変化がなくとも、下塗りをすることでこの後に塗る中塗り塗料が剥がれにくくなる効果があるため、下塗りは欠かすことができない重要な工程です。

中塗り

下塗り塗料が十分に乾いたら、次は2度目の塗装作業である中塗りを行いました。

下塗りでは板金部分とスレート部分で塗料を使い分けて塗装しましたが、中塗りでは共通の塗料を塗ります。

上の画像は、中塗りを終えた後に撮影されたもの。板金部分もスレート部分も、同じ赤茶色の塗料で塗装されている様子が確認できますね。

しかし、中塗りを終えてもまだ屋根塗装は完成ではありません。次の上塗りを経て、塗膜は最適な状態に仕上がるのです。

上塗り

中塗り塗料も十分に乾いたら、最後に上塗りを行って塗装作業は完了です。
中塗りの時とはがらりと雰囲気が変わり、新築住宅のような美しいスレート屋根に変身しています。

通常スレート屋根の塗装では、中塗りと上塗りで同じ色の塗料を使用します。

しかし、今回は施主様の方から「日中は仕事で工事の流れを見られないから、きちんと重ね塗りしたことがわかるよう、中塗りと上塗りで色を変えてほしい」とのご希望があったので、中塗りと上塗りで色を変えました。

縁切り

スレート屋根では、塗装作業を終えてもまだ最後の仕上げ作業が残っています。

それは”縁切り”と呼ばれる、塗料でくっついた屋根材同士の間に隙間を空ける作業です。

スレート屋根はもともと、屋根材同士の間にわずかな隙間が設けられています。この隙間があることで、雨水が正しく排水されるようになっているのです。

しかし、屋根塗装で隙間がなくなると、雨水の通り道が塞がれてしまい、屋根の下地が傷んだり雨漏りが発生したりします。

屋根を長持ちさせるための屋根塗装が原因で雨漏りのトラブルを引き起こしては、元も子もありません。

いえふくではスレート屋根の塗装をする際に、必ず縁切りを実施するように徹底しております。

塗装施工時のポイント

A様邸の屋根塗装における重要なポイントは、屋根板金にはサビ止め塗料を塗っていたところです。

もしサビ止めの効果がない普通の塗料で下塗りを行ったら、屋根板金は雨水の影響でサビが広がることでしょう。

いえふくでは、塗装部分の材質の特徴を十分に理解し、材質に応じて必要な塗装や対応を行うように徹底しております。

スレート屋根だけでなく、トタン屋根などの塗装にも喜んで対応させていただきますので、 屋根塗装を検討される際は、お気軽にいえふくまでご連絡ください。

点検・調査など無料で承ります。まずはお気軽にご相談ください。

まずはスタッフと直接お話したい方 フリーダイヤル

0120-900-971

受付時間:9時〜20時(土・日・祝日も営業中)

メールでお問い合わせをしたい方 24時間受付中

ご相談・お問い合わせフォームへ

1営業日以内に必ずご返信しています


  • よくある質問
  • 外壁塗装ガイド
  • 外壁塗装の適正価格について
  • 失敗しない色選びのためのお役立ちコラム集
  • 座談会
  • 無料相談会実施中
  • LINE相談・お見積もり
  • 失敗しない!業者の選び方
  • どうする?雨漏り対策
  • 別荘の外壁塗装
  • 遮熱塗料について
  • 屋根塗装のあれこれ
  • 外壁塗装用語集
  • 採用情報
ページ
トップへ

お問い合わせ