施工事例

屋根塗装と付帯部分塗装を同時に行ったO様邸の施工事例(東京都目黒区)

仕上がりは外壁の状況や施工内容により異なりますので、お気軽にご相談ください。

はじめに

今回塗装工事をご相談いただいたのは、O様邸です。

8年前にフッ素塗料(塗料の一種。耐用年数が15〜20年と長い)で外壁塗装を行ったとのことで、外壁はまだまだきれいな状態でした。

しかし金属でできている付帯部分(雨戸や雨どいなど、外壁に付帯する部分)には、金属専用の塗料を塗布し、長寿命のフッ素系の塗料は使わなかったそうです。
そのため付帯部分だけが劣化し、塗装を必要とする状態でした。

また、O様は前回の塗装の際に屋根塗装は実施されなかったとのことで、屋根についても塗装が必要です。

そこで今回は、屋根塗装と付帯部分塗装を実施することになりました。もし同様の状況になっている方がいらっしゃいましたら、ぜひ参考にしてみてくださいね。

Before

こちらが塗装工事前のO様邸の屋根の様子です。

もともとはブラウンだった屋根が、経年劣化で色あせています。
さらに、屋根板金(屋根の頂上部分にある金属部分のこと)にはサビが発生していて、劣化が著しい状態です。

After

屋根塗装を終えたO様邸がこちら。以前とは雰囲気を変え、グリーンの屋根へと変身しています。

施工前の色あせて古びた印象はすっかりと消えて、モダンでおしゃれな屋根に仕上がりましたね。

次の項目では、O様邸の屋根塗装の工事の流れを紹介します。

屋根塗装の施工手順

足場設置

屋根塗装で最初に行うのは、足場の設置作業です。安定した足場を組むことで、職人が高い場所でも作業を行えるようになります。

足場には、屋根からの転落事故を防ぐ目的があるほか、付帯部分塗装をするための作業場所にもなります。

高圧洗浄

足場を組み終えた後は、業務用の高圧洗浄機を使用して、塗装部分に付着しているホコリや汚れを洗い流します。
作業効率をよくするため、このタイミングで屋根と付帯部分をまとめて高圧洗浄する形です。

業務用の高圧洗浄機は威力が強いので、がんこな汚れもスピーディーに落とせるメリットがあります。
一方、柔らかい部分やもろい部分の洗浄は、フルパワーで水を吹き付けると、その部分を傷めるデメリットもあります。

O様邸では木材でできている部分も多かったので、洗浄部分を傷めてしまわないよう、適切なパワーに調節しながら高圧洗浄を行いました。

養生作業

高圧洗浄を終えると、次は塗料が飛んで汚れては困る部分を”養生”します。

養生とは、窓やインターホンなど、塗料で汚れては困る箇所を、専用のシートやテープで覆う作業のこと。

今回は屋根塗装と付帯部分塗装なので、2階の窓やバルコニーなど、塗装時に塗料が飛ぶおそれのある部分を中心に、ビニールシートを貼りました。

コ-キング

スレート屋根のスレート材は、耐震性が高い一方で、衝撃には弱い一面があります。

そのため、「台風のときに、強風で飛ばされてきた木の枝が屋根にぶつかった」などのハプニングで、スレート材がひび割れることがあります。

スレートのひび割れを放置すると、雨水が適切に流れなくなり、雨漏りする恐れも。
雨漏りのトラブルを未然に防ぐため、屋根塗装の際にスレートにひび割れが見つかったら、塗料を塗る前に補修するのが基本です。

O様邸でも、一部のスレートにひび割れが見られましたので、”コーキング”と呼ばれる補修材を使用して補修を行いました。

“コーキング”とは、樹脂を主原料とし、乾燥して固まると硬いゴム状になる補修剤のことです。

屋根板金のケレン

スレートのひび割れ補修の他に、塗装前にもう1つやっておかなければならないことがあります。それは、屋根板金の”ケレン”です。

ケレンとは、やすりなどで表面を磨き、汚れやサビを落とす作業のこと。金属部分の塗装をする際は、事前の下地処理としてケレンが欠かせません。

上の画像は、職人が屋根板金をケレンしている様子です。大きなタワシを使い、屋根板金を磨いている様子が確認できます。

下塗り

ケレンを終えたら、次は屋根板金の下塗りを行います。

屋根塗装は「下塗り・中塗り・上塗り」の合計3回の重ね塗りをするのですが、下塗りに関しては、屋根板金とスレート部分で別の塗料を使用する必要があります。

その理由は、屋根板金は金属でできていて、サビ止め効果のある下塗り塗料を使わなければならないからです。

金属部分に対して通常の塗料を塗るだけでは、サビ止め効果は十分ではありません。そこで、サビへの耐性をより高めるために、金属部分には下塗りとしてサビ止め塗料を塗るのです。

屋根板金の下塗りを終えたら、次はスレート部分の下塗りを行います。

スレート部分の下塗りには、屋根板金のときとは異なる種類の下塗り塗料を使用します。

金属部分に適している下塗り塗料とは別に、スレート材に適した下塗り塗料が存在しているからです。

屋根板金とスレート部分、両方の下塗りが完了しました。

中塗り

下塗り塗料を十分に乾かしたら、次は中塗りを行います。中塗りでは、屋根板金にもスレート部分にも同じ塗料を使用します。

上の画像のように、中塗りからは施主様がお選びになった緑色の塗料を塗る形です。

上塗り

中塗りを終えたら、最後の重ね塗りとなる上塗りを行います。

中塗りで屋根はすでに緑色になっているのに、なぜもう1回の重ね塗りが必要なのか。

その理由は、どんな塗料にも最適な厚みが設定されており、重ね塗りによってその設定の厚みに仕上げることで、塗膜(塗料が乾燥して形成する膜)は本来の耐久性を発揮できるようになるからです。

縁切り

スレート屋根の塗装では、上塗りの後に行う”縁切り”と呼ばれる作業が欠かせません。

縁切りとは、塗料でくっついた屋根材同士の間に隙間を空ける作業のこと。

この作業をしなければ雨水がうまく流れなくなり、スレートのひび割れトラブルと同様に、雨漏りの原因になってしまいます。
そうならないよう、スレート屋根の塗装後には必ず縁切りを実施するのです。

仕上がり

屋根塗装が完成した後の様子です。施工前の古びた面影はなくなり、「新築住宅の屋根だ」と言われてもわからないくらいに美しい仕上がりです。

付帯部分塗装

霧避け

付帯部分塗装のうち、まずは霧避け塗装の様子を紹介します。

“霧避け”とは窓の上などに設ける小さな屋根のことです。

O様邸の霧避けは金属でできていましたので、屋根板金のときと同じく、下地処理のケレンが必要です。

屋根板金のときと同様に、タワシを使って霧避けの表面を薄く磨きます。

ケレンを終えたら、サビ止め効果のある塗料で下塗りを行います。
この時に使ったのは、屋根板金の際に使用したサビ止め塗料と同じものです。

下塗りを終えたら、中塗り・上塗りの重ね塗りを行い、霧避け塗装は完了です。

施工前は古びた雰囲気を醸し出していた霧避けですが、塗装によりすっかりきれいになりました。

雨戸

次に、雨戸塗装の様子を紹介します。
雨戸も金属でできていたので、まずは下地処理のケレンを行います。

ケレンを終えたら、サビ止め塗料で下塗りを行います。

屋根板金や霧避けのときと異なるのは、先に雨戸のくぼみ部分だけハケで塗っておくこと。これにより、塗りムラを防ぐことができます。

その後、中塗りと上塗りを行って、雨戸の塗装も完了です。
施工前には黄色だった雨戸ですが、施主様のご希望でブラウンカラーへと塗り替えました。
外壁の白色との相性もバッチリですね。

まとめ

今回の記事では、屋根塗装と付帯部分塗装を同時に行ったO様邸の施工事例を紹介しました。
経年劣化で色あせていたスレート屋根が、モダンな緑色の屋根に変身する様子が確認できましたね。

いえふくでは、「まだ外壁はきれいだけど、屋根と付帯部分だけが汚れてしまっている」などの状況も、ケースバイケースで必要な塗装工事をご提案いたします。

住宅の美観やメンテナンスについてお困りのことがあれば、お気軽にいえふくまでご相談ください。

※申し訳ありませんが、いえふくは、付帯部分のみの塗装は承っておりません。「外壁塗装+付帯部分塗装」「屋根塗装+付帯部分塗装」「外壁塗装+屋根塗装+付帯部分塗装」の3パターンを承っております。ご了承ください。

点検・調査など無料で承ります。まずはお気軽にご相談ください。

まずはスタッフと直接お話したい方 フリーダイヤル

0120-900-971

受付時間:9時〜20時(土・日・祝日も営業中)

メールでお問い合わせをしたい方 24時間受付中

ご相談・お問い合わせフォームへ

1営業日以内に必ずご返信しています


  • よくある質問
  • 外壁塗装ガイド
  • 外壁塗装の適正価格について
  • 失敗しない色選びのためのお役立ちコラム集
  • 座談会
  • 無料相談会実施中
  • LINE相談・お見積もり
  • 失敗しない!業者の選び方
  • どうする?雨漏り対策
  • 別荘の外壁塗装
  • 遮熱塗料について
  • 屋根塗装のあれこれ
  • 外壁塗装用語集
  • 採用情報
ページ
トップへ

お問い合わせ