施工事例

色あせたスレート屋根をブラウンカラーで塗り替え工事(神奈川県南足柄市)

仕上がりは外壁の状況や施工内容により異なりますので、お気軽にご相談ください。

Before

今回屋根塗装を行ったN様邸は、新築時から20年以上が経過する住宅です。

数年前に外壁塗装は実施されたそうで、今回は屋根塗装だけの施工でご依頼いただきました。

N様邸の屋根は、セメントと繊維質素材を主原料とするスレート材の屋根。“スレート屋根”と呼ばれるこのタイプの屋根は、現在の戸建て住宅ではとてもよく見かけます。

上の画像が、施工前のN様邸の屋根です。
ブラウンカラーのスレート屋根はおしゃれな見た目をしていますが、経年劣化により、ところどころ色あせていますね。

このタイミングでN様が外壁塗装をご決断されたのは、最適なご判断です。

After

屋根塗装を終えたN様邸の様子がこちら。

施工前と同系色のブラウンカラーで塗り直し、雰囲気はそのままに、ツヤのある美しい姿に生まれ変わっています。

施工前のような色あせが一切なく、ピカピカのきれいな屋根が復活していますね。

施工後の様子をご覧になったN様には、「とてもきれいになってよかった。また次回もお願いしますね。」と声をかけていただきました。職人冥利に尽きる、嬉しいお言葉です!

塗装の様子

こちらでは、N様邸の屋根塗装の流れを画像とともに紹介します。

「屋根塗装ってどんな工事なんだろう?」と気になっている方は、ぜひ参考にしてみてください。

コーキング補修

N様邸のように、戸建て住宅で今最も普及しているスレート屋根は、経年劣化やちょっとした衝撃でスレート材にひびが入ります。

ひび割れを放っておくと、雨水の流れる道が変わってしまい、場合によっては雨漏りのトラブルが発生することも。

そうならないように、屋根塗装のタイミングで、スレート材のひび割れを補修しておくことが大切です。

スレート材に発生したひび割れは、”コーキング”と呼ばれる建築材で補修をします。

コーキングとは、樹脂を主原料とし、乾燥して固まると硬いゴム状になる素材のことです。防水性があるので、ひび割れを塞いで雨水の侵入を防ぐことができます。

スレート部分の下塗り

屋根塗装では、「下塗り・中塗り・上塗り」の3度塗りをするのが基本です。
合計3回の重ね塗りをすることで、初めて屋根塗装は最高の品質に仕上がるのです。

まずは、1度目の塗装作業である下塗りを行います。上の画像は、職人が下塗りを実施しているところ。塗っているのは無色透明の屋根専用の下塗り塗料です。

屋根塗装で使用する下塗り塗料の多くは、”プライマー”です。プライマーは、この後に塗る中塗り・上塗りの塗料を下地と密着させる役割があります。
これを塗ることで、屋根塗装が長持ちするようになります。

プライマーにはいくつもの種類があり、屋根に使用するものや外壁に使用するもの、バルコニーに使用するものやコーキング補修に使用するものなどがあります。
塗装工事においては、塗装面に応じて、最適なプライマーを使い分けて塗装しているのです。

屋根板金の下塗り(サビ止め塗装)

スレート部分の下塗りが完了したら、次は屋根板金(上の画像の白くなっている部分のこと)を下塗りします。

屋根板金の塗装の際にもプライマーで下塗りをするのですが、スレート材に塗ったプライマーとはまた別モノ。

屋根板金は金属でできているので、サビ止め効果のある塗料を使用します。
屋根板金だけの話ではなく、金属部分を塗装する際には、下塗り材としてサビ止め塗料を使用するのが基本です。

中塗り

下塗りで塗ったプライマーが十分に乾いたら、次は2度目の塗装作業となる中塗りを行います。

下塗りでは、スレート部分と屋根板金で異なるプライマーを使用しましたが、中塗りで使う塗料は同じもの。スレート部分にも屋根板金にも、共通して同じブラウンの塗料を塗っていきます。

この時のポイントは、塗装を終えた部分に足跡をつけてしまわないよう、屋根の上から順番に塗装していくことです。

上塗り

中塗りを終えると、3回目の塗装作業である上塗りを行います。
中塗りは十分に乾いているので、上に乗っても足跡がついてしまう心配はありません。

上の画像は、職人が上塗りを実施している最中のものです。まだ塗装作業の途中ではありますが、施工前とは比べ物にならないほど美しい仕上がりになっていることがわかりますね。

塗装施工時のポイント

今回の塗装工事におけるポイントは、上塗りの後に実施した”縁切り”です(施工時の画像はないので、申し訳ございません)。

スレート屋根の屋根塗装では、上塗りを終えた後に必ず縁切りを実施しなければなりません。

縁切りとは、塗料でくっついた屋根材同士の間に隙間を空ける作業のこと。

縁切りをしないと雨水がうまく流れなくなり、雨漏りトラブルへと発展する可能性があります。

「屋根のメンテナンスである屋根塗装を実施した結果、雨漏りになってしまった」なんて事態に陥ってはいけませんので、いえふくの職人は、すべてのスレート屋根の塗装で縁切りをするように徹底しております。

点検・調査など無料で承ります。まずはお気軽にご相談ください。

まずはスタッフと直接お話したい方 フリーダイヤル

0120-900-971

受付時間:9時〜20時(土・日・祝日も営業中)

メールでお問い合わせをしたい方 24時間受付中

ご相談・お問い合わせフォームへ

1営業日以内に必ずご返信しています


  • よくある質問
  • 外壁塗装ガイド
  • 外壁塗装の適正価格について
  • 失敗しない色選びのためのお役立ちコラム集
  • 座談会
  • 無料相談会実施中
  • LINE相談・お見積もり
  • 失敗しない!業者の選び方
  • どうする?雨漏り対策
  • 別荘の外壁塗装
  • 遮熱塗料について
  • 屋根塗装のあれこれ
  • 外壁塗装用語集
  • 採用情報
ページ
トップへ

お問い合わせ