施工事例

色あせたスレート屋根を塗装!新築時の屋根の美しさが復活したO様邸(神奈川県愛川町)

仕上がりは外壁の状況や施工内容により異なりますので、お気軽にご相談ください。

はじめに

今回紹介する施工事例は、O様邸の屋根塗装です。

O様邸の屋根は、最近の日本の住宅で主流となっているスレート屋根。

スレートとは、セメントを主原料とする板状の屋根材のこと。定期的な塗り替えが必要ではありますが、新築時のコストが低いことから人気があります。

この記事をお読みのあなたがスレート屋根の住宅にお住まいであれば、屋根塗装を検討する際の参考にしてみてくださいね。

今回の施工事例では、屋根塗装に加えて付帯部分の塗装も実施しています。

付帯部分とは、外壁や屋根に付帯する部分のことで、例を挙げると雨どいや雨戸・戸袋などです。

「屋根と付帯部分をセットで塗装したい」とお考えの方も参考にしやすい事例ですので、ぜひ最後までご覧ください。

Before

こちらが塗装前のO様邸の屋根です。
スレートは見るからに劣化していて、色あせや変色が発生しているのが確認できます。

このまま放置していると、屋根にコケが生えるなど、劣化が進行する可能性もあります。O様がこのタイミングで屋根塗装を検討されたのは大正解だったようです。

After

塗装工事を終えたO様邸の屋根がこちら。古びた屋根が一変し、まるで新築住宅の屋根のような美しい仕上がりになっています。

塗装後の屋根をご覧になったO様は、「あんなに色あせていたのが嘘のようだ」と驚いていらっしゃいました。

それでは次の項目から、O様邸が生まれ変わっていく施工手順をくわしく解説してまいります。

施工手順

足場設置

屋根塗装で最初に実施する工程が、足場の設置作業です。住宅をぐるりと取り囲むように、足場を設置します。

上の画像をご覧いただくと、O様邸の下屋根(母屋からせり出す屋根のこと。1階の窓の上などに設置されることが多いです)にも足場の一部を設置しているのがわかりますね。

足場を設置する際は、施主様にご了承いただいた上で、このように下屋根などに足場を固定する場合もあります。
もちろん、その際は下屋根を破損してしまわないよう、緩衝材を挟んで設置するのでご安心ください。

高圧洗浄

足場の設置が完了すると、次は高圧洗浄で屋根の汚れを洗い流します。上の画像は、職人が屋根の洗浄作業を実施しているところ。

高圧洗浄機は威力が強いので、屋根に付着した汚れもみるみるうちに流れていきます。

養生作業

高圧洗浄を終えたら、次は塗装面以外を汚さないようにビニールシートで保護する、”養生”を行います。

今回の施工では外壁塗装は実施しないので、主に外壁を保護するようにビニールシートを張りました。

コ-キング

スレート屋根は、ちょっとした衝撃によりひび割れる場合があります。

ひび割れの位置や大きさによりますが、スレート屋根にひび割れがあると、雨水が屋根の下地へ染み込み雨漏りの原因になる恐れも。
そのため、トラブルへ発展する恐れのあるひび割れは”コーキング”と呼ばれる樹脂を主原料とした補修材を用いて補修するのが一般的です。

O様邸の屋根では一部のスレートに小さな欠損が見つかりましたが、雨漏りへと発展する恐れは低いものだったため、O様とも相談しそのまま塗装をすることになりました。

下塗り

屋根塗装では、下塗り・中塗り・上塗りの合計3回の塗装作業が基本です。

なぜ3回も重ね塗りをするのかというと、複数回に分けて塗装することで、塗膜(塗装により生成される膜のこと)が本来の耐久性能を発揮できるベストコンディションに仕上がるからです。

まずは屋根の板金部分(上の画像の、白くなっている部分)を下塗りし、その後スレート部分を別の塗料で下塗りします。

板金部分には白い下塗り塗料を使いましたが、スレート部分には透明の下塗り塗料を使っています。

これは、塗装部分の素材によって最適な下塗り塗料の種類が異なるからです。いえふくでは、塗装部分の素材や状態から最適な下塗り塗料を判断し、施工を行っています。

中塗り

下塗りの次は、中塗りを実施します。下塗りでは板金部分とスレート部分で異なる塗料を使いましたが、中塗りでは同じ種類の塗料を両方に塗ります。

日曜大工が趣味の方だと「屋根塗装をDIYでできないかな?」とお考えになる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、屋根の上で足場も組まずに塗装をするのは、非常に危険なのでやめましょう。

屋根塗装の職人はさまざまな現場を経験しているからこそ、傾いた屋根の上でもバランスを崩さず作業が行えるのです。

上塗り

中塗りも終えたら、3回目の塗装作業である上塗りを実施します。

上塗りは屋根塗装の仕上げとなる重要な作業です。足跡を残さないよう、屋根の上から順番にていねいに塗装します。

縁切り

上塗りを終えると、最後に”縁切り”をして屋根塗装は完成です。

縁切りとは、塗装によりできた、スレート材の間の塗膜を切り離す作業のこと。縁切りをすることで、雨水が正しく排水されるようになります。

もちろん、縁切りの作業は上塗りが十分に乾ききってから実施しています。足跡が残ることはありませんので、ご安心ください。

仕上がり

屋根塗装を終えると、上の画像のような仕上がりになりました。太陽の光を浴びて輝くO様邸の屋根は、まるで新築時の姿がよみがえったよう。

しかし、今回の施工では付帯部分塗装も行うので、屋根塗装を終えてもまだ工事は終了ではありません。

次の項目では、付帯部分塗装の様子を紹介します。

付帯部分塗装

まずは、“軒天”の塗装の様子を紹介します。

軒天とは、屋根の裏側に当たる部分のこと。下から屋根を見上げた際に目に入る、天井部分のことですね。

O様邸の軒天は、ところどころ塗膜が剥がれかけていました。

剥がれかけた塗膜をそのままにして上から塗装しても、仕上がりが美しくなりません。
また、上から塗った塗料が本来の耐用年数を発揮できずに、数年で剥がれる恐れもあります。

そうならないよう、剥がれかけた塗膜はきちんと処理する必要があります。そのために実施する下地処理が、”ケレン”と呼ばれる作業です。

ケレンは、金属部分の表面のコンディションを整えるために行われるのが一般的。
しかし、「塗膜が剥がれかかっている」など下地処理の必要があれば、金属部分以外にも実施する場合があります。

ケレンを終えると、下塗りと上塗りの2回の塗装を行い、軒天塗装は完了です。
軒天には、2度塗りタイプの塗料を使用しました。

つづいて、“霧除け”の塗装を行います。

霧除けとは、窓のすぐ上などに設置される小さな屋根のことで、庇(ひさし)と呼ばれることもあります。

上の画像は、施工前のO様邸の霧除けの様子。一部の塗膜が剥がれて下地がむき出しになっているほか、汚れも目立っていますね。

軒天の時と同じように、霧除けに対してもケレンを行いました。
上の画像を見ると、ケレンで汚れを落としただけでも、霧除けはかなりきれいになっていますね。

その後、下塗り・中塗り・上塗りと重ね塗りをして、霧除け塗装は完了です。
軒天の時とは違い、3度塗りタイプの塗料を使用しました。

まとめ

今回の記事では、スレート屋根を採用しているO様邸を屋根塗装した施工事例を紹介しました。
色あせて変色していたスレート屋根が、塗装によりまるで新築のように美しく変身した様子を確認できましたね。

この記事をお読みになっているあなたも、屋根塗装をお考えの際はぜひ施工事例が豊富ないえふくまでご相談ください。

いえふくでは、スレート屋根やトタン屋根などの塗装に対応させていただいております。

点検・調査など無料で承ります。まずはお気軽にご相談ください。

まずはスタッフと直接お話したい方 フリーダイヤル

0120-900-971

受付時間:9時〜20時(土・日・祝日も営業中)

メールでお問い合わせをしたい方 24時間受付中

ご相談・お問い合わせフォームへ

1営業日以内に必ずご返信しています


  • よくある質問
  • 外壁塗装ガイド
  • 外壁塗装の適正価格について
  • 失敗しない色選びのためのお役立ちコラム集
  • 座談会
  • 無料相談会実施中
  • LINE相談・お見積もり
  • 失敗しない!業者の選び方
  • どうする?雨漏り対策
  • 別荘の外壁塗装
  • 遮熱塗料について
  • 屋根塗装のあれこれ
  • 外壁塗装用語集
  • 採用情報
ページ
トップへ

お問い合わせ