施工事例

石造り風のサイディング外壁を塗装工事!コーキングも補修した事例(神奈川県逗子市)

仕上がりは外壁の状況や施工内容により異なりますので、お気軽にご相談ください。

はじめに

今回の記事で紹介するのは、T様邸の外壁を塗装した施工事例です。

“サイディングボード”と呼ばれる板状の建材を表面に貼り合わせた、サイディング外壁のT様邸。

T様邸は、窓枠などから黒い汚れが縦に伸びる雨垂れ跡などの汚れが目立っていました。
今回は、外壁塗装により、そういった汚れを一掃した施工事例です。

また、サイディング外壁特有の「コーキングの打ち替え補修工事」も実施しています。

コーキングとは、樹脂を主原料とし、乾燥して固まるとゴム状になる建築材のこと。サイディング外壁を採用した住宅にお住まいの方は、ぜひ参考にしてみてください。

Before

外壁塗装を施工する前のT様邸がこちら。石造り風のサイディング外壁が美しい住宅です。

After

外壁塗装の施工を終えたT様邸の様子がこちら。

石造り風の雰囲気はそのままに、外壁の色が変わり、以前にもましておしゃれな住宅へと変身しています。

施工手順

足場設置

外壁塗装の工事で最初に行うのが、足場の設置作業です。

足場を設置する目的は主に2つあり、1つ目の目的は職人の安全確保。
2階以上の高い場所での作業が必要となる外壁塗装では、常に転落事故のリスクがつきまといます。
そのリスクを少しでも軽減するために、足場は必要不可欠な存在です。

そして2つ目の目的は、作業場所を用意するためです。
足場があることで、地上と同様に外壁を洗浄したり塗装したりできるようになるので、足場がなければ外壁塗装の工事はできません。

高圧洗浄

足場を組み終えたら、次に実施するのは外壁の汚れを洗浄する”高圧洗浄”の工程です。
業務用の威力が強い高圧洗浄機を使用し、経年劣化で生じた外壁の汚れを洗い流します。

なぜ塗装工事の前に外壁を洗浄するのかというと、表面に汚れが付着したままだと、塗料のノリが悪くなるからです。

もっと詳しくいえば、塗膜(塗料が乾燥して形成する膜)がうまく生成されなくなり、塗料が持つ本来の耐用年数を待たずして剥がれ落ちる恐れが高くなるからです。

外壁塗装を長持ちさせるためには、高圧洗浄の工程はとても重要になります。

養生作業

高圧洗浄の次は、窓ガラスなど塗料がついては困る部分を養生します。

養生の際はビニールシートとマスキングテープを使用し、窓ガラスをはじめとして玄関ドアやエアコンの室外機など、様々な場所を保護します。

コ-キング

養生の作業が完了すると、次は目地の部分に詰められたコーキングの補修です。

なぜコーキングの補修が必要なのかというと、外壁塗装をする時期には、すでにコーキングが劣化して寿命を迎えているから。

コーキングの耐用年数は5〜7年程度なので、外壁塗装をする頃には交換を要する状態になっているんです。

コーキングの補修作業では、まず古いコーキング材を取り除きます。

次に、下塗り材としてコーキングプライマーを塗り、新しいコーキングが下地に密着しやすい環境を整えます。

上の画像を見ると、職人がコーキングプライマーを塗っている様子が確認できます。
画像では「シールプライマー」と記載されていますね。これは、コーキングが業者の間では「シーリング」や「シール」などとも呼ばれているからです。

コーキングプライマーを塗り終えたら、新しいコーキングを打ち込んで平らにならします。
そうすると、上の画像のような仕上がりになり、これでコーキングの打ち替え補修は完了です。

下塗り

コーキング補修を完了すると、ここからは外壁の塗装作業を行います。

外壁塗装では「下塗り・中塗り・上塗り」の3度塗りをするのが基本的な流れです。上の画像は、1回目の下塗りを終えた後の様子。

外壁塗装の下塗りには、外壁材と、この後に塗る中塗り塗料を密着させる意味があります。

万が一下塗りを省略すると、外壁に汚れが残っている場合と同様、耐用年数を待たずして剥がれるかもしれません。

中塗り

下塗りを終えたら、次は2度目の塗装作業である中塗りを行います。
下塗りでは白い塗料を使いましたが、中塗りからは色のついた塗料を使用します。

上の画像は、中塗りを行っている最中に撮影したものです。

下塗りで真っ白になっていた外壁が、中塗りが進むにつれて変身していくのがわかりますね。

上塗り

中塗りを終えて塗料を十分に乾かしたら、3回目の塗装となる上塗りを行います。

上の画像は、上塗りを実施している途中のもの。よく見ると、外壁が2色に分かれています。

これは、中塗りと上塗りでわずかに異なる色の塗料を使っているからです。

いえふくでは、中塗りと上塗りで色が異なる塗料を使用することで、重ね塗りによる外壁の変化と、施工が適正に行われていることを施主様に実感いただけるように配慮しております。

仕上がり

T様邸の外壁塗装が完成した後の様子がこちら。
サイディング外壁の凹凸が残っているので、色が変わってもおしゃれな雰囲気はそのままになっています。

外壁塗装では、外壁の塗装だけが終われば工事が完成するわけではありません。外壁以外にも、付帯部分と呼ばれる場所の塗装工事が残っています。

付帯部分とは、雨どいや雨戸・戸袋など外壁に付随する部分のこと。次の項目からは、T様邸の付帯部分塗装の様子の紹介です。

付帯部分塗装

こちらは、T様邸の軒天を塗装している様子。

軒天とは、屋根の、壁より外側にせり出している部分の裏側のことです。通常、軒天の塗装は外壁を塗装するよりも前に行うので、上の画像だと外壁はまだ施工前の状態になっていますね。

そしてこちらは、T様邸の破風板と雨どいを塗装している途中の様子。

雨どいはお分かりかと思いますが、破風板については、住宅のどこの部分を指すのかわからない方がいらっしゃるかもしれません。
破風板とは、屋根の妻側(屋根の棟と並行でない側)の側面に取り付けられた板のことです。

塗装を終えると、このようになりました。
もともとT様邸の付帯部分は黒い色で塗られていましたが、施主様のご希望により、今回はブラウンの塗料での塗り直しです。

まとめ

今回の記事では、石造り風のサイディング外壁を塗り替え工事した、T様邸の外壁塗装の様子を紹介しました。
サイディングの凹凸はそのままに、塗り替え工事でT様邸の外観がより一層美しくなった様子が確認できましたね。

サイディング外壁は、表面に塗られている塗膜が寿命を迎えるたびに塗り替えをする必要があります。

もし、ご自宅のサイディング外壁がひどく汚れているようでしたら、それは外壁塗装を検討するべきサイン。ぜひお気軽にいえふくまでご連絡ください。

いえふくは、ご希望の外壁にするため、施主様のご希望と豊富な施工実績を基に、最適な提案をいたします。

点検・調査など無料で承ります。まずはお気軽にご相談ください。

まずはスタッフと直接お話したい方 フリーダイヤル

0120-900-971

受付時間:9時〜20時(土・日・祝日も営業中)

メールでお問い合わせをしたい方 24時間受付中

ご相談・お問い合わせフォームへ

1営業日以内に必ずご返信しています


  • 外壁塗装セルフ見積り
  • セルフ見積もり
  • 外壁塗装3Dカラーシミュレーション
  • お客様の声
  • 塗り替えブログ
  • 施工事例
  • よくある質問
  • 外壁塗装ガイド
  • 外壁塗装の適正価格について
  • 失敗しない色選びのためのお役立ちコラム集
  • 座談会
  • 無料相談会実施中
  • LINE相談・お見積もり
  • 失敗しない!業者の選び方
  • どうする?雨漏り対策
  • 別荘の外壁塗装
  • 遮熱塗料について
  • 屋根塗装のあれこれ
  • 外壁塗装用語集
  • 採用情報
ページ
トップへ

お問い合わせ