施工事例

トタンの屋根を遮熱塗料で塗り替え工事した事例(神奈川県三浦市)

仕上がりは外壁の状況や施工内容により異なりますので、お気軽にご相談ください。

はじめに

今回ご依頼いただいたのは、M様邸の屋根塗装です。

M様邸は5年ほど前に外壁塗装を実施されましたが、その際は屋根塗装を行わなかったそうです。

外壁塗装の施工時から5年ほどが経過し、「そろそろ屋根塗装もしなくちゃな」とお思いになったとのことで、この度いえふくへご相談いただきました。

M様邸は、トタン屋根が特徴の住宅です。

トタン屋根は、戦前から続く昔ながらの屋根。最近ではスレート(セメントを主原料とする板状の建材)などの新しい屋根材に押され数を減らしていますが、リーズナブルな価格や耐震性が高いことなどから、現在でも使われています。

金属であるトタンは、表面がつるつるしていて塗膜(塗料の膜)が密着しにくいです。このため、塗装するにはコツがいります。

トタンの屋根を採用している住宅にお住まいの方が、屋根塗装を検討する際にも参考にしやすい事例ですので、ぜひ最後までご覧ください。

Before

こちらが施工前のM様邸。堂々としたたたずまいが特徴的で、シンプルな外観でありながらおしゃれな印象を与えてくれます。

5年前に外壁塗装をされたとのことで、まだまだ外壁の塗膜(塗装により生成される膜のこと)は劣化していない様子。しかし、この角度だとM様邸の屋根の様子はわかりませんね。

次の画像をご覧ください。

こちらが施工前のM様邸の屋根。とくに汚れやサビが目立つことはありませんが、M様いわく「新築の時より屋根が色あせている」とのこと。

15年前の新築時は、M様邸の屋根はもっと色鮮やかでツヤ感があったそうです。「色あせている」「ツヤ感が消えている」といった症状は、塗膜が劣化している証拠。

このまま屋根塗装をせずに放置していると、サビが発生する恐れがあります。

After

M様邸の屋根塗装を終えた後の様子がこちら。

M様の希望により、以前とは色を変えて濃いめのグレーの塗料で塗装しました。
施工前にはなかったツヤ感が復活し、光を反射して美しく輝いていますね。

次の項目からは、M様邸の屋根が美しく生まれ変わっていく施工手順の様子を紹介していきます。

屋根塗装の施工手順

足場設置

屋根塗装で最初に行うのが足場の設置作業。足場を組み終えると、上の画像のようになりました。

足場を組んだ後には飛散防止のためのメッシュシートを張り、高圧洗浄の水しぶきや塗装時の塗料が飛び散らないようにします。

なお、足場は屋根塗装だけではなく、外壁塗装の際にも組まなければならないもの。

M様はご予算の都合により外壁塗装と屋根塗装を別のタイミングで実施されましたが、2つの塗装工事を同じタイミングで行うことも可能です。

その場合、足場を組むのは1回で済むため、本来なら2回組むはずだった足場の費用を1回分節約できます。

足場代は安くはありませんので、費用などの都合が合えば、同じタイミングで実施するのがおすすめです。

高圧洗浄

足場を設置し終えると、次は高圧洗浄を行います。

施工前の画像を見る限り、M様邸の屋根はそこまで汚れてはいませんでした。
しかし、隙間などの見えない部分には、実は汚れがたまっているもの。

上の画像は、高圧洗浄の作業中を撮影したものです。屋根の隅から、たくさんの汚れが流れ出していますね。

塗装する部分に汚れが残っていると、塗膜がうまく密着せず、施工後の数年で塗膜が剥がれる恐れがあります。

そうならないよう、屋根の隅々まで高圧洗浄で汚れを洗い流すことが大切です。

養生作業

高圧洗浄を終えると、塗装中に塗料が飛散する恐れのある部分に対して養生を行います。

今回のM様邸の屋根塗装では、メインの屋根だけではなく下屋根(外壁せり出す形で設置されている屋根のこと)の塗装も実施します。そのため、下屋根付近の窓や外壁を養生しました。

コ-キング

万が一トタンにひび割れが生じていた場合、その部分から雨漏りが発生する恐れがあるので、コーキングを使って補修を行います。

しかし、M様邸の屋根にはとくにひび割れは見られませんでしたので、コーキングによる補修作業は実施しておりません。

ケレン

トタンなどの金属面を塗装する際には、下地処理として”ケレン”が欠かせません。

ケレンとは、ヤスリやタワシなどを使って表面を磨き、汚れやサビを落としたり、微細な傷をつけたりする作業のことです。

なぜ微細な傷をつけるのかというと、そうすることで塗膜が密着しやすくなるから。
トタンは塗膜が密着しにくい素材であるため、塗料を塗り始める前のケレンがとても重要です。

下塗り

屋根塗装では、下塗り・中塗り・上塗りの合計3回の重ね塗りを行います。

金属部分を塗装する場合、最初に行う下塗りでは、サビ止め効果を持った塗料を使うのが一般的。

上の画像では、職人がサビ止め効果のある下塗り塗料を塗っている様子が確認できます。

ローラーを使って塗装するのは一見簡単そうかもしれませんが、熟練した職人だからこそ、ムラなくきれいに仕上げられるんですよ。

中塗り

下塗りを終えると、2度目の塗装作業である中塗りを行います。1度真っ白になった屋根を、グレーの塗料で塗っていく作業です。

屋根塗装の際に気をつけなければならないのは、屋根を塗っていく順番です。

屋根塗装では職人が屋根に乗って作業をするため、塗る順番を考えなければ、せっかく塗った部分に足跡がついてしまいます。

塗装面に足跡をつけないよう、計画的に塗装を行っています。

上塗り

中塗りで塗った塗料を十分に乾かしたら、3回目の重ね塗りとなる上塗りを行います。

今回の屋根塗装では、M様は遮熱性能を持った塗料をお選びになりました。遮熱性能のある塗料は”遮熱塗料”と呼ばれていて、太陽光による熱の影響を小さくしてくれます。

トタンなどの金属屋根の表面は、夏場に高温になりやすいです。しかし、遮熱塗料を塗っておけば、屋根表面の温度の上昇を抑えることができます。

金属は熱で劣化が早まるので、温度の上昇を抑えれば、金属屋根をより長持ちさせられます。つまり、トタンなどの金属屋根に遮熱塗料を塗れば、屋根材自体の寿命を長くできるんです。

仕上がり

塗装を終えたM様邸の屋根がこちら。色あせていた屋根はどこへやら、きれいで清潔感のある屋根へと生まれ変わりました。

まとめ

今回の記事では、トタンの屋根を遮熱塗料で塗り替え工事したM様邸の施工事例を紹介しました。

色あせていたM様邸の屋根が、美しく生まれ変わる様子が確認できましたね。

もしあなたが屋根塗装を検討中であれば、専門知識を有したアドバイザーが相談に乗らせていただきます。いえふくまでお気軽にご連絡くださいませ。

点検・調査など無料で承ります。まずはお気軽にご相談ください。

まずはスタッフと直接お話したい方 フリーダイヤル

0120-900-971

受付時間:9時〜20時(土・日・祝日も営業中)

メールでお問い合わせをしたい方 24時間受付中

ご相談・お問い合わせフォームへ

1営業日以内に必ずご返信しています


  • 外壁塗装セルフ見積り
  • セルフ見積もり
  • 外壁塗装3Dカラーシミュレーション
  • お客様の声
  • 塗り替えブログ
  • 施工事例
  • よくある質問
  • 外壁塗装ガイド
  • 外壁塗装の適正価格について
  • 失敗しない色選びのためのお役立ちコラム集
  • 座談会
  • 無料相談会実施中
  • LINE相談・お見積もり
  • 失敗しない!業者の選び方
  • どうする?雨漏り対策
  • 別荘の外壁塗装
  • 遮熱塗料について
  • 屋根塗装のあれこれ
  • 外壁塗装用語集
  • 採用情報
ページ
トップへ

お問い合わせ