施工事例

色あせたサイディングを外壁塗装!ブラウンのモダンな住宅に変身(東京都大田区)

仕上がりは外壁の状況や施工内容により異なりますので、お気軽にご相談ください。

はじめに

今回外壁塗装をご相談いただいたK様は、新築時から9年ほどが経過する住宅にお住まいです。

事前点検でK様邸の外壁の状態を確認すると、汚れがひどいわけではありませんでしたが、色があせてきていました。

色あせは外壁の塗膜(塗装によって形成される塗料の膜)の劣化サインの1つです。
放っておくと劣化が進み、ひび割れなど色あせ以外の劣化サインも出てきます。このタイミングでK様が外壁塗装をご決断されたのは大正解でした。

「自宅の外壁が新築時と比べると色あせている」と感じる方は、ぜひこちらの施工事例を参考にしてみてくださいね。

Before

外壁塗装を施工する前のK様邸がこちら。

広々としたお庭に堂々と建っているK様邸は、外壁が色あせてきてはいますが、とてもおしゃれな住宅です。

After

外壁塗装の施工を終えたK様邸がこちらです。

以前のままでも堂々とした雰囲気が素敵な住宅でしたが、外壁がピカピカだと、より魅力的でおしゃれな印象になります。

次の項目からは、K様邸の外壁塗装の流れを紹介してまいります。

施工手順

足場設置

外壁塗装の工事でまず行うのは、足場を組み立てる作業です。

上の画像を見ると、職人が鉄パイプなどの部材を組み合わせ、足場を設置している様子が確認できます。

K様邸は5メートル以上の高さがあったため、「足場の組立て等作業主任者」の資格を持ったスタッフが現場監督を行いました。

5メートル以上の高さの足場を組む際は、必ずこの資格取得者が現場を監督するよう、法令で義務付けられています。

高圧洗浄

足場を組み終えたら、外壁に付着している汚れやホコリを洗い流す高圧洗浄を行います。

高圧洗浄に使用するのは、”高圧洗浄機”と呼ばれる業務用の機械です。
高圧洗浄機を使えば手作業での洗浄よりはるかに効率がいい上に、汚れが残る心配もありません。

「これから塗装をするのであれば、汚れが残ったままでも問題ないのでは?」と感じる人もいるかもしれません。
しかし、高圧洗浄は大切です。外壁表面に汚れが付着したまま塗装をすると、塗料のノリが悪いために、塗装が数年で剥がれ落ちる恐れが出ます。

そうならないように、外壁の隅々までていねいに洗浄することが大切なのです。

養生作業

高圧洗浄で外壁の汚れを洗い流したら、次は塗装面以外が汚れないように保護する”養生”を行います。

上の画像は塗装作業中のものですが、養生の様子が確認しやすいので掲載しました。

画像を見ると、K様邸のバルコニーの手すりが養生シートで覆われ、床がブルーシートで覆われているのが確認できます。
この状態であれば、塗装面以外を汚してしまう心配もありませんね。

コ-キング

K様邸の外壁は、”サイディングボード”と呼ばれる板を貼り付けて構成されるサイディング外壁です。

サイディング外壁は、板と板の隙間に”コーキング”と呼ばれる充填剤が打ち込まれています。

コーキングとは、樹脂を主原料とし、乾燥して固まると硬いゴム状になる充填剤であり、耐用年数は一般的に5〜7年程度です。
コーキングは寿命を迎えたら交換する必要があるので、外壁塗装の際に“打ち替え”と呼ばれる方法で補修を行います。

“打ち替え”とは、古いコーキングを取り除いてから新しいコーキングを打ち込む補修方法。上の画像は、K様邸のサイディングの打ち替え補修を終えた後に撮影されたものです。

このままだと白い補修跡が目立ちますが、上から塗装すれば目立たなくなるので、ご安心ください。

下塗り

外壁塗装では、「下塗り・中塗り・上塗り」の合計3回の重ね塗りをするのが基本です。
N様邸の外壁塗装でも、この基本に忠実に3回の重ね塗りを行います。

上の画像は下塗りを実施している途中のもの。

下塗りでは”プライマー”と呼ばれる下塗り専用の塗料を使用し、外壁材と中塗り塗料が密着しやすい環境を整えます。

中塗り

下塗りを終えると、次は中塗りを実施します。

上の画像は中塗りをしている最中のもの。外壁の塗装は、先に塗装面の隅を塗り、その後に真ん中部分を塗る流れで行います。

これは、絵に色を塗る時をイメージするとわかりやすいです。あらかじめ縁の部分を塗ってから内側を塗ると、はみ出ることなくきれいに塗ることができますよね。

外壁塗装では、周囲に養生してあるのではみ出ても心配はありませんが、この方法だと仕上がりがきれいになります。

上塗り

中塗りを十分に乾かしたら、3度目の塗装作業である上塗りを行います。

上の画像は上塗り中のもの。画像を見ると、職人がローラーとハケを持っていることがわかります。

外壁塗装では、塗る部分に応じてローラーとハケを持ち替えて塗装します。面積が広い部分はローラーで塗装し、細かい調節が必要なところはハケで塗装するのです。

仕上がり

外壁塗装が完成すると、上の画像のような仕上がりとなりました。

外壁は濃いめのブラウンで塗り、雨どいなどの付帯部分は黒で統一しました。ブラウンと黒の相性がとてもよく、モダンでスタイリッシュな住宅に仕上がっていますね。

ここまでは、外壁部分だけの塗装作業の様子を紹介しました。続いては、合わせて実施したバルコニー防水塗装の様子も紹介します。

バルコニー防水塗装

まずはバルコニー防水塗装です。

上の画像は、下塗りとしてバルコニー用のプライマー(下塗り剤)を塗ったところ。
バルコニーの防水塗装でも、基本的な塗装の流れは外壁と同じです。下塗り・中塗り・上塗りの3回に分けて塗装をします。

バルコニー防水塗装では、下塗りではプライマーを使用し、中塗りと上塗りではトップコート用の塗料を使います。

“トップコート”とは、何層にも重なって構成されるバルコニー床の表層部分のこと。バルコニーは雨水の影響を受けやすいので、防水性能の高いトップコート用の塗料を塗るのです。

中塗り・上塗りと合計2回のトップコート塗装をして、バルコニー防水塗装は完成です。

付帯部分塗装

次は、K様邸の付帯部分塗装の仕上がりを紹介してまいります。

付帯部分とは、雨戸や配管など、建物本体に付帯する部分のことです。

こちらは雨どいの塗装が仕上がった様子。ツヤツヤと輝いて、太陽の光を反射しています。

こちらは出窓の屋根部分の仕上がりです。窓枠は塗装が必要ないのでもとのままですが、新しい外壁の色にもうまく馴染んでいますね。

まとめ

今回の記事では、経年劣化で色あせたサイディング外壁を、塗装工事により美しく塗り替えた施工事例を紹介しました。

もとのままでもおしゃれだったK様邸が、外壁塗装によりさらなる美しさと耐久性を手に入れた施工事例でしたね。

どんなにおしゃれなサイディング外壁でも、時間が経過すれば色あせや汚れなどがあらわれ、劣化してきます。
外壁の劣化を放置していると、ひび割れなどが生じる恐れもあるので、早めに外壁塗装をするのが得策です。

外壁塗装をご検討の際は、お気軽にいえふくまでご連絡ください。

点検・調査など無料で承ります。まずはお気軽にご相談ください。

まずはスタッフと直接お話したい方 フリーダイヤル

0120-900-971

受付時間:9時〜20時(土・日・祝日も営業中)

メールでお問い合わせをしたい方 24時間受付中

ご相談・お問い合わせフォームへ

1営業日以内に必ずご返信しています


  • よくある質問
  • 外壁塗装ガイド
  • 外壁塗装の適正価格について
  • 失敗しない色選びのためのお役立ちコラム集
  • 座談会
  • 無料相談会実施中
  • LINE相談・お見積もり
  • 失敗しない!業者の選び方
  • どうする?雨漏り対策
  • 別荘の外壁塗装
  • 遮熱塗料について
  • 屋根塗装のあれこれ
  • 外壁塗装用語集
  • 採用情報
ページ
トップへ

お問い合わせ