外壁塗装を一生懸命やる会社いえふく外壁塗装を一生懸命やる会社いえふく

施工事例

色あせた外壁と屋根が見違えるほど美しく(神奈川県平塚市)

はじめに

今回ご依頼いただいたT様邸は、築20年です。
今まで定期的にメンテナンスを行っていたため、ひどい劣化や汚れは見られません。
耐久性を上げて家の寿命を延ばすためにも、定期的に補修工事を行うことが重要です。
さらに、外壁塗装には、家の美観を高める役割もあります。
今回T様は、外壁の色をより真っ白に塗り直したいと希望されました。
どのように生まれ変わったのか、詳しく見ていきましょう。

Before


外壁にひどい汚れやひび割れはありませんが、色あせが目立ち始めていました。
外壁の耐久性も落ちているので、塗装が必要です。

After


壁全体を白く塗り替えることで、家全体がツヤを取り戻し、まるで新築のようです。

施工手順

T様邸が生まれ変わっていく工程を詳しく見ていきましょう。

足場設置

外壁塗装は高所での作業を伴うため、安全で効率的に塗装するためにも、まずは足場を組みます。
隣家に近い場所や植木周りは、特に慎重な作業が必要です。
隣家へ塗料が飛ばないように、足場周りを飛散防止シートで覆いました。

高圧洗浄

塗装する前に、壁に付いた汚れや、古くなった塗膜を高圧洗浄で落とします。
高圧洗浄は仕上がりを左右する重要な工程です。
後から塗る塗料が壁に密着しやすくなり、塗料の耐久性が上がって仕上がりも美しくなります。

養生作業

続いては、塗料が付いてほしくない場所をテープやビニールで覆う、養生作業です。
塗装する際、塗料が飛び散ったり、垂れたりすることがあります。
きっちりと養生作業をすることで、塗装した場所との境界がはっきりし、メリハリのある仕上がりになります。

コ-キング

外壁サイディングのボードとボードの間には継ぎ目があり、ゴム状のコーキング材が埋め込まれています。
紫外線などの影響により、コーキングは経年による劣化でひび割れや剥がれが起こります。
外壁塗装と同じタイミングでメンテナンスしましょう。
劣化したコーキングを剥がし、新しいコーキング材をガンで注入します。
注入したコーキング材は、ヘラで平らにならします。

下塗り

外壁塗装は、下塗り、中塗り、上塗りの3度塗りが基本です。
どんなに高価な仕上げ塗料を使用しても、下塗りが丁寧に塗れていないと、すぐに剥がれてしまう可能性があります。
仕上げ塗りの塗料がより壁に密着するように、丁寧な作業が必要です。
サイディング独特の凹凸にも、塗り残しがないように気をつけて塗ります。
丁寧な下塗りは、職人の腕の見せ所です。

中塗り

下塗りがしっかり乾いたら、続いて中塗りです。
塗り残しがないように、仕上げ塗りの塗料とは違う色の塗料を下塗りに使用しました。
美しく仕上げるためにも、ムラなく塗ることが大切です。

上塗り

最後に上塗りをして仕上げます。
上塗りには、中塗りと同じ塗料を使用します。
仕上げ塗りを2度行うことで、ムラのない、美しい仕上がりになります。
壁にも新築のようなツヤが戻ってきました。

仕上がり

真っ白な外壁は光沢を放ち、見違えるほど美しくなりました。
白い色の膨張効果か、家も以前より大きく見えます。

屋根の塗装

今回は、外壁塗装で足場を組んだタイミングに合わせて、屋根の塗装も行いました。
外壁と屋根を同時に補修することで、足場の設置が一度で済み、節約できます。

Before

定期的にメンテナンスを行うことができた外壁とは違い、普段目の届かない屋根は汚れが目立ち、変色していました。
色あせが見られる屋根は、防水性が落ちている証拠です。
外壁の塗り替えと同様に、屋根を塗装する際も、まずは高圧洗浄を行って、汚れを落とします。

After

色あせていた屋根も、見違えるほど美しくなりました。
しっかりと塗装したので、防水性も上がり、これで安心です。

まとめ

今回のT様邸は、定期的にメンテナンスをしていたため、ひどい劣化は見られませんでした。
しかし、家を大切にするT様は、色あせた外壁の耐久性を上げ、美観を保つために、いえふくへ外壁塗装の依頼をされました。
家の寿命を長く保つためにも、早め早めに補修することが重要です。

また、今回は外壁塗装に加えて、屋根のメンテナンスも行いました。
足場を組むタイミングで外壁と屋根を合わせて塗装することは、足場代の節約になりおすすめです。
屋根も10年を目安に、劣化が進行する前に定期的なメンテナンスをしましょう。
いえふくでは、外壁だけではなく屋根の塗装も行っています。
お気軽にお問い合わせくださいませ。