施工事例

築15年のK様邸を外壁塗装!バルコニー防水塗装も実施した事例(神奈川県海老名市)

仕上がりは外壁の状況や施工内容により異なりますので、お気軽にご相談ください。

はじめに

今回の施工事例で紹介するのは、K様邸の外壁塗装の様子です。

K様邸は新築時から15年程度が経過し、外壁の色あせやコーキング(サイディング外壁のボードとボードの間に充填されている目地材のこと)のひび割れなど、各部分に劣化が見られました。

この施工事例では、色あせたK様邸のサイディング外壁が美しさを取り戻していく過程や、コーキングの補修作業の様子を紹介しています。
各工程を実際の施工画像とともに解説しているので、外壁塗装の流れがわかりやすくなっています。

外壁塗装を検討中の方が参考にしやすい施工事例であるため、ぜひ最後までご覧ください。

Before

外壁塗装を実施する前のK様邸がこちらです。

堂々とした印象のおしゃれな住宅ですが、外壁は経年劣化でやや色あせ気味。
K様いわく「新築時はもっと濃いブラウンだった」とのことで、紫外線などの影響で色あせたと考えられます。

また、サイディングボードの隙間に充填されているコーキングは、ひどく劣化してひび割れも多数見つかりました。

コーキングのひび割れを放置し続けると、その部分から雨水が外壁内部に浸入し、外壁下地や住宅の柱などを傷める恐れがあります。

K様邸のコーキングについても、今回の施工時に補修をいたします。

After

外壁塗装を終えたK様邸がこちら。
外壁の美しさが復活し、まるで新築住宅のようにピカピカの住宅へと変身しています。

外壁だけではなく、雨どいや破風板(屋根の側面の板のこと)、軒天(外壁を下から見上げた時の天井部分)なども新しい塗料で塗り替えを行いました。

新築住宅のようにきれいになっただけではなく、防水性などの機能もよみがえっています。

次の項目からは、K様邸が美しい姿を取り戻していく過程を、画像とともにくわしく見てみましょう。

施工手順

足場設置

まず行ったのは、足場の設置作業です。

上の画像は、足場設置の作業が完了した後のもの。K様邸の周囲を囲むような形で、職人が塗装作業をするための足場を組み立てました。

なおK様邸は5メートル以上の高さがある住宅でしたので、足場を組む際には「足場の組立て等作業主任者」の資格保有者が現場監督を行いました。

5メートル以上の高さの足場を組む際には、この資格を持ったスタッフが現場監督をするよう義務付けられています。いえふくでは法令を遵守し作業をおこなっております。

高圧洗浄

足場を組み終えたら、次に行うのは外壁の洗浄作業です。

上の画像をご覧いただくと、ノズルから吹き出す水で外壁を洗浄している様子が確認できます。
このノズルは、高圧洗浄機のノズルです。外壁塗装の準備段階では、高圧洗浄機を使って水に圧力をかけ、吹き付ける力で外壁にこびりついた汚れを洗い流すのです。

業務用の高圧洗浄機は威力が強いため、もろい部分や傷んだ部分にむやみに使うと、部材を損傷する恐れがあります。
そうならないよう、洗浄する部分の材質や状態に合わせ、最適な強さに調節しながら洗浄しております。

養生作業

高圧洗浄を終えると、次は塗料が付着しては困る部分をビニールシートなどで保護する、”養生”を行います。

上の画像は、すでに養生が終わり塗装の作業中のものですが、養生の必要性がわかりやすいため掲載しました。
ハケで下塗りを行っていますが、端の部分をビニールシートが守っていて、外壁以外の部分に塗料が付着しないようになっています。

塗料を塗らない部分を汚さないために、養生は欠かせないのです。

コ-キング

次は、K様邸のコーキング補修について紹介します。

K様邸のコーキングはひび割れてボロボロでしたが、それもそのはず。コーキングの耐用年数は5〜7年といわれており、15年も機能を完璧に保つのは難しいのです。

外壁塗装の際には”打ち替え”と呼ばれるコーキング補修方法が一般的です。

打ち替えとは、古いコーキングを撤去し、その部分へ新しいコーキングを詰め直す補修方法。打ち替え補修の作業の流れを見てみましょう。

まずは古いコーキングを取り除き、その後”コーキングプライマー”と呼ばれる下塗り材を塗布します。上の画像は、ハケを使ってコーキングプライマーを塗っている様子。

コーキングプライマーを塗り終えたら、”コーキングガン”と呼ばれる専用の道具を使い、新しいコーキング材を打ち込みます。

一見簡単そうかもしれませんが、コーキングガンで隙間なくコーキングを詰めていくのは、熟練した職人だからこそなせるプロの技です。

新しいコーキングを打ち込んだら、最後にヘラなどで平たくならし、打ち替え補修は完了です。

下塗り

コーキング補修までの作業を終えると、ここからは塗装作業を行います。

外壁塗装では「下塗り・中塗り・上塗り」の合計3回の重ね塗りが基本です。K様邸の外壁塗装でも、この基本に則って塗装作業を進めてまいります。

最初に行うのは、下塗りの作業。
下塗り用の塗料で下塗りを行うことにより、中塗り・上塗り用の仕上げ塗料が外壁に密着しやすい環境を整えます。

上の画像は、下塗りを実施しているところ。ローラーを使って、手作業で塗装を行います。

こちらは玄関のポーチライト周辺を塗装しているところです。
面積が広い部分はローラーで塗装を行い、細かい調整が必要な部分はハケを使って塗装します。

中塗り

下塗りを終えたら、次は2度目の塗装作業である中塗りを行います。
中塗りからは色のついた塗料を使用するので、作業が進むにつれて、住宅の外観は完成に近い雰囲気になっていきます。

しかし、中塗りを終えてもまだ上塗りが残っていますので、完成ではありません。

上塗り

3回目の塗装工程である、上塗りを実施しています。上の画像を見ると、雨どい付近をハケで塗装している様子が確認できますね。

また、塗装した部分が、少し色みの異なるブラウンになっていることも確認できます。

これは、いえふくでは中塗りと上塗りでやや色が違う塗料を使っているから。
色の異なる塗料で重ね塗りをする方が、重ね塗りによる外壁の変化、ひいては施工の進み具合を施主様にご実感していただきやすいのです。

仕上がり

外壁塗装が完了したK様邸がこちら。
古びて色あせていた以前の外壁とはイメージがガラリと変わり、ピカピカで美しい外壁に生まれ変わりましたね。

バルコニー防水塗装

K様邸では、バルコニーの床にも劣化が見られました。

外壁塗装とセットでのバルコニー防水塗装をK様が希望されたため、外壁塗装と同じタイミングで、バルコニーの塗装工事を実施しました。

バルコニーの防水塗装といっても、基本は外壁塗装と同じ3度塗り。下塗り・中塗り・上塗りの合計3回の重ね塗りを行います。

上の画像は下塗りを実施しているところ。下塗り塗料にはさまざまな種類があり、用途によって使い分ける必要があります。外壁塗装の時とは異なる、バルコニー用の塗料を使い、下塗りを行いました。

その後、中塗り・上塗りと重ね塗りをして、バルコニーの防水塗装も完了です。

付帯部分塗装

続いて、付帯部分塗装の様子を紹介します。

付帯部分とは、外壁に付帯して塗装を必要とする部分のこと。例を挙げると、雨どい、雨戸、破風板や軒天などです。

上の画像は、K様邸の軒天を塗装している様子です。ところどころ塗膜が剥がれている部分もありましたが、塗り替えをすれば美観が整います。

こちらは、破風板と雨どいを塗装しているところです。
付帯部分塗装でも3度塗りで塗装をするのが基本なので、下塗り・中塗り・上塗りと重ね塗りをします。

まとめ

今回の記事では、新築から15年ほどが経過するK様邸を、外壁塗装で塗り替えた施工事例を紹介しました。
色あせて古びた印象のあったK様邸が、外壁塗装により美しさを取り戻す様子が確認できましたね。

K様邸のようにサイディングボードを使用している外壁は、塗装工事のタイミングでコーキング補修も必要となります。

いえふくではコーキングの補修や付帯部分塗装などについても、外壁塗装とセットで対応させていただきます。ご自宅の塗り替えメンテナンスは、ぜひいえふくへお任せください。

点検・調査など無料で承ります。まずはお気軽にご相談ください。

まずはスタッフと直接お話したい方 フリーダイヤル

0120-900-971

受付時間:9時〜20時(土・日・祝日も営業中)

メールでお問い合わせをしたい方 24時間受付中

ご相談・お問い合わせフォームへ

1営業日以内に必ずご返信しています


  • よくある質問
  • 外壁塗装ガイド
  • 外壁塗装の適正価格について
  • 失敗しない色選びのためのお役立ちコラム集
  • 座談会
  • 無料相談会実施中
  • LINE相談・お見積もり
  • 失敗しない!業者の選び方
  • どうする?雨漏り対策
  • 別荘の外壁塗装
  • 遮熱塗料について
  • 屋根塗装のあれこれ
  • 外壁塗装用語集
  • 採用情報
ページ
トップへ

お問い合わせ