施工事例

ALC外壁をウレタン塗料で塗り替え!少し早めの外壁塗装で美観を維持(神奈川県綾瀬市)

仕上がりは外壁の状況や施工内容により異なりますので、お気軽にご相談ください。

はじめに

今回外壁塗装をご相談いただいたのは、新築時から8年ほどが経過する住宅にお住まいのI様です。
ご自宅の美観を大切にされているI様は、「外壁が本格的に汚れてくる前に、少し早めに外壁塗装をしようと思った」とお話しくださいました。

I様邸では、最近の新築住宅で普及率が上がってきているALC外壁(軽量気泡コンクリート製のボードを表面に貼り合わせた外壁)が採用されていました。

ALC外壁を塗装する際には、目地部分に充填(じゅうてん)されている”コーキング”(樹脂を主原料とし、乾燥して固まると硬いゴム状になる目地材)の補修が必要です。

今回の記事では、外壁塗装の施工手順だけではなく、コーキング補修の作業の流れも紹介しています。ALC外壁を自宅に導入している方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

Before

こちらが外壁塗装を施工する前のI様邸です。
遠目から見る限り目立った汚れは見つかりませんが、もう少し近づいて観察するとどうでしょうか。

I様邸の外壁を近い距離から撮影した画像です。うっすらと黒ずみ汚れが確認できますね。

住宅の裏手側の外壁は、湿気が高く汚れもたまりやすい場所。
正面(玄関がある方)から見て汚れがない時でも、住宅の裏側だけ汚れているケースがあります。

外壁が汚れているのは、外壁の塗膜(塗料が乾燥して形成する膜)が劣化している証拠です。1〜3年など、早めのうちには外壁塗装を検討しましょう。

After

こちらが外壁塗装を終えたI様邸です。

以前と同系統のグレーで塗装を行ったため、住宅の雰囲気はそのままです。しかし、以前の外壁より色が鮮やかになったのがわかりますね。

外壁は紫外線による影響で、時間が経つと色あせる場合があります。これも黒ずみ汚れと同様、塗膜の劣化が原因です。

住宅があまり汚れていなくても、新築時と比べて色あせているようであれば、外壁塗装を検討してもいいでしょう。

施工手順

足場設置

ここからは、I様邸の外壁塗装の流れを画像とともに紹介していきます。

外壁塗装の工事で最初に行うのが、足場の設置作業です。

住宅街などで、足場とネットで囲まれた住宅を見かけたことはありませんか?
このような足場は、外壁塗装のために組み立てられたものであることが少なくありません。足場を覆うネットは、塗料などの飛散防止のためのものです。

上の画像は、足場設置作業の9割ほどが完了している状態です。最後にネットを結んで固定したら、今日の作業は完了となります。

高圧洗浄

足場の設置が完了すると、次は外壁の汚れを洗い流す洗浄作業へと移ります。

上の画像をご覧いただくと、ノズルから吹き出る水の勢いで、外壁を洗浄していることがわかりますね。

このノズルは、高圧洗浄機のノズルです。高圧洗浄機は、洗浄作業をスピーディーにするために必要不可欠なツールです。

ブラシとホースのみで外壁を洗浄すると、時間と手間が非常にかかります。しかし、高圧洗浄機を使えば、1日で住宅全体をくまなく掃除できます。
その上、細かい隙間にたまったホコリも洗い流せるので、洗い残しの心配もないです。

養生作業

次は養生の作業を行います。

“養生”とは、窓やインターホンなど、塗料で汚れては困る箇所を専用のシートやテープで覆う作業です。
上の画像をご覧いただくと、出窓全体がビニールシートで覆われているのが確認できますね。これを行うのが養生作業です。

外壁塗装で使用する塗料は密着力が高いので、窓などに付着すると洗い流すのが大変。
塗装の際に塗料が飛び散っても汚れないよう、あらかじめ養生しておくことが大切です。

コ-キング

外壁の目地に充填されるコーキングの一般的な耐用年数は、5〜7年ほどです。

コーキングは、耐用年数を超えるとすぐに使えなくなる訳ではありません。しかし、古くなると不具合が生じやすくなるので、補修をする必要があります。

コーキングが耐用年数を超えることで発生する代表的な不具合は、ヒビ割れです。
上の画像は、施工前のI様邸のコーキング。画像をご覧いただくと、微細なヒビ割れが多数発生しているのがわかります。

ヒビ割れができたままで放置すると、徐々にヒビが大きくなっていき、そこから雨水が外壁内部へ浸入します。
そうなれば、外壁の下地や住宅の柱などがダメージを受ける場合も。外壁内部にまでダメージを与えないよう、コーキング補修は欠かせないのです。

古いコーキングを取り除いて、コーキングプライマー(コーキングがしっかり定着するのを助ける下塗り剤)を塗布し、新しいコーキングを打ち込みます。

新しいコーキングを打ち込んだら、ヘラなどで平らにならします。ここまでの作業を終えた様子が、上の画像です。

その後、コーキングが周囲に付着しないように貼っていた黄色いテープを剥がして、コーキング補修は完了です。
今のままでは補修跡が目立ちますが、上から塗装をすれば目立たなくなるので、ご安心ください。

下塗り

ここまでの下準備を終えると、次は塗装作業を行います。

上の画像は、外壁部分の塗装に使用する塗料製品の一覧です。外壁塗装では、一種類の塗料だけを使用するのではなく、何種類かの塗料を適材適所で使い分けます。

外壁塗装では、「下塗り・中塗り・上塗り」の合計3回の重ね塗りを実施します。

上の画像は、1回目の下塗りを終えた後の様子。使用したのは、フィラーと呼ばれる下塗り専用の塗料です。
フィラーには、外壁材と仕上げ塗料(中塗りと上塗りで使う仕上げ用の塗料)とを密着させる役割があります。

画像を見ると、グレーだった外壁が真っ白になっていますね。これは、下塗り用の塗料が白い色をしているからです。

現状だと色ムラがあるように見えますが、下塗り塗料は外壁下地に十分吸い込まれているので、全く問題ありません。

なお、外壁塗装の下塗りにおいて、「色ムラ」と「塗りムラ」は別ものです。下塗りの際は、色ムラはあっても塗りムラは出ないようにしておりますので、ご安心ください。

中塗り

次に、2回目の重ね塗りとして中塗りを行いました。
今回の外壁塗装で使用している「トアアクセス21システム」と呼ばれる塗料製品は、ウレタン系の微弾性塗料です。

ウレタン系の塗料は耐用年数が7〜10年と短めですが、施工時のコストが安いことで知られています。また、微弾性塗料の特徴として、外壁材の表面に細かいヒビ割れができるのを防いでくれる役割も挙げられます。

上塗り

上の画像は、最後の重ね塗りとなる上塗りを行っている途中の様子。画像を見ると、外壁の奥と手前とで色が違っているのが確認できます。

これは、いえふくでは中塗りと上塗りで異なる色の塗料を使用しているからです。
異なる色で重ね塗りをする方が、施主様にご見学いただく際に、「きちんと重ね塗りされていること」をご実感いただきやすくなります。

仕上がり

上塗りを終えると、このようになりました。
外壁は以前よりも鮮やかなグレーの色に変身し、モダンで上品な印象に仕上がっています。

付帯部分塗装

最後に、付帯部分塗装の様子を紹介します。
“付帯部分”とは、雨戸や雨どいなど外壁に付帯する部分のことで、通常は外壁塗装のタイミングで同時に塗装を行います。

こちらは塗装前の雨どいの様子です。少し見えづらいですが、雨どいの裏に黒ずみ汚れが多数付着しています。外壁と同様、塗膜が劣化している証拠です。

雨どいの塗膜の劣化は、部材を保護するコーティングが弱まっていることを意味します。さらに劣化が進むと、雨どい自体が経年劣化でヒビ割れる場合も。

そうなれば、ヒビ割れから雨水が流れて、本来の排水機能を果たせなくなります。雨どいを長持ちさせるためには、塗装によるメンテナンスをぜひやっておきたいところです。

雨どい塗装を終えると、このようになりました。
以前のような黒ずみはすっかり消えて無くなり、美しく塗り変わっています。

まとめ

今回の記事では、新築時から約8年の住宅を外壁塗装した、施工事例を紹介しました。
外壁塗装によりI様邸が美しくなる様子が確認できましたね。

ALC外壁は、塗られている塗料が劣化するタイミングでの外壁塗装が必要。具体的な外壁塗装のタイミングは、使っている塗料や住宅周辺の環境により変わってきます。

「外壁塗装のタイミングって難しそう」と感じるかもしれませんが、塗り替え目安としてわかりやすい劣化のサインがあります。
それは、汚れや色あせです。外壁が汚れていたり、新築時よりも色あせていたりする場合は、塗膜が寿命を迎えているため外壁塗装を検討してみるといいでしょう。

ご自宅の外壁の汚れ・色あせが目立つようになってきたら、ぜひいえふくまでご連絡ください。専門知識を有したスタッフが、外壁塗装に関してアドバイスさせていただきます。

点検・調査など無料で承ります。まずはお気軽にご相談ください。

まずはスタッフと直接お話したい方 フリーダイヤル

0120-900-971

受付時間:9時〜19時(土・日・祝日も営業中)

メールでお問い合わせをしたい方 24時間受付中

ご相談・お問い合わせフォームへ

1営業日以内に必ずご返信しています


  • よくある質問
  • 外壁塗装ガイド
  • 外壁塗装の適正価格について
  • 失敗しない色選びのためのお役立ちコラム集
  • 座談会
  • 無料相談会実施中
  • LINE相談・お見積もり
  • 失敗しない!業者の選び方
  • どうする?雨漏り対策
  • 別荘の外壁塗装
  • 遮熱塗料について
  • 屋根塗装のあれこれ
  • 外壁塗装用語集
  • 採用情報
ページ
トップへ

お問い合わせ