施工事例

【吹き付け塗装あり】少し早めの外壁塗装で住宅の美観を維持した事例(神奈川県愛川町)

仕上がりは外壁の状況や施工内容により異なりますので、お気軽にご相談ください。

はじめに

今回紹介する施工事例は、U様邸の外壁塗装です。

U様邸は、新築からまもなく10年が経過するご住宅。あまり大きな劣化や目立つ汚れはありませんでした。

しかし、U様は住宅の美観にとても気を配られていて、「まだそれほど汚れてないけど、見た目が悪くなる前に相談した」とおっしゃっていました。

外壁塗装をすれば、見た目が美しくなるだけではなく住宅の防水性も維持されるので、ご自宅の外壁や屋根の機能を心配されている方にもおすすめです。

この記事では、U様邸の外壁を塗り替える各工程の様子を紹介しています。

付帯部分の塗装時には塗装工法の一種である”吹き付け塗装”の様子も掲載。外壁塗装を検討中の方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

Before

こちらが外壁塗装施工前のU様邸です。

玄関部分はそれほど汚れていませんが、住宅の裏手の外壁などは、経年劣化による汚れが目立ちました。

外壁の汚れは、塗膜(塗料を塗ることで生成される膜のこと)がある程度新しければ、洗浄できれいにすることもできます。

しかし、塗膜が寿命を迎えていると汚れへの耐性が落ちるので、「洗浄してもまたすぐ汚れてしまう」事態になることも。
そうなれば洗浄だけではメンテナンスが追いつかないため、外壁塗装を検討するようにしましょう。

After

こちらが外壁塗装施工後の様子です。以前は白い外壁でしたが、今回は明るめのクリーム色で塗装しました。

U様は「前とは色を変えたことで、新しい気持ちで生活できる」とお喜びになっていました。

施工手順

足場設置

ここからは、外壁塗装の各工程について、くわしく解説してまいります。

外壁塗装で最初に行うのは、足場の設置作業です。鉄パイプなどの部材を組み合わせて、職人が作業する足場を作ります。

外壁塗装で足場を組む最大の理由は「職人の安全確保」ですが、それだけではありません。

足場を組むと作業場所が生まれるので、作業効率もアップします。
作業効率がよくなれば、スピーディーかつていねいな塗装ができ、工期短縮や塗装品質の向上など、さまざまなメリットがあるのです。

高圧洗浄

足場を組み終えると、次は高圧洗浄を実施します。

高圧洗浄は、いえふくが使用している業務用の機器で行います。

塗装の直前に高圧洗浄をすることで、表面の汚れやホコリを落とし、外壁表面を塗装に最適なコンディションへと仕上げるのです。

業務用の高圧洗浄機は威力が強く、ガンコな汚れも洗い流すことが可能。

しかし、威力が強いので、常にフルパワーで洗浄していると部材を傷める恐れがあります。
そうならないように、洗浄する部分の材質や状態をきちんと確認しながら、適切な威力に調節して洗浄しています。

養生作業

高圧洗浄の次に実施するのは、窓ガラスや玄関ポーチライトなどをビニールシートで保護する”養生”の作業です。
上の画像をご覧いただくと、玄関のポーチライトにビニールシートが巻かれているのがわかります。

養生をする目的は、塗装中の塗料の飛散を防ぐためです。

外壁塗装で使用するのは、業務用の密着力が高い塗料なので、一度付着したらなかなか落ちません。
窓ガラスなどを塗料で汚してはいけないため、事前にビニールシートとテープで養生しておくのです。

コ-キング

養生を終えると、外壁コーキングの補修作業へと移ります。

コーキングとは、固まると硬いゴム状になる性質を持った、樹脂を主原料とする目地材です。

U様邸の外壁はALCでできています。
ALCとは、セメントや石灰などが原料のボードのこと。

このALC外壁には、目地(ボード同士のつなぎめ部分)にコーキングが打ち込まれています。コーキングの耐用年数は5〜7年なので、外壁塗装のタイミングで補修しなければなりません。

下塗り

コーキング補修が完了したら、外壁の塗装作業を行います。外壁の塗装工程は全部で3回に分かれていて、それぞれ「下塗り・中塗り・上塗り」と呼ばれています。

上の画像は、下塗りを実施している最中に撮影されたもの。外壁が白くなっていることが確認できますね。
下塗り材の多くは白や透明です。今回使用した下塗り塗料は白色でした。

こちらの画像は、まだ下塗りの施工途中であるためムラがありますね。
この後、塗膜の耐用年数に関わるような塗りムラが残らないよう、きっちり塗りました。

中塗り

下塗りの次は中塗りを行います。

上の画像のように、外壁塗装はローラーを使った手作業での塗装が基本です。ローラーを転がしながら塗料をまんべんなく、色ムラが起きないように塗ります。

上塗り

中塗りで塗った塗料が十分に乾いたら、最後の仕上げとして上塗りを行います。
今回の外壁塗装では、中塗りと上塗りで同じ色の塗料を使用しました。

いえふくの施工は、中塗りと上塗りで塗料の色を変えるのが基本。しかし、今回使用した塗料製品は同じ色で重ね塗りする方が相性がよかったため、このように対応しています。

仕上がり

上塗りを終えると、外壁部分の塗装は完成となります。

U様邸の外壁には清潔感がよみがえり、来客を迎えるのにふさわしいたたずまいです。

付帯部分塗装

外壁部分の塗装が完了したら、次は付帯部分の塗装を行います。

「付帯部分」とは外壁以外で塗装をする部分のことです。例としては、雨戸・戸袋や雨どいなどがあります。

上の画像は霧除け(窓の上などに設置される小さな屋根のこと)にサビ止め塗料を塗っているところです。

U様邸の霧除けは金属でできていたので、下塗り材にサビ止め塗料を選びました。サビ止め塗料を金属部分に塗っておくと、サビの発生を抑制できます。

サビ止め塗料を塗り終えると、上の画像のようになりました。この後十分に乾かしてから、重ね塗りを実施します。

霧除けなどの付帯部分についても、基本は外壁と同じく3度塗りで塗装をします。

上の画像は、2度目の塗装作業である中塗りを実施しているところ。
中塗りを乾かしたら、最後に上塗りで仕上げて霧除け塗装も完了です。

次はU様邸の雨戸塗装の様子を紹介します。

上の画像をご覧いただくと、職人が塗装機器を持っていることがわかります。これは”スプレーガン”と呼ばれる器械で、吹き付け塗装の際に使用されるツールです。

吹き付け塗装は、その名の通り塗料を吹き付けることで塗装を施す工法です。吹き付け塗装では、塗料が均一な厚みになるように塗料を吹き付けるのがポイントです。

いえふくの職人はローラー塗装にも吹き付け塗装にも対応しているので、現地調査の結果により、もっとも適している方法をご提案いたします。

雨戸塗装を終えると、このようになりました。以前は古びた印象のあった雨戸ですが、ピカピカに生まれ変わっています。

まとめ

今回紹介したU様邸の外壁塗装は、ひどい劣化状況ではなかったものの、少しお早めにご相談いただいた事例でした。

塗膜が寿命を迎える少し前の外壁塗装は、「住宅のメンテナンス」の観点から見ても素晴らしい判断です。

「子どもや孫の代までマイホームを受け継いでいきたい」とお考えの方は、ぜひ少し早めの外壁塗装を心がけてくださいね。外壁塗装のタイミングを知るには、日頃から外壁の様子をチェックしておくことが大切です。

「外壁の汚れが目立ってきた」あるいは「前よりも落ちにくくなってきた」などと感じたら、塗膜が劣化しているサインです。
いえふくへご相談いただければ「外壁塗装が必要な状態かどうか」もアドバイスいたしますので、お気軽にご連絡ください。

点検・調査など無料で承ります。まずはお気軽にご相談ください。

まずはスタッフと直接お話したい方 フリーダイヤル

0120-900-971

受付時間:9時〜19時(土・日・祝日も営業中)

メールでお問い合わせをしたい方 24時間受付中

ご相談・お問い合わせフォームへ

1営業日以内に必ずご返信しています


  • よくある質問
  • 外壁塗装ガイド
  • 外壁塗装の適正価格について
  • 失敗しない色選びのためのお役立ちコラム集
  • 座談会
  • 無料相談会実施中
  • LINE相談・お見積もり
  • 失敗しない!業者の選び方
  • どうする?雨漏り対策
  • 別荘の外壁塗装
  • 遮熱塗料について
  • 屋根塗装のあれこれ
  • 外壁塗装用語集
  • 採用情報
ページ
トップへ

お問い合わせ