施工事例

サイディングをウレタン塗料で外壁塗装!バルコニー防水工事も実施した事例(東京都武蔵野市)

仕上がりは外壁の状況や施工内容により異なりますので、お気軽にご相談ください。

はじめに

今回紹介する施工事例は、H様邸の外壁塗装です。

H様邸は13年ほど前にリフォームを行い、その際に外壁の塗り替えを実施されたとのこと。

そして、以前の塗り替えから13年経った今、「そろそろ外壁塗装のタイミングかな」と思い立ち、この度いえふくへご相談いただきました。

H様邸では、外壁以外にバルコニーの床も劣化していましたので、バルコニー防水塗装も同時に実施しました。

「外壁塗装の流れを知りたい」「バルコニー防水塗装で、どんな風にきれいになるのか知りたい」とお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

Before

こちらが外壁塗装を施工する前のH様邸です。

外壁はサイディング(”サイディングボード”と呼ばれる板状の建材を表面に貼り合わせた外壁)で、庭先には花壇が並び、とてもおしゃれな印象となっています。

正面から見るとおしゃれだったH様邸ですが、裏側に回ってみると、住宅の劣化状況がよくわかります。

屋根の側面の“破風板”や屋根の真下部分の壁である“軒天”などの塗膜は、剥がれてボロボロになっています。「塗膜」とは、塗料が乾燥して形成する膜のことです。

また、外壁には黒ずみが発生し、雨どいも色あせて全体的にくすんでいます。

After

こちらが外壁塗装施工後のH様邸です。
以前のような古びた印象はすっかりなくなり、太陽の光を反射して輝く、美しい住宅へと変身しました。

外壁に近づいてみても、その変化は一目瞭然。外壁の黒ずみ汚れがきれいになくなり、ツヤツヤと輝いています。

色あせていた雨どいも塗り直し、美しい見た目を取り戻しています。

施工手順

足場設置

ここからは、H様邸の外壁塗装の工事の流れを、順を追って紹介してまいります。

まずは、塗装作業を行うための足場の組み立てです。上の画像は、職人が足場を設置している様子。

足場を組み終えると、高圧洗浄時の水しぶきや、塗装中の塗料の飛散を予防するため、メッシュシートを張り巡らせます。
この状態まできたら、足場の設置作業は完了です。

高圧洗浄

足場を設置し終えたら、外壁の汚れを洗い流す高圧洗浄の作業へと移ります。高圧洗浄をする目的は、「塗料が外壁に密着しやすい環境を整えるため」です。

表面にホコリやスス、汚れなどが残っていると、上から塗装をしても塗膜がうまく生成されません。そうなると、塗料の耐用年数を待たずして剥がれる恐れがあります。

つまり、高圧洗浄をする目的は、外壁をきれいにするだけでなく、「外壁塗装の効果を長持ちさせるため」でもあるのです。

養生作業

高圧洗浄が完了すると、窓ガラスなどをビニールシートで覆う、”養生”を行いました。
上の画像を見ると、H様邸の2階の窓がビニールシートで覆われているのがわかります。

画像ではビニールシートの一部が空いているようにも見えますね。これは、室内の換気のためです。
H様が、施工期間中もできるだけ換気ができるようにしてほしいとご要望されたので、どうしても必要な時だけ完全にビニールシートを覆うかたちで対応しました。

母屋からせり出す形で設置されている下屋根についても、塗料で汚さないよう養生シートで保護しました。

コ-キング

養生の作業が終了すると、次はサイディング目地のコーキング補修を行います。

「コーキング」とは、樹脂を主原料とし、乾燥して固まると硬いゴム状になる充填剤のことです。コーキングの耐用年数は、5〜7年ほどとなっています。

H様邸のサイディング目地に詰められたコーキングはすでに寿命を迎えていましたので、今回の外壁塗装のタイミングで補修いたしました。

下塗り

コーキング補修を終えると、塗装作業へと移ります。

上の画像が、今回の外壁塗装で使用する塗料です。外壁に使用する「トアアクセス21システム」と呼ばれる塗料製品は、ウレタン系の塗料の一種。

ウレタン塗料の耐用年数は6〜10年程度と、外壁塗装に使われる塗料の中では短め。しかし、価格が安めなので「少しでも外壁塗装のコストを抑えたい」方におすすめの塗料です。

外壁塗装は「下塗り・中塗り・上塗り」の3回の重ね塗りをするのが基本です。今回の外壁塗装でも、その基本に則り3回の重ね塗りを実施します。

上の画像は、1度目の塗装作業である下塗りを終えたところ。事前に下屋根を養生しているので、汚す心配もありません。

中塗り

下塗りを十分に乾かしたら、次は中塗りを実施します。

外壁塗装をする上で非常に重要なのが、乾燥時間です。塗料が乾ききらないうちに重ね塗りをすると、塗膜がうまく生成されずに、施工後2~3年などの短い期間で剥がれ落ちることがあるからです。

乾燥時間をきちんと確保することは、外壁塗装の品質を保つため、必ず守らなければならないポイントの1つ。

いえふくでは、このような基本的なポイントに忠実に守り、高品質で長持ちする外壁塗装を施主様へ提供しております。

上塗り

中塗りの塗料も十分に乾いたら、最後に上塗りで外壁を仕上げます。
上の画像は、職人がローラーを使って塗装している様子です。

仕上がり

上塗りを終えた外壁は、このような仕上がりになりました。クリーム色の外壁は、オレンジ色の下屋根とも相性がいいですね。

バルコニーの防水塗装

次に、H様邸のバルコニー防水塗装の様子を紹介します。

バルコニー防水塗装においても、塗装回数は外壁と同じ3回が基本です。上の画像は、1度目の下塗りとして、プライマー(下塗り材)を塗布したところ。

外壁では白色でしたが、バルコニーでは透明の下塗り塗料を使用します。

その後、中塗り・上塗りと重ね塗りをします。

バルコニーの床は、防水層などいくつかの層で構成されていて、上塗りで使用した“トップコート”が最も上に位置します。トップコートの塗膜は、一番表面で床面を保護するのです。

付帯部分塗装

最後に、軒天塗装の様子を紹介します。上の画像は施工前の軒天の様子。塗膜が剥がれ、下地がむき出しになっています。

軒天塗装を終えると、上の画像のようになりました。外壁やバルコニーと同様、下塗り・中塗り・上塗りの3度塗りで塗装しています。

軒天は、遠くからでは目に入りにくい一方、住宅を下から見上げるとすぐ目につく部分です。塗膜がボロボロで汚れた軒天だと、住宅の清潔感が損なわれてしまいます。

外壁塗装の際には、軒天などの付帯部分も塗り替えておくと、住宅の外観をより美しくすることが可能です。

まとめ

今回の記事では、サイディング外壁を導入しているH様邸を、ウレタン系の塗料で塗り替えた施工事例を紹介しました。

ボロボロになっていた破風板や軒天が、きれいに生まれ変わる様子を確認できましたね。

また、記事内ではバルコニー防水工事の様子も紹介しました。いえふくでは外壁塗装だけではなく、バルコニーの防水工事にも対応しております。住宅の塗装メンテナンスは、ぜひいえふくへお任せください。

点検・調査など無料で承ります。まずはお気軽にご相談ください。

まずはスタッフと直接お話したい方 フリーダイヤル

0120-900-971

受付時間:9時〜20時(土・日・祝日も営業中)

メールでお問い合わせをしたい方 24時間受付中

ご相談・お問い合わせフォームへ

1営業日以内に必ずご返信しています


  • よくある質問
  • 外壁塗装ガイド
  • 外壁塗装の適正価格について
  • 失敗しない色選びのためのお役立ちコラム集
  • 座談会
  • 無料相談会実施中
  • LINE相談・お見積もり
  • 失敗しない!業者の選び方
  • どうする?雨漏り対策
  • 別荘の外壁塗装
  • 遮熱塗料について
  • 屋根塗装のあれこれ
  • 外壁塗装用語集
  • 採用情報
ページ
トップへ

お問い合わせ