施工事例

経年劣化で色あせた外壁をライトグレーに塗り替え!美観が復活した事例(東京都町田市)

仕上がりは外壁の状況や施工内容により異なりますので、お気軽にご相談ください。

はじめに

今回紹介する施工事例は、新築時から15年が経過するM様邸の外壁塗装です。

M様邸の外壁には、近年主流の外壁材”サイディングボード”(外壁の表面に貼りつけて用いる板状の外壁材)が使われています。
そのため、多くの方(サイディング外壁の住宅にお住まいの方)が参考にしやすい記事となっています。

記事内では、外壁塗装で実施する各工程について、画像とともにくわしい情報をまとめました。ぜひ最後までご覧ください。

Before

こちらが外壁塗装を施工する前に撮影したM様邸の様子です。とくに目立つのは、バルコニー部分の色あせです。もう少し近づいて見てみましょう。

別のアングルから撮影したM様邸です。

バルコニー部分の外壁が色あせて白く変色していることが、よりはっきりと確認できますね。直射日光の当たる外壁は、年月の経過とともに、色あせたり変色したりしやすいものです。

外壁の色あせ・変色は表面の塗膜(塗装をすることでできる膜のこと)が寿命を迎えているサインです。このサインが見られたら、外壁塗装の検討をおすすめします。

After

外壁塗装を終えたM様邸がこちら。
以前のブラウンカラーとは色を変え、ライトグレーの外壁に塗り替えました。色あせや変色の面影は一切なく、まるで新築住宅のように美しい外観が復活しています。

次の項目からは、M様邸の外壁塗装の施工手順をチェックしていきましょう。

施工手順

足場設置

まず実施するのは足場の設置作業です。外壁塗装の際には、2階以上など高所での作業が多くあります。そのため、職人の安全を確保するために足場は欠かせません。

M様邸は、周囲のブロック塀と外壁との間のスペースがあまりなく、足場の設置はやや難しい住宅でした。

なんとか足場は組み立てられたのですが、一部の足場を公道に設置せざるをえませんでした。

足場を公道に置く場合には事前に警察署への申請が必要。ペンキ王では、事前申請をしっかり行い、許可を取った上で施工を行っております。

高圧洗浄

足場の設置が完了すると、住宅全体を高圧洗浄機で洗い流す作業へと移ります。

なぜ塗装前に洗浄をするのか。その理由は「外壁の表面に汚れやホコリが残っていると、塗料がうまくくっつかないから」です。

外壁塗装の工事はしばしば、化粧にたとえられます。外壁が肌だとすると、洗浄作業は化粧をする前の洗顔に当たります。化粧をよくする人はイメージしやすいと思いますが、肌に汚れが残っていると化粧乗りが悪くなりますよね。

外壁塗装でも同じこと。塗膜がうまく生成されるように、事前に洗浄しておくのです。

養生作業

高圧洗浄が終わると、次に行うのは”養生”です。

養生とは、窓やインターホンなど、塗料で汚れては困る箇所を、専用のシートやテープで覆う作業のこと。

上の画像は塗装作業中のものですが、養生の様子がわかりやすいので掲載しました。雨戸と戸袋がビニールシートで覆われていますね。

雨戸や戸袋は付帯部分(雨戸や雨どいなど、外壁に付帯する部分)と呼ばれ、後から塗装を行います。外壁を塗装する際には一旦養生を行うのが一般的です。

コ-キング

次は、コーキングの補修を行いました。

コーキングとは”シーリング”や”シール”とも呼ばれ、樹脂を主原料とし、乾燥して固まると硬いゴム状になる充填剤(じゅうてんざい)のこと。

サイディング外壁の場合、ボードとボードの間の目地部分に、コーキングが充填されています。
ほとんどのコーキングは5〜7年程度で寿命を迎えるため、外壁塗装のタイミングで補修しなければなりません。

コーキング補修では、まずカッターナイフを使って古いコーキングを撤去します。撤去が完了すると、”コーキング(シール)プライマー”と呼ばれる下塗り材を塗布する作業です。

コーキングプライマーを塗り終えると、コーキングガン(コーキングを充填する専用の機械)を使い、コーキング(シール)を打ち込みます。
その後、ハケを使って均一にならしたら、コーキング補修は完了です。

また、M様邸では一部の外壁でサイディングに隙間が発生していました。

M様邸の外壁は窯業(ようぎょう)系のサイディングです。サイディングボードは材質によって“窯業系”や“金属系”に分かれており、なかでも主流である窯業系サイディングは、主にセメントでできています。

セメントは、乾燥によって縮む性質があります。そのため窯業系サイディングは、経年劣化により縮み、結果として隙間ができることがあるのです。

M様邸のサイディングに発生していた隙間に対しても、コーキングを打ち込むことで対処しました。
コーキングは目地の充填だけでなく、このような隙間の補修にも用いられるものです。

下塗り

ここからは、いよいよ外壁の塗装作業を行ってまいります。

外壁塗装では「下塗り・中塗り・上塗り」の3度塗りが基本となっていて、ペンキ王でもその基本にのっとり、3度塗りを厳守しております。

ただし、使用する塗料によっては2度塗りで対応する場合もあります。塗料の種類やお客様のご要望など、さまざまな条件を考慮して最適な施工方法を選択するのが、プロの職人なのです。

上の画像は最初の塗装作業である下塗りを実施しているところ。職人がハケを使って白い塗料を塗っている様子がわかります。

下塗りには下塗り専用の塗料があり、その塗料の多くは白色なので、下塗りを終えた後には一時的に外壁が真っ白になるのです。

中塗り

下塗りの次に、中塗りを行います。

中塗りでは、暗めのグレーの色を使用しました。あえて上塗り用のライトグレーとは違う色の塗料を塗ることで、重ね塗りをきちんと行っていることを施主様にご確認いただくためです。

外壁塗装は、塗る回数を省いても手抜きが判明しにくいため、業者によっては重ね塗り回数を減らした手抜き工事をすることがあります。

ペンキ王では、「きちんと重ね塗りを行っていること」を施主様にご確認いただき、安心していただくために、中塗りと上塗りで異なる色を使用しております。

上塗り

中塗りを終えると、3度目の塗装作業である上塗りを実施します。

上塗りでは、施主様が外壁の色にお選びになったライトグレーの塗料を使用します。上の画像を見ると、暗めのグレーだった外壁が、ライトグレーに変わっていく様子がわかりますね。

仕上がり

外壁を塗り終えると、上の画像のような見た目になりました。白に近いライトグレーなので、明るくて清潔感のある印象に仕上がっています。

施主様は施工前に「なるべく明るい印象に仕上げたい」とお話しになっていました。外壁塗装が完了した様子をご覧になり、「やっぱりこの色を選んで正解だった」とご満足いただけました。

付帯部分塗装

外壁塗装の際には、付帯部分の塗装も行うのが一般的です。こちらでは、M様邸の付帯部分塗装の様子をご紹介します。

上の画像は、施工前の縦樋(たてどい/縦に伸びる雨どいのこと)の様子です。もとはシルバーの縦樋でしたが、塗装により次のように生まれ変わりました。

こちらが塗装後の縦樋の様子。黒い塗料で塗り、外壁のライトグレーとの相性もバツグンです。

外壁を明るい色で塗り、付帯部分を暗めの色で塗ると、全体的なバランスがとれてスタイリッシュな外観になります。

まとめ

今回の記事では、経年劣化で色あせと変色の発生したM様邸の外壁が、美しく生まれ変わる様子を紹介しました。
古びた印象のあったM様邸が、外壁塗装により美しさを取り戻した流れを理解できましたね。

外壁塗装をすることには「住宅の美観を維持する」目的だけではなく、「外壁の防水性を保つ」目的もあります。多くの外壁材にとって、美観においても機能性においても、定期的な塗装が必要です。

「最近、新築時と外壁の色が変わってきた」と感じている方は、ぜひ外壁塗装を検討してみてください。

ペンキ王では、外壁塗装を知り尽くしたエキスパートが、皆様のご相談に回答いたします。ご自宅の外壁の劣化状況が不安な方は、お気軽にご連絡ください。

点検・調査など無料で承ります。まずはお気軽にご相談ください。

まずはスタッフと直接お話したい方 フリーダイヤル

0120-900-971

受付時間:9時〜20時(土・日・祝日も営業中)

メールでお問い合わせをしたい方 24時間受付中

ご相談・お問い合わせフォームへ

1営業日以内に必ずご返信しています


  • 外壁塗装セルフ見積り
  • セルフ見積もり
  • 外壁塗装3Dカラーシミュレーション
  • お客様の声
  • 塗り替えブログ
  • 施工事例
  • よくある質問
  • 外壁塗装ガイド
  • 外壁塗装の適正価格について
  • 失敗しない色選びのためのお役立ちコラム集
  • 座談会
  • 無料相談会実施中
  • LINE相談・お見積もり
  • 失敗しない!業者の選び方
  • どうする?雨漏り対策
  • 別荘の外壁塗装
  • 遮熱塗料について
  • 屋根塗装のあれこれ
  • 外壁塗装用語集
  • 採用情報
ページ
トップへ

お問い合わせ