施工事例

黄ばんだ外壁を塗り替え工事!新築のような美しい住宅へ変身した事例(神奈川県大磯町)

仕上がりは外壁の状況や施工内容により異なりますので、お気軽にご相談ください。

はじめに

今回外壁塗装をご相談いただいたK様は、新築時からおよそ10年が経過する住宅にお住まいです。
もともとは白かったK様邸の外壁は経年劣化で黄ばんでしまい、古びた印象の住宅になっていました。

今回は、そんなK様邸の変色した外壁を美しく塗り替えた工事の様子を紹介します。
外壁の変色に悩んでいる方など、塗装を検討中の方が参考にしやすい事例ですので、ぜひ最後までご覧ください。

Before

こちらが外壁塗装施工前のK様邸です。

K様邸の外壁はもともと白い塗料で塗られていたそうですが、今では経年劣化により黄ばんだ色になっています。

K様も「このままだと見た目がよくない」と感じていらっしゃったそうで、今回の外壁塗装による変化をとても楽しみにされていました。

After

外壁塗装が完了した後の様子がこちらです。

外壁の黄ばみはきれいさっぱりとなくなり、清潔感のある白い外壁へと変身しました。

付帯部分(雨どいなど)はブラウンカラーで統一して塗り変えたので、外壁の白色とのバランスも良好です。

住宅全体が引き締まった印象になり、K様は「これで自信を持って来客を迎えられる」とお喜びになっていました。

外壁塗装の様子

こちらの章では、K様邸の外壁を塗装する工事の様子を、画像とともに紹介します。

「塗装工事の雰囲気を知りたい」方も要チェックです。

下塗り

足場を組み立てたり、高圧洗浄機で外壁の汚れを落としたりした後、塗料を塗り始めます。

外壁塗装では、下塗り・中塗り・上塗りの3度塗りが基本です。

合計3回も重ね塗りをする理由は、「塗膜(塗料により生成される膜のこと)が持っている防水性や耐汚染性(汚れにくさのこと)などの性能を最大限に引き出すため」です。

ペンキ王の熟練した職人は、どんな塗料を使うときにも正しい施工方法を守っています。だからこそ、高品質で長持ちする外壁塗装が実現可能なのです。

上の画像は、1度目の塗装工程である“下塗り”を実施している様子です。

職人がローラーを使って、外壁に白い塗料を塗っていることが確認できます。外壁塗装では、この画像のようにローラーを使って塗装するのが一般的。

ただし外壁の素材や施主様のご要望によっては、スプレーガン(塗料を吹き付ける工具の一種)を使って塗料を吹き付ける”吹き付け工法”を採用することもあります。

ペンキ王では、施主様の住宅に最適な施工方法を、ケースバイケースでご提案いたします。

中塗り

外壁塗装では、塗料を乾燥させる時間が非常に重要です。

前の工程で塗った塗料が乾ききらないうちに次の重ね塗りを実行すると、前の工程の塗料と次の工程の塗料が混ざり、品質が悪くなります。

しかし、前の工程の塗膜が乾燥によってきちんと生成されてから重ね塗りをすれば、外壁塗装は最高の品質に仕上がるのです。

塗料の乾燥時間についても、各塗料製品のメーカーが指定を行っています。しかし、実際に乾くのにかかる時間は、現場の気温や湿度などの施工環境によって左右されるもの。

ペンキ王の熟練した職人は、塗料メーカー指定の乾燥時間と現場環境を考慮して、施工を行っています。

上の画像は2度目の塗装作業である“中塗り”を実施している様子。下塗りで真っ白になった外壁を、明るめのグレーの塗料で塗装しています。

実は、K様が希望された外壁の色は白色でした。それではなぜ中塗りで明るいグレーの塗料を塗っているのでしょうか。

理由は、「きちんと3度塗りを行っていることを施主様に確認していただくため」です。

ペンキ王では、中塗りではあえて上塗りと異なる色の塗料を使うことで、職人がきちんと重ね塗りを施工していることを施主様が確認しやすいように配慮しています。

お客様のご要望などによっては同じ色を重ね塗りする場合もありますが、そうでない場合には、中塗りと上塗りで色を変えるように対応しております。

上塗り

こちらが、3度目の塗装工程である“上塗り”を実施している様子です。明るいグレーになっていた外壁を、今度は白い塗料で塗っていきます。

上塗りは外壁塗装の仕上げとなる大事な作業なので、外観を崩すような塗りムラがあってはいけません。
ペンキ王の熟練した職人は、塗りムラを発生させることなく施工できる技術を持っているため、安心してお任せください。

仕上がり

K様邸の外壁塗装を終えると、このようになりました。

塗装前の黄ばみはすっかり消え、美しい真っ白な外壁に仕上がっていますね。

付帯部分塗装の様子

外壁塗装は、外壁部分だけの塗装を終えても完成ではありません。
外壁以外にも、“付帯部分”と呼ばれる場所の塗装をする必要があります。

付帯部分とは、外壁に付帯している部分のこと。
例を挙げると、雨どいや破風板(屋根の妻側の側面のこと)、軒天(屋根の裏側、つまり外壁を下から見上げた時の天井部分のこと)などがあります。

上の画像はK様邸の塗装前の雨戸を撮影したものです。住宅の新築時には雨戸にも塗装が施されているものですが、K様邸の雨戸は経年劣化により塗膜がところどころ剥がれていました。

雨戸は風雨から窓を守ってくれる大切な存在です。
しかし、塗膜が劣化していると防水性能が落ちるので、定期的に塗り替えをする必要があります。

雨戸のように金属でできている部分は、塗装の前の下地処理が欠かせません。

上の画像は、塗装前の下地処理である”ケレン”を実施している様子です。ケレンとは、タワシや紙やすりなどを使って金属部分の表面を薄く磨く作業のことです。

ケレンをする目的としては、「古い塗膜やサビを落とす」ことと、「細かい傷をつけて塗膜が密着しやすいようにする」ことの2つが挙げられます。

なお、雨戸の塗装をするときは、雨戸をレールから外して作業するのが一般的です。そうしないと、レールで隠れている部分を塗装できないからです。

ケレンを終え、透明のサビ止め塗料を塗った後、中塗りを実施していきます。

中塗りを十分に乾かしたら、上塗りを行って雨戸塗装も完了です。

塗膜が剥がれていた以前の印象とは全く異なり、ツヤツヤとして美しい雨戸に変身していますね。

塗装時のポイント

今回の外壁塗装時のポイントは「熟練した職人による、基本をきっちり守ったていねいな施工」です。

外壁塗装は、3度塗りの基本を忠実に守ることで、高品質に仕上げることが可能。施主様に正しい施工を感じていただきやすいよう、中塗りと上塗りで色を変えていた点も注目です。

ペンキ王では、外壁の変色や汚れ、塗膜の剥がれなどについて相談を承っております。
「外壁がこんな状況なのだけど、外壁塗装をするべきかわからない」などのお悩みがある方も、お気軽にペンキ王にご相談ください。

点検・調査など無料で承ります。まずはお気軽にご相談ください。

まずはスタッフと直接お話したい方 フリーダイヤル

0120-900-971

受付時間:9時〜20時(土・日・祝日も営業中)

メールでお問い合わせをしたい方 24時間受付中

ご相談・お問い合わせフォームへ

1営業日以内に必ずご返信しています


  • 外壁塗装オンライン見積り
  • オンライン見積もり
  • 外壁塗装3Dカラーシミュレーション
  • お客様の声
  • 塗り替えブログ
  • 施工事例
  • よくある質問
  • 外壁塗装ガイド
  • 外壁塗装の適正価格について
  • 失敗しない色選びのためのお役立ちコラム集
  • 座談会
  • 無料相談会実施中
  • LINE相談・お見積もり
  • 塗装職人募集
  • 失敗しない!業者の選び方
  • どうする?雨漏り対策
  • 別荘の外壁塗装
  • 遮熱塗料について
  • 屋根塗装のあれこれ
  • 外壁塗装用語集
ページ
トップへ

オンライン見積り