施工事例

スレート瓦をシリコン塗料で塗り替え!鮮やかな赤に生まれ変わった事例(神奈川県座間市)

仕上がりは外壁の状況や施工内容により異なりますので、お気軽にご相談ください。

はじめに

「屋根の塗装工事の様子を知りたい」とお考えのあなた。
この記事では、築15年のA様邸を塗り替えた屋根塗装の施工事例を紹介しています。

A様邸は、スレート瓦を屋根に採用した住宅。スレート瓦は、従来の瓦よりも軽量で地震に強い上に、導入コストが安価であることから人気の高い屋根材です。

ただし、スレート瓦は防水性が低いため、定期的に塗装メンテナンスが必要になります。そのため、この度A様より屋根塗装をご相談いただいた次第です。

この記事では、A様邸の屋根が鮮やかな赤色へ生まれ変わる屋根塗装の様子を、画像とともに紹介しています。屋根の塗装工事の流れを知りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

Before

こちらが屋根塗装施工前のA様邸です。

A様邸は外壁にサイディングボード(下地の表面に貼りつけて用いる板状の建材)を使用しています。このサイディングも、スレート屋根と同様、定期的な塗装メンテナンスが必要です。
しかし、A様は築10年の時に外壁塗装だけをお済ましになられたとのことで、今回は屋根塗装だけを実施いたします。

ちなみに、屋根塗装と外壁塗装は別々に行わなければならないわけではなく、施主様のご都合次第で同時に施工することも可能です。
屋根塗装と外壁塗装をまとめて行うと、足場を組む回数が1回で済むので、別々に実施するよりもトータルの費用が安くなります。

上の画像がA様邸の塗装施工前の屋根の様子です。経年劣化によるひび割れなどはありませんが、スレート瓦の表面はツヤ感がほとんどありません。

A様は「新築時には屋根にツヤ感があった」とお話になっていました。現在の屋根にツヤ感がないのは、「表面に塗られた塗膜が劣化してツヤ感が失われた」ことを意味します。

塗膜のツヤ感がなくなるのは劣化の1つなので、A様邸の屋根は塗装メンテナンスを要する状態だと判断できます。

After

そしてこちらが屋根塗装施工後の様子。
以前とは色を変え、A様邸の屋根を鮮やかな赤色で塗りあげました。失われていたツヤ感も復活し、太陽の光を浴びて光り輝いています。

次の項目からは、A様邸の屋根が生まれ変わっていく様子を、工事の順を追って紹介します。

施工手順

足場設置

屋根塗装で欠かせないのが足場です。足場を組むことで職人の落下事故を防げる上に、塗装などの様々な作業を行うスペースが確保できます。

ただし、A様邸では足場を組むのは住宅の周囲だけ。

屋根の勾配が急な場合や、風の強い地域の場合は、屋根の上にも足場を組む場合があります。しかし、屋根勾配が5寸以下の場合は屋根の真上には足場を組まず、屋根に乗って作業を行います。

A様邸のようなスレート瓦は強く踏むと割れてしまうため、ひび割れを起こさないよう気を配りながら屋根に登ります。

高圧洗浄

足場を組み終えると、屋根の洗浄作業を実施します。

「これから塗装するのに、汚れを落とさなきゃいけないの?」と疑問に感じる方がいらっしゃるかもしれませんね。

なぜ塗装前に洗浄をするのかというと、表面に汚れやホコリ・ススなどが付着したままだと、塗料の密着度が悪くなってしまうからです。
塗料の密着度が悪くなると、塗料を塗ってできる膜である”塗膜”が正しく生成されず、施工後に短期間で剥がれてしまうことがあります。

そういった施工不備を起こさないためにも、塗装前の洗浄作業は欠かせません。

養生作業

屋根の高圧洗浄を終えると、次は窓ガラスなどをビニールシートで覆う”養生”の作業を実施します。養生により、塗料が飛び散って窓ガラスなどが汚れないように保護するのです。

A様邸には下屋根(母屋からせり出した屋根のこと)があり、今回の施工では下屋根も塗装対象です。下屋根のすぐ近くに窓があるため、その窓をはじめとする必要な部分に養生を施しました。

コ-キング

先ほど、「スレート瓦は強く踏むと割れてしまう」とお伝えしました。そのほかに、台風により大きな木の枝や石などの飛散物がぶつかると、スレート瓦にひび割れが生じる場合もあります。

スレート瓦にひび割れがあると、その部分から雨水が浸入して雨漏りの原因になることも。

それを防ぐため、スレート瓦のひび割れは屋根塗装の際に”コーキング”と呼ばれる補修材を使って補修しなければなりません。

幸いA様邸のスレート瓦にはひび割れがなかったので、コーキングによる補修は必要ありませんでした。

下塗り

ここまでの作業を終えると、本題の塗装作業へと移ります。

屋根塗装では下塗り・中塗り・上塗りの3度塗りを行うのが基本。最初に実施する塗装作業が下塗りであり、下塗りには、屋根材と仕上げ塗料(中塗りと上塗りで使う塗料のこと)とを密着しやすくする意味があります。

A様邸の屋根塗装で使用したのは、大手塗料メーカーである関西ペイントの塗料製品”ヤネ強化プライマーEPO”です。今回使用したヤネ強化プライマーEPOは透明の塗料であり、色のついた塗料ではありません。

しかし透明だからといって、その力をあなどってはいけません。ヤネ強化プライマーEPOは名前の通り屋根を強化して耐久性を上げてくれる塗料なので、スレート瓦をひび割れにくくさせることができるのです。

中塗り

下塗りを終えたら、ここからは色のついた塗料を使って塗装していきます。

2回目の塗装作業は“中塗り”と呼ばれる工程で、下塗りと同じようにローラーをコロコロと転がして塗料を塗ります。

A様は赤い塗料をお選びになったため、中塗りが完成すると、その雰囲気は一気に完成に近づきました。
しかし、中塗りを終えただけではまだ完成ではないため、気を緩めることなく中塗りの塗料が乾くのを待ちます。
中塗りの終了後、すぐに次の工程ができるわけではありません。塗料が乾くまで時間を置く必要があるのです。

上塗り

中塗りが十分に乾いたことを確認したら、3回目の塗装作業である上塗りを実施します。

中塗りと上塗りで使用したのは、関西ペイントの”スーパーシリコンルーフペイント”という塗料です。

シリコン系の塗料は価格と品質のバランスが良く、比較的安価な割に10〜13年という長めの耐用年数が確保できます。
シリコン系よりもさらに長持ちする塗料としてはフッ素系塗料が挙げられます。導入コストは高いものの、耐用年数が15〜20年と長いことが特徴です。

いえふくへ塗装工事をご依頼いただいた際は、施主様のご要望や住宅の屋根材・外壁材の種類や状況などにあわせ、最適な塗料をご提案いたします。

もちろん、工事で使用する塗料を最終的に決めるのは施主様自身です。いえふくでは、施主様が本当にご自宅に適した塗料選びを行えるよう、塗装のプロとしての視点からサポートさせていただきます。

仕上がり

上塗りも終わり、A様邸の屋根塗装が完成しました。完成後の様子を写したのが上の画像です。
以前とは見違えるほど美しい屋根に仕上がりましたね。最終チェックをしたら足場を解体し、施主様に報告して完了です。

屋根の見た目が美しいことは、塗膜が保たれている証拠。
裏を返せば、「見た目が悪くなったら屋根塗装をするべきタイミング」ともいえます。

普段はなかなか登る機会のない屋根ですが、もし2階から見える下屋根などが「汚れてきた、色あせてきた」と感じたら、屋根塗装を検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

この記事では、塗膜の劣化によりツヤ感がなくなったA様邸の屋根を、塗装メンテナンスした施工事例を紹介しました。

古びた印象のあった屋根が、美しく生まれ変わる様子を実感できましたね。屋根塗装を検討中の方は、ぜひ施工実績が豊富ないえふくまでご連絡くださいませ。

点検・調査など無料で承ります。まずはお気軽にご相談ください。

まずはスタッフと直接お話したい方 フリーダイヤル

0120-900-971

受付時間:9時〜20時(土・日・祝日も営業中)

メールでお問い合わせをしたい方 24時間受付中

ご相談・お問い合わせフォームへ

1営業日以内に必ずご返信しています


  • よくある質問
  • 外壁塗装ガイド
  • 外壁塗装の適正価格について
  • 失敗しない色選びのためのお役立ちコラム集
  • 座談会
  • 無料相談会実施中
  • LINE相談・お見積もり
  • 失敗しない!業者の選び方
  • どうする?雨漏り対策
  • 別荘の外壁塗装
  • 遮熱塗料について
  • 屋根塗装のあれこれ
  • 外壁塗装用語集
  • 採用情報
ページ
トップへ

お問い合わせ