施工事例

コケの生えたモルタルを清潔感のある白い塗料で外壁塗装(神奈川県愛川町)

仕上がりは外壁の状況や施工内容により異なりますので、お気軽にご相談ください。

はじめに

こちらの記事で紹介させていただく施工事例は、モルタル外壁を塗り替えたK様邸の外壁塗装です。

K様邸は、新築時から15年以上が経過する住宅。
K様からは、「そろそろ外壁の汚れがひどくなってきたので」とご相談いただきました。

事前の点検では、外壁に汚れとコケが発生しているだけではなく、亀裂があることも確認できました。

劣化状況が深刻なK様邸が、外壁塗装で美しく生まれ変わる様子を、ぜひ最後までご覧ください。

Before

こちらがK様邸の施工前の様子です。

緑色になっているのはコケが生えている部分。コケが生えているのは塗膜(塗料の膜)が寿命を迎えているサインです。

上の画像は、2階の霧避け(ひさし)部分を撮影した様子。

積もり積もった砂ぼこりが写っています。その上の外壁もひどく汚れていて、経年による劣化を感じさせる見た目ですね。

After

外壁塗装を終えたK様邸の様子がこちらです。

黒ずみやコケが発生していたとは思えないほど美しい白さを取り戻しています。

ご依頼いただいたK様は、「ここまできれいになるのであれば、もっと早く外壁塗装をすればよかった」とおっしゃっていました。

次の項目からは、K様邸の外壁塗装が進行していく様子を、画像とともに紹介していきます。

施工手順

足場設置

外壁塗装の工事で最初に実施するのは、足場の設置作業です。

外壁塗装は高所での作業が必要になるため、安全確保と作業スペース確保のために、足場は必須。

ペンキ王では、どんな外壁塗装工事でも足場を組み、ていねいな施工ができる態勢を整えております。

高圧洗浄

足場を組み終えると、外壁のコンディションを整えるために高圧洗浄を行います。
上の画像は高圧洗浄を終えた後の様子。積もっていた砂ぼこりがきれいになくなりました。

砂ぼこりがなくなったので、霧避けの塗膜がところどころ剥がれていることがよくわかります。塗り替えを要する状態ですね。

養生作業

高圧洗浄の次は、養生作業を行います。

養生とは、窓ガラスやエアコンの室外機など、外壁塗装の段階で塗装しない部分をビニールシートで保護すること。

上の画像は塗装作業中のものですが、養生の様子がわかりやすいので掲載しました。

窓ガラスと雨どいが、ビニールシートで覆われていることが確認できますね。養生をきちんと行えば、塗装しない箇所に塗料が付着する心配がなくなります。

コ-キング

モルタル外壁は、新築時には多少の水分を含んでいます。

年月を経るごとに壁内の水分が乾いていくモルタルは、乾燥に伴い、収縮してひび割れを生じることがよくあります。

モルタル外壁を採用しているK様邸においても、一部の外壁にひび割れが生じていました。

モルタル外壁のひび割れを長く放置すると、ひび割れが大きくなっていく可能性もあります。ひび割れが大きくなれば、雨水が外壁内部に浸水し、外壁下地を傷めるかもしれません。

そうならないように、K様邸の外壁に発生しているひび割れは全て補修を行います。

こちらは、モルタルのひび割れを補修した後の様子です。

白い補修跡が縦に伸びていますね。これは、ひび割れに”コーキング”と呼ばれる目地材を充填(じゅうてん)したからです。

コーキングは建築分野で頻繁に使用される材料であり、樹脂を主原料として作られています。
固まると、防水性のあるゴム状の物質になる性質があるので、建材同士の隙間やひび割れなどを埋める際によく使われます。

下塗り

ひび割れの補修で下地調整を終えたら、ここからは塗装作業を行います。

外壁塗装は下塗り・中塗り・上塗りの3度塗りが基本です。最初は、外壁材と仕上げ塗料(中塗りと上塗りで使う塗料)とを密着させる役割のある、下塗り塗料の施工を行います。

中塗り

下塗りの次は、2度目の塗装工程である中塗りです。

下塗りでは白い塗料を使用しましたが、中塗りは薄いクリーム色の塗料を使用します。

ローラーを使った塗装は一見簡単そうに見えるかもしれませんが、実際にはプロの技術を要する施工です。熟練した職人でなければ、塗りムラなくきれいに仕上げることはできません。

上塗り

中塗りではクリーム色の塗料を塗りましたが、上塗りでは施主様が外壁の色にお選びになったホワイトの塗料を使用します。色は下塗りで使った塗料と同じですが、全く別ものの塗料です。

中塗りと異なる色の塗料で上塗りを施工するのは、塗装の進捗や「重ね塗りがきちんと行われているか」を施主様が確認しやすいようにするため。
ただ塗装するのではなく、施工中も施主様に安心して頂けるよう努めるのがプロの塗装屋です。

仕上がり

外壁塗装を終えたK様邸は、このような仕上がりになりました。
以前のような古びた印象は全くなく、ツヤツヤと清潔感のある白い外壁へと生まれ変わっています。

付帯部分塗装

外壁塗装は、外壁の塗装を終えただけで完成するわけではありません。

雨どいや雨戸・戸袋など、付帯部分も全て塗装をすることで完成します。ここからは、K様邸の付帯部分塗装の様子を紹介します。

まず紹介するのは破風板を塗装する様子です。

K様邸の破風板は塗膜が剥がれ、表面がボロボロになっていました。

剥がれた古い塗膜をそのままにしておくと、上から重ね塗りした時に古い塗膜の跡が目立ち、新しい塗料もうまく付着しません。
そのため、事前に”ケレン”(やすりなどで表面を磨き、汚れやサビを落とす作業)で古い塗膜を落とす必要があります。

破風板も外壁と同じように3度塗りで塗装を行います。

ケレンを行った後、下塗り専用の白い塗料を塗装していきます。破風板塗装でも基本的な方法は外壁と同じ。ローラーを使って塗料を塗っていく作業です。

ケレンと下塗りによってボロボロの塗膜がきれいになったら、次は2度目の塗装作業である中塗りを行います。

今回、K様は破風板にダークブラウンの塗料をお選びになりました。

中塗りの塗料が乾いたら、上塗りで仕上げて破風板塗装は完了です。
ボロボロだった面影は一切なくなり、新築かのような美しい破風板がよみがえっています。

次は霧避け塗装の様子を紹介します。

霧避けについても、ところどころ塗膜が剥がれているので、まずはケレンで下地処理を行います。

その後、下塗り・中塗り・上塗りと重ね塗りをして霧避け塗装も完了です。

付帯部分は白い外壁と相性のいいダークブラウンで統一したので、住宅全体が引き締まって見えることでしょう。

まとめ

今回の施工事例では、コケの生えた外壁が清潔感のある白さを取り戻す様子を紹介しました。

外壁塗装を実施すれば、住宅の防水性や耐候性を維持するメンテナンスになるだけではなく、見た目をも美しくすることが可能です。

劣化するのは外壁の見た目だけではありません。K様邸の場合では、破風板や霧避けの塗膜が剥がれていました。”剥がれ”の劣化症状は、塗膜が寿命を迎えている証拠です。

ご自宅の外壁や付帯部分に塗膜の剥がれがある場合は、ぜひ外壁塗装の施工経験豊富なペンキ王へご相談くださいませ。

点検・調査など無料で承ります。まずはお気軽にご相談ください。

まずはスタッフと直接お話したい方 フリーダイヤル

0120-900-971

受付時間:9時〜20時(土・日・祝日も営業中)

メールでお問い合わせをしたい方 24時間受付中

ご相談・お問い合わせフォームへ

1営業日以内に必ずご返信しています


  • 外壁塗装セルフ見積り
  • セルフ見積もり
  • 外壁塗装3Dカラーシミュレーション
  • お客様の声
  • 塗り替えブログ
  • 施工事例
  • よくある質問
  • 外壁塗装ガイド
  • 外壁塗装の適正価格について
  • 失敗しない色選びのためのお役立ちコラム集
  • 座談会
  • 無料相談会実施中
  • LINE相談・お見積もり
  • 失敗しない!業者の選び方
  • どうする?雨漏り対策
  • 別荘の外壁塗装
  • 遮熱塗料について
  • 屋根塗装のあれこれ
  • 外壁塗装用語集
  • 採用情報
ページ
トップへ

お問い合わせ