施工事例

カビの生えたスレート屋根に新築同然の美観と防水性が復活(神奈川県厚木市)

仕上がりは外壁の状況や施工内容により異なりますので、お気軽にご相談ください。

はじめに

今回紹介するのは、屋根塗装をご依頼いただいたY様邸の施工事例です。Y様邸は新築から15年程度が経過した住宅で、屋根材はスレート(粘土板岩の薄板)です。

知人から「スレート屋根は10年を過ぎたら再塗装するらしい」という話を耳にされたことがきっかけでご相談いただきました。

ペンキ王が現地調査を行ったところ、スレート屋根はひどく色あせており、たしかに屋根の塗膜は寿命を迎えていました。Y様はご自宅の屋根の様子を画像でご覧になり、屋根塗装を決意された次第です。

日本で普及率の高いスレート屋根を再塗装する事例なので、たくさんの方が参考にできるとおもわれます。新築から10年近くが経過する方は、ぜひご自宅の屋根塗装の参考にするためにも最後までご覧ください。

Before

こちらが屋根塗装施工前のY様邸の様子です。画像を見ると、スレートの表面が色あせていることを確認できます。

表面の色あせは塗膜の劣化を表すサインなので、屋根塗装を行うべき状況です。

こちらは北側の下屋根(げやね/母屋からせり出す屋根のこと)を写した画像です。北側の、日が当たりにくい部分のため、スレートの表面にカビが生えてしまっています。

このまま放置するとカビはさらに増殖してしまうので、Y様とそのご家族への健康被害も心配です。

After

上の画像は、Y様邸の屋根塗装が完了した様子です。色あせていたのがウソのようにツヤツヤと美しい屋根に仕上がっています。

新しい塗膜がスレート材を保護するので、塗膜が寿命を迎えるまでは以前のようにカビが繁殖する心配もありません。

施工手順

足場設置

ここからは、Y様邸の屋根塗装の工事が進行していく様子を紹介してまいります。
最初に実施する作業は足場の組み立てです。

高い場所で作業をするために欠かせない足場は、全ての工程の基礎となります。足場を組むことで職人の安全を確保できるほか、作業効率も上がり工期の短縮も期待できます。

外壁塗装の費用の中でも大きな割合を占めている足場代。
「なんとか足場代を削ることはできないか」とご相談いただく場合もあります。しかし、足場を組まないと作業効率に影響し工期は長くなり、そのぶん費用は高くなってしまいます。

安定した足場があることで塗装品質も向上するので、結果的には足場を組む方がメリットは大きいのです。

高圧洗浄

足場を設置し終えたら、次に行うのは屋根を洗浄する作業です。

屋根の洗浄には高圧洗浄機という機械を使用します。ペンキ王で使用している高圧洗浄機は業務用の威力が強いタイプのものです。
そのため、家庭用よりもさらに効率よく洗浄作業を進めることが可能であるほか、頑固な汚れも落としやすいです。

養生作業

高圧洗浄の次は、養生作業を行います。
養生とは、塗料が飛んで汚れると困る部分をビニールなどで覆う作業のこと。

屋根塗装で使用する塗料はプロ仕様の密着力が高い塗料なので、一度塗料がついたら洗い流すのは大変です。だからこそ、汚れないよう事前に保護する必要があります。

Y様邸では屋根から塗料が飛びそうな位置にバルコニーがありました。塗料で汚してしまわないように、バルコニーの床や手すりなどは全て養生を実施しました。

下塗り

スレート屋根は、何らかの外的要因によりひび割れが生じることがあります。
ひび割れが発生する原因は、台風などによる飛来物や大きめのヒョウなどが挙げられます。

幸いY様邸ではスレートのひび割れは発生していませんでしたので、補修作業は不要でした。

スレートにひび割れが見つかった場合は、コーキングという補修材を使って補修を行います。

屋根の補修が不要だったため、ここからは屋根の塗装作業を行います。上の画像は全3回の塗装工程のうち1回目の塗装工程である、下塗りを実施している様子です。

下塗りを終えた部分はツヤツヤとしていて、質感が異なっていることを確認できます。

こちらは下塗りが完了した様子です。

なお、今回の屋根塗装では黒い下塗り材を使用しました。下塗りでは白や透明の塗料が一般的ですが、黒い下塗り材もあります。

なぜ黒い下塗り材を選んだのかというと、Y様がお選びになった上塗り塗料(仕上げの塗料のこと)が、この下塗り材との相性が最適だったからです。

中塗り

下塗りを終えると、次は2回目の塗装工程である中塗りを行いました。上の画像は中塗りを終えた後に撮影したものです。

中塗りでも黒い塗料を使用したため、下塗り塗装後と比べても見た目にはそれほど大きな変化はないですね。

しかし、中塗りでは下塗りの時とは別の黒い塗料を使用しています。中塗りで使用した塗料こそ先ほど触れた「上塗り塗料」なのです。
中塗りと上塗りでこの仕上げ塗料を重ね塗りすることにより、塗膜は最高のパフォーマンスを発揮できるようになります。

下塗り後の画像とよく見比べると、若干ツヤ感が増していることを確認できます。ツヤ感が増しているということは、それだけ耐久性も向上しています。

この後に上塗りを実施すれば、塗膜は最適なコンディションに仕上がります。

上塗り

中塗りが十分に乾いたら、いよいよ最後の工程となる上塗り作業を実施します。上塗りでも中塗りで使用した仕上げ塗料を重ね塗りしていきます。

上の画像は上塗りを行っている途中の様子。右下部分はこれから塗装をする部分です。中塗りと上塗りで同じ色を使う場合であっても、このように塗装前後の表情は異なるので、塗り終えた部分を見分けられます。

なお、ペンキ王では中塗りと上塗りで色を変えて仕上げる工法も可能です。色を変えて仕上げる方法には、「塗りムラを防ぎやすい」「施主様にも重ね塗りを実感いただきやすい」というメリットがあります。

しかし、どの仕上げ塗料を使うかによって最適な施工方法は変わってくるので、最も塗膜の状態が良くなる方法を施主様にご提案しております。

仕上がり

無事に上塗り作業が終了し、Y様邸の屋根塗装が完成しました。色あせたりカビが生えたりしていたのが信じられないほど、美しい仕上がりです。

最終点検の際には十分に安全を確保したうえで、Y様のご希望もあったのでY様にも足場の上へ登っていただき、実際の出来栄えをご確認いただきました。まるで新築のような美しさに、Y様もご満足いただいた様子です。

最終点検を終えて引き渡しが完了すると、足場を解体して撤収となります。 撤収前には近隣住民の方に施工完了のあいさつをいたしました。

今回の現場は近隣の方々にも温かく見守っていただき、帰り際には「ご苦労様」とねぎらいのお言葉もいただきました。

屋根塗装や外壁塗装は、近隣にお住まいの方のご理解があってこそ成り立つもの。施工前や施工後のあいさつも、誠心誠意行うように心掛けております。

まとめ

いかがでしたか。今回紹介したY様邸は、色あせやカビなどの劣化が発生しているスレート屋根を、新築のように塗り替えた施工事例でした。屋根に塗られた塗料は、耐用年数を超える頃には劣化が激しくなり、防水性能などが低下してしまいます。

屋根塗装をすれば見た目が美しくなるうえ、衰えてきた屋根の防水性能を復活させることにも役立ちます。雨風から大切な家族を守るためにも、10年に1度は屋根塗装を検討してみてはいかがでしょうか。

点検・調査など無料で承ります。まずはお気軽にご相談ください。

まずはスタッフと直接お話したい方 フリーダイヤル

0120-900-971

受付時間:9時〜18時(土・日・祝日も営業中)

メールでお問い合わせをしたい方 24時間受付中

ご相談・お問い合わせフォームへ

1営業日以内に必ずご返信しています


  • 外壁塗装オンライン見積り
  • 外壁塗装3Dカラーシミュレーション
  • 年内完工するにはいつまでに外壁塗装をしたらいいの?
  • お客様の声
  • 塗り替えブログ
  • 施工事例
  • よくある質問
  • 外壁塗装ガイド
  • 外壁塗装の適正価格について
  • 失敗しない色選びのためのお役立ちコラム集
  • 座談会
  • 無料相談会実施中
  • LINE相談・お見積もり
  • 塗装職人募集
  • 失敗しない!業者の選び方
  • どうする?雨漏り対策
  • 別荘の外壁塗装
  • 遮熱塗料について
  • 屋根塗装のあれこれ
  • 外壁塗装用語集

オンライン見積り

スマホサイト
に切り替え