施工事例

汚れた屋根と霧避けを塗装!タスペーサーを用いた事例(東京都町田市)

仕上がりは外壁の状況や施工内容により異なりますので、お気軽にご相談ください。

はじめに

今回紹介する施工事例は、前回の屋根塗装から10年が経過したK様邸の屋根塗装です。

築20年のK様邸は「10年に1度」のタイミングで屋根塗装を行っていて、きちんとメンテナンスの行き届いた住宅がご自慢です。今回で2度目となる外壁塗装は、知人の方よりのご紹介によりペンキ王へご相談いただきました。

それでは、屋根塗装施工前と施工後のK様邸を画像で比較してみましょう。

Before

まずはK様邸の外観です。2階建ての住宅で、外壁には大きな汚れは見当たりません。K様がご自宅を大切にメンテナンスされていることがわかります。

上の画像は今回の施工対象である屋根です。メンテナンスが定期的に行われているので、目立って劣化している様子はありません。

しかし、10年が経過すると塗膜はそろそろ寿命を迎えています。このまま屋根塗装をせずに放置すると、表面の汚れや色あせはより進行してしまうことでしょう。

After

塗装施工後の屋根です。以前にはなかったツヤ感が生まれ、新しい塗膜に生まれ変わっていることを確認できます。

ツヤのある塗料は汚れに強い性質があるので、これから10年間ほど、K様邸を雨や風から守ってくれるでしょう。

次の項目からは、K様邸の屋根が生まれ変わる様子を紹介してまいります。

施工手順

足場設置

まず実施するのは足場の設置作業です。足場を設置することで職人の安全を確保し、作業場所も用意できます。

設置した足場にはメッシュシートを張り巡らし、清掃時の水しぶきや塗装時の塗料の飛散を防ぎます。

K様邸は2階建てで高さがあるので、「足場の組立て等作業主任者」という資格を持ったスタッフが現場指揮を行いました。

5メートル以上の足場設置では資格保有者による指揮が必須。これは労働安全衛生法 で定められている事項なので、厳守して作業を行います。

高圧洗浄

足場を設置し終えると、高圧洗浄を行います。上の画像をご覧いただくと、機械を使って水を吹き付けていることがわかりますね。

使用している機械は高圧洗浄機と呼ばれ、外壁塗装や屋根塗装の現場で活用されているものです。

ペンキ王が使用しているのは業務用の威力が強い高圧洗浄機なので、ホームセンターなどで市販されている家庭用よりもスピーディーに汚れを落とせます。

ただし、業務用高圧洗浄機は威力が強いため、適切な強さに調節しながら洗浄作業を実施しています。

養生作業

屋根の高圧洗浄を終えた後、塗料が飛んで汚れると困る部分(窓など)に養生を実施しました。

養生では窓やドアなど、汚れてはいけない部分をビニールシートやマスキングテープで覆います。

今回の施工では必要な箇所(作業時に屋根から塗料が飛びやすい部分)のみを養生しました。

なお、外壁塗装をする際には玄関ドアやエアコンの室外機など、よりたくさんの部分を養生する必要があります。

コ-キング

スレート屋根は、強風による飛来物がぶつかるなどで割れる危険があります。

もしひび割れが発生している場合は、屋根塗装の前に”コーキング”という補修剤(ゴムのような素材)で修理を行います。

しかし、K様邸ではスレートのひび割れがなかったので、コーキング補修は不要でした。

下塗り

上の画像は下塗りを行っている様子です。下塗り剤には”プライマー”と呼ばれる塗料を使用しており、屋根材と上塗り塗料とを密着させる接着剤のような役割を果たしてくれます。

屋根塗装の下塗り塗料には透明のものと白い色のものが多いです。今回は上塗り塗料との相性を考慮して透明のものを使用しました。

下塗りを終えると、タスペーサーをスレートの切れ目に挿入します。タスペーサーとは、スレートの切れ目が塗料で塞がるのを防ぐ器具です。

塗装によりスレートの切れ目が完全に塞がると、屋根に降った雨水の排水がうまくできず、屋根材の損傷や雨漏りにつながる恐れがあります。

このような事態を防ぐために、タスペーサーをスレートの切れ目に挟み、塗料がスレートの切れ目を塞がないようにするのです。

タスペーサーを使うと”縁切り”と呼ばれる作業を省略できます。

縁切りとは、塗料で塞がったスレートの切れ目を、上塗り後に手作業で切り離す作業のこと。この作業には手間も時間もかかるので施工費用が高くなりがちですが、タスペーサーの使用でスレートの切れ目が塗料で塞がらないようにすれば、縁切りのコストをカットできます。

中塗り

下塗りが完了すると、中塗りを実施します。K様は黒い塗料での屋根塗装を希望されたので、中塗りから黒い塗料を塗っていきます。

中塗りと上塗りで色を変える手法もありますが、今回は同じ色の塗料を塗り重ねる方が中塗り塗料と上塗り塗料の相性が良かったのでこのように対応しています。

上塗り

中塗りが完了したら、次は上塗り作業です。上塗りは3回目の塗装工程で、屋根部分の仕上げとなる重要な工程。細心の注意を払って施工しました。

仕上がり

屋根塗装が完了し、上の画像のような仕上がりになりました。

塗装前に汚れていたのがまるでウソのようにきれいな仕上がりです。K様邸の屋根塗装の出来栄えには、塗装を担当した職人たちも満足そうでした。

付帯部分塗装

屋根塗装が完了し、次は付帯部分の工事です。

付帯部分とは、霧避け(ひさし)や雨どい、軒天など、屋根・外壁以外の住宅外装のことです。

外壁塗装の際には雨どいや雨戸などを塗装することもありますが、今回は付帯部分のうち霧避けのみを塗装しています。

K様邸の霧避けは金属でできていたので、最初に”ケレン”と呼ばれる下地処理を行います。

ケレンとは、タワシやヤスリを用いて金属部分の表面を磨き、古い塗膜やサビを落とす作業のことです。
ケレンで下地処理をすると塗料のノリが良くなるので、塗装効果が長持ちしやすくなります。

ケレンが完了すると、サビ止め塗装を行います。金属部分はサビの心配があるので、サビ止めは必須です。

この作業だけでサビを防ぎやすくなり、劣化スピードを遅らせることが可能になります。

サビ止めは金属部分だけでなく、木部にも施すことがあります。これは、木部の劣化が激しいと塗料を必要以上に吸い込みすぎてしまうからです。木部が塗料を吸い込みすぎると、ツヤのある部分とそうでない部分とがまばらになります。それを防ぐために、金属部分と同様にサビ止めを行う場合があるのです。

サビ止め塗料を塗り終えると、次は中塗りを実施します。

付帯部分の塗装はどの塗料を使用するかによって重ね塗り回数が変わってきますが、今回はサビ止め・中塗り・上塗りの3回塗りで対応しました。

中塗り塗料が十分に乾いたら、上塗り作業を行います。

K様は霧避け部分を屋根と同じく黒い塗料で塗るように希望されました。付帯部分を屋根と同じ色で塗ると、統一感が出てバランスを取りやすいメリットがあります。

まとめ

今回は、K様邸の屋根塗装と霧避け塗装の様子を紹介しました。

屋根も霧避けも、住宅の防水を担う大切な部分です。どちらも定期的な塗装メンテナンスが必須であり、塗装しないで放置すると、劣化による水漏れトラブルにつながる恐れもあります。

水漏れが発生すると、住宅内部の劣化の進行が早まったりシロアリが発生したりすることも。大切な住宅と家族を守るためにも、必要なタイミングでの塗装工事を行いましょう。

ご自宅の外壁塗装のご相談は、ぜひペンキ王へご連絡ください。

点検・調査など無料で承ります。まずはお気軽にご相談ください。

まずはスタッフと直接お話したい方 フリーダイヤル

0120-900-971

受付時間:9時〜20時(土・日・祝日も営業中)

メールでお問い合わせをしたい方 24時間受付中

ご相談・お問い合わせフォームへ

1営業日以内に必ずご返信しています


  • 外壁塗装オンライン見積り
  • オンライン見積もり
  • 外壁塗装3Dカラーシミュレーション
  • 年内完工するにはいつまでに外壁塗装をしたらいいの?
  • お客様の声
  • 塗り替えブログ
  • 施工事例
  • よくある質問
  • 外壁塗装ガイド
  • 外壁塗装の適正価格について
  • 失敗しない色選びのためのお役立ちコラム集
  • 座談会
  • 無料相談会実施中
  • LINE相談・お見積もり
  • 塗装職人募集
  • 失敗しない!業者の選び方
  • どうする?雨漏り対策
  • 別荘の外壁塗装
  • 遮熱塗料について
  • 屋根塗装のあれこれ
  • 外壁塗装用語集
ページ
トップへ

オンライン見積り