施工事例

黒ずんでいた下屋根を塗り替えてピカピカに変身(神奈川県南足柄市)

仕上がりは外壁の状況や施工内容により異なりますので、お気軽にご相談ください。

はじめに

今回紹介する施工事例は、下屋根(げやね/母屋から張り出した屋根のこと)を含んだ屋根塗装リフォーム(塗り替え工事)を行ったS様邸です。S様邸は、特に下屋根の塗装の劣化が激しい状態でした。

2階の窓から見える下屋根の汚れには数年前から気がついていたそうですが、なかなか塗り替え工事をするタイミングがなかったとのこと。

「このままだといつまで経っても塗り替えができない」と考え、この度いえふくにご依頼いただきました。

下屋根を含む全ての屋根の塗り替えを検討している方が参考にしやすい事例ですので、ぜひ最後までご覧ください。

Before

こちらが施工前のS様邸の下屋根です。表面にはところどころ黒ずみが見られ、汚れていることを確認できます。

表面が汚れているのは、塗膜(塗料の膜)が寿命を迎えて耐久性がなくなっていることの表れです。

耐久性のなくなった塗膜は、上から塗料を塗って新しい塗膜を生成させることで、耐久性を復活させることができます。

After

こちらが塗装施工後の屋根です。以前とは別の屋根のようにピカピカに仕上がっています。ツヤのある塗料を塗ったため、太陽の光を反射して輝いていますね。

それでは、次の項目からはS様邸の屋根が生まれ変わる工程をチェックしていきましょう。

施工手順

足場設置

下屋根でも下屋根以外の屋根でも、塗装をする場合には、まずは足場を組むところから工事がスタートします。

高い場所での作業には、落下や電線への接触などの事故のリスクが付きまといます。それらのリスクを少しでも軽減するために、足場は欠かせない存在なのです。

高圧洗浄

足場を組み終えたら、高圧洗浄機を使って屋根の表面を洗浄していきます。

このときに使用するのは、業務用の威力が強い高圧洗浄機。家庭用の高圧洗浄機では落ちないようなこびりついた汚れも落とせるので、屋根塗装の施工には必須です。

また、手作業ではなく高圧洗浄機を使って洗浄することで、作業時間の短縮にも役立っています。

ただし業務用の高圧洗浄機は威力が強く、洗浄する部材によっては最大出力だと損傷の恐れも。洗浄部分を傷めてしまわないように、威力を適切に調節しながら洗浄しています。

養生作業

高圧洗浄を終えると、養生の作業を行います。養生とは、ビニールシートと養生テープを使って、汚れては困る部分を覆う作業のことです。

S様邸では下屋根のすぐ上に窓があったので、主にその部分を養生しました。

下地処理(ケレン)

屋根塗装の際、屋根材にひび割れなどの損傷があった場合は”コーキング”と呼ばれるゴム状の樹脂を主原料とした補修材で補修作業を行います。

金属でできた屋根の場合は、コーキングによる補修以外で実施すべき下地処理として「ケレン」があります。

ケレンとは、タワシやヤスリを用いて金属部分の表面を磨く作業のこと。これにより表面のサビや古い塗膜、汚れなどを落として下地のコンディションを整えるのです。

また、金属の屋根には塗装が定着しにくいので、ケレンによりあえて細かい傷をつけることで塗料が密着しやすい状態を作る目的もあります。

下屋根に限らず、金属部分の塗装をする際には、下地処理としてケレンを実施するのが一般的です。

下塗り(サビ止め)

ケレンを終えると、下塗りの工程へと移ります。屋根塗装の基本は下塗り・中塗り・上塗りの3度塗りです。下塗りは、3度塗りの最もはじめに行う塗装作業です。

スレート屋根などを使用している場合はプライマー(下塗り材のこと)を塗るのが一般的ですが、金属でできた屋根には下塗りとしてサビ止め塗料を塗ります。

ケレンにより古いサビを落とした上でサビ止め塗料を塗ることで、今後発生するサビを防ぐことが可能です。サビ止めにも寿命(5年程度)はありますが、寿命を迎えるまではサビから屋根材を守ってくれることでしょう。

中塗り

下塗りが乾いたら、次は2度目の塗装工程である中塗りへと移ります。上の画像は中塗りを終えた後の様子です。

すでにツヤツヤとした黒い下屋根に生まれ変わっていますが、まだ完成ではありません。

なぜなら、塗料は重ね塗りをすることで最適な厚みになり、耐久性が最大まで引き出されるからです。

上塗り

中塗りを十分に乾かしたら、ついに最後の工程となる上塗りの作業です。

今回の屋根塗装では、中塗りと上塗りを同じ色で重ね塗りすることになっています。これは、同じ塗料を2度重ね塗りすることが、今回使用する塗料の性質上最適だったからです。

いえふくが実施する屋根塗装の場合、普段は中塗りと上塗りで色を分けて対応しています。使用する塗料によって色を分けた方がいいか分けない方がいいかは違ってくるので、その塗料の特性を最大限に活かす施工をしています。

仕上がり

下屋根を含め、S様邸の全ての屋根の塗装が全て完了しました。上の画像が塗装後の仕上がりです。

今回塗った塗料は光沢感のあるツヤあり塗料。施主様が塗料を選ぶ際、商品によってはツヤの有無を選択することも可能です。

ツヤあり塗料には光沢感があるほか、耐久性にも優れているという特徴があります。そのため、できる限り塗装の効果を長持ちさせたい方にもツヤあり塗料はおすすめです。

まとめ

今回は、下屋根を含む全ての屋根の塗り替え工事を行ったS様邸の施工事例を紹介しました。

「たかが汚れ」と放置していると、塗膜だけではなく屋根材そのものも劣化する可能性があります。表面に汚れが付着して雨でも流れないのは、塗膜が寿命を迎えていることの表れだからです。

防水の役割を担っている塗膜が劣化したまま放置されると、屋根材が浸水のダメージで一気に劣化し、ひび割れなどのトラブルのリスクが高まります。

屋根材のトラブルを防ぐためにも、定期的な屋根塗装を行いましょう。屋根塗装のご相談は、いえふくへお気軽にご連絡ください。

点検・調査など無料で承ります。まずはお気軽にご相談ください。

まずはスタッフと直接お話したい方 フリーダイヤル

0120-900-971

受付時間:9時〜20時(土・日・祝日も営業中)

メールでお問い合わせをしたい方 24時間受付中

ご相談・お問い合わせフォームへ

1営業日以内に必ずご返信しています


  • よくある質問
  • 外壁塗装ガイド
  • 外壁塗装の適正価格について
  • 失敗しない色選びのためのお役立ちコラム集
  • 座談会
  • 無料相談会実施中
  • LINE相談・お見積もり
  • 失敗しない!業者の選び方
  • どうする?雨漏り対策
  • 別荘の外壁塗装
  • 遮熱塗料について
  • 屋根塗装のあれこれ
  • 外壁塗装用語集
  • 採用情報
ページ
トップへ

お問い合わせ