施工事例

屋根塗装とバルコニー防水工事で防水性が復活した事例(神奈川県海老名市)

仕上がりは外壁の状況や施工内容により異なりますので、お気軽にご相談ください。

はじめに

今回ご依頼いただいたT様邸は、新築から10年程度が経過している住宅です。外壁塗装を検討していらしたそうですが、ペンキ王が点検したところ屋根の劣化が進行していたため、屋根塗装を行うことになりました。

T様邸の屋根に使用されているのは導入コストが低いことで人気のスレート(屋根材の一種)です。

ただし、スレート屋根は導入コストこそ低いものの、定期的な塗装メンテナンスが必要である特徴もあります。

今回紹介する事例は、スレート屋根の住宅にお住まいの方にも参考にしていただけます。

さらに、T様邸では経年劣化によりバルコニーの防水性も失われていたので、そちらも合わせて施工しました。バルコニーの防水工事を検討している方も参考にできる事例であるため、ぜひ最後までお付き合いください。

Before

上の画像が今回施工するT様邸の外観です。シンプルで上品な住宅であり、外壁には目立つ汚れはありません。また、下から見る限りは屋根の劣化も目立ちません。

しかし、屋根に登って見てみると表面の塗膜はすっかり劣化していました。新築時は黒色に塗装されていたそうですが、現在では塗膜が剥がれてスレートの色が見えてしまっています。

このまま放置すると風雨でスレート自体が傷んでしまう恐れもあるので、屋根塗装により防水性を復活させなければなりません。

After

屋根塗装施工後のT様邸の様子です。塗膜が剥がれていたのがウソのようにきれいな仕上がりです。
T様は以前とは気分を変えて、グリーンの色での塗装を希望されました。グリーンの屋根はホワイトの外壁とも相性がいい組み合わせです。

それでは次の項目からは順を追って、T様邸が美しく変貌していく様子をチェックして見ましょう。

外壁塗装の施工手順

足場設置

まずは屋根塗装の施工に欠かせない、足場を設置する作業です。足場を設置することには、作業効率アップや職人の安全確保などさまざまな目的があります。

足場の形状は工事の内容や環境によって変わります。今回のT様邸では屋根塗装とバルコニー塗装のみであったため、単管足場という鉄パイプを組み合わせて作るシンプルな形状の足場としました。

外壁塗装も合わせて実施する場合は、鉃パイプに板状の部材を組み合わせる「くさび式足場」などを使用することが多いです。

高圧洗浄

足場を組み終えると、屋根の表面の汚れや古い塗膜を洗い流すために高圧洗浄を実施します。

「上から塗料を塗るのであれば汚れがついたままでも問題ないのでは?」と感じる方がいらっしゃるかもしれません。
しかし、表面に汚れが付いていると塗料が屋根にうまく密着せず、塗膜(塗布された塗料が形成する膜)がすぐに剥がれたり浮いたりする場合があります。塗膜の剥がれ・浮きなどのトラブルを防ぐためにも、事前の高圧洗浄は重要です。

上の画像は高圧洗浄を終えた後の様子です。表面が乾ききっていないのでまだ塗装はできませんが、その間に次の工程である養生作業などを実施します。

養生作業

高圧洗浄の際の水分が乾くまでの間に、養生作業を実施します。養生作業では、塗料が飛んで汚れてしまいそうな部分をビニールのシートなどで覆います。

T様邸の場合は下屋根(げやね/窓や玄関などの上にある屋根のこと)のすぐ上に窓があり、その部分を中心に養生を施します。窓に塗料が付着するとそれを落とすのは大変困難です。

プロの塗装業者が屋根塗装で使用する塗料は、ホームセンターなどで市販されている家庭用塗料よりも密着性が高い専門的な塗料です。密着性が高いことは、窓やドアに付着すると落とすのが難しいことを意味しています。そうならないよう、下準備として養生作業を行うのです。

コ-キング

T様邸では一部のスレートにヒビ割れが見られました。上の画像をみると、縦にヒビが入っていることを確認できます。

屋根材のヒビ割れを放置すると内部まで雨水が浸入してきて、住宅の劣化・損傷や雨漏りの原因となります。そのため、ヒビ割れを補修した上で塗装を行うことが大切です。

屋根のヒビ割れは“コーキング”というゴム状の樹脂を使用して補修を行います。補修跡が白く目立っていますが、上から塗装をすればわからなくなるのでご安心ください。

下塗り

スレートのヒビ割れ補修を終えると、下塗りの工程へと移ります。

下塗りとは全部で3回の塗装工程のうちの1回目の作業です。下塗りには屋根材と上塗り塗料(この後の工程で重ね塗りしていく塗料のこと)とを密着させる役割があり、接着剤にたとえられることもあります。

下塗りをしないと塗膜の剥がれ・浮きのトラブルが発生しやすくなるので、省くことのできない重要な工程です。

屋根の下塗りでは“プライマー”と呼ばれる無色透明の塗料を使用するのが一般的です。
透明とはいえ、塗った部分とそうでない部分は一目瞭然。上の画像をご覧いただくと、塗り終えたところとそうでないところを簡単に見分けられますね。

T様邸の屋根塗装では板金部分にも塗装を行うので、板金部分にも抜けがないよう下塗りを実施します。

中塗り

下塗り塗料を十分に乾かしたら、次は2回目の塗装工程である中塗りを行います。

ペンキ王では、中塗りは仕上げの上塗りとは異なる色で施工するのが基本です。しかし、T様邸で使用する塗料は、中塗りと上塗りで同じ色の塗料を重ね塗りする方が適していました。このため、中塗りの時点から施主様が屋根の色としてお選びになった色の塗料を塗っていきます。

塗装作業は基本的にローラーで実施しますが、細かい作業を要する部分では道具をハケに持ち替えて作業します。ハケを使うと細やかな調節ができることが利点です。

上塗り

中塗りの塗料が乾いたら、いよいよ屋根塗装の仕上げである上塗りの作業を行います。
上の画像は、中塗りの上に上塗りの塗料を重ね塗りしている様子です。

同じ塗料を2度塗りすることで塗膜は最適な厚みになり、塗装効果を十分に発揮できるようになります。

仕上がり

こちらが屋根塗装の仕上がりです。下屋根の塗装も完了し、全ての屋根を塗り終えました。

劣化していた塗膜が生まれ変わり、光沢感のあるグリーンカラーに仕上がっています。

屋根の防水性が復活しているので、今回使用した塗料の耐用年数である10〜13年程度は雨漏りの心配はないでしょう。

バルコニーの防水塗装

ここからはT様邸のバルコニーを塗装する様子を紹介してまいります。

バルコニーには屋根がないので、雨の日には雨水が直接当たります。そのため、年月が経過すると表面の塗膜(トップコートと呼びます)が劣化して防水性が失われてしまうのです。
具体的には、5〜7年程度が塗り替えのサイクルとなります。

上の画像はバルコニーへ下塗り材のプライマーを塗っている様子です。

プライマーは屋根塗装の下塗りでも使用しましたが、バルコニーで使用するのは同じプライマーでも少し種類が異なるものです。
しかし、下地と塗料を密着させる役割の点では基本的な性能は同じ。バルコニーの防水塗装においても、下塗りは塗膜の浮き・剥がれを防ぐ重要な役割を果たしています。

下塗りが乾いたら、トップコートを塗る作業です。まずはローラーでは塗れない細かい部分をハケで塗っていきます。

ハケで塗る部分が完了したら、ローラーに持ち替えて塗装していきます。足跡がつかないよう、塗装する向きや順番をよく考えながらの作業です。

トップコートを塗り終えると、上の画像のような仕上がりになりました。
失われていた防水性が復活したので、雨水から住宅を守ってくれることでしょう。

まとめ

今回紹介したT様邸の施工事例は、屋根塗装とバルコニーの防水塗装を実施した事例でした。

屋根塗装は外壁塗装と同時に実施することも多いですが、外壁が劣化していない場合は屋根塗装のみでの施工も可能です。

施主様のご自宅の状況を考慮して最適なプランをご提案しますので、外壁や屋根の塗装をご検討中の方はぜひペンキ王へご相談ください。

点検・調査など無料で承ります。まずはお気軽にご相談ください。

まずはスタッフと直接お話したい方 フリーダイヤル

0120-900-971

受付時間:9時〜18時(土・日・祝日も営業中)

メールでお問い合わせをしたい方 24時間受付中

ご相談・お問い合わせフォームへ

1営業日以内に必ずご返信しています


  • 外壁塗装オンライン見積り
  • 外壁塗装3Dカラーシミュレーション
  • お客様の声
  • 塗り替えブログ
  • 施工事例
  • よくある質問
  • 外壁塗装ガイド
  • 外壁塗装の適正価格について
  • 失敗しない色選びのためのお役立ちコラム集
  • 座談会
  • 無料相談会実施中
  • LINE相談・お見積もり
  • 塗装職人募集
  • 失敗しない!業者の選び方
  • どうする?雨漏り対策
  • 別荘の外壁塗装
  • 遮熱塗料について
  • 屋根塗装のあれこれ
  • 外壁塗装用語集

オンライン見積り

スマホサイト
に切り替え