施工事例

ていねいな下地処理と塗装で金属屋根が若返った事例(神奈川県綾瀬市)

仕上がりは外壁の状況や施工内容により異なりますので、お気軽にご相談ください。

はじめに

住まいの屋根は、たえず雨風や厳しい日差しなどの影響を受けている部分です。

そのため、目立った傷みや雨漏りが無くても確実に劣化が進んでおり、適切な点検やメンテナンスが必要になります。

適切な時期のメンテナンスは、塗装や補修の費用を抑えることや、住まい全体を長持ちさせることに繋がりますよ。

今回ご紹介するT様邸は、金属屋根の塗装によって、屋根の機能を健全にし、外観イメージを若返らせることに成功した施工事例です。

Before

屋根塗装前のT様邸の屋根の様子です。

前回のメンテナンスから時間が経ち、部分的に青色の塗装膜の剥がれが見られましたが、とくに大きな傷みが発生する前のメンテナンスとなりました。

T様邸の金属屋根は瓦棒葺(かわらぼうぶ)きという工法で施工されています。

瓦棒葺きは、心木(しんぎ)と呼ばれる木材を一定間隔で並べ、心木に屋根材を固定する方法です。瓦棒葺き工法は、劣化すると心木が水を吸い腐る恐れがあり、屋根材が大きくめくれ上がるなどのトラブルに発展することがあります。

トラブルが大きく塗装や補修で対応しきれない場合には、屋根全体を葺き替える必要が出てきてメンテナンス費用が高額になるかもしれません。このような事態を防ぐためには、今回のT様邸のように、定期的な点検や塗装工事を大きなトラブルが発生する前に行うことが理想的です。

After

塗装工事完了後の屋根の様子です。
塗装を行うことで、屋根自体の防水性や耐熱性などの機能面はもちろんですが、つやのあるブラウン系色の塗装によって住まいの雰囲気が明るくなり、外観も若返りました。

施工手順

T様邸屋根塗装の工程を詳しく確認しましょう。

足場設置

屋根塗装の現場では、第一に安全に作業を行い、高所への上り下りを安全に行うために足場の設置を行います。
今回のT様邸は、金属屋根で勾配が緩く、足元が安定しているため屋根自体を覆うように取り付ける屋根足場は設置しませんでした。

勾配の緩い屋根のメンテナンスは、勾配が急な屋根に比べてスムーズに工程を進めることができます。

高圧洗浄

屋根塗装を行う前に、高圧洗浄機を使って、屋根の汚れや劣化した塗膜、サビなどを落として行きます。屋根に付着している汚れは、塗料と屋根の密着を妨げ、仕上がりの美しさや塗装の耐久年数に大きく影響するためです。

溝部分など高圧洗浄の水が届きにくい箇所は、ホースを用いた水洗いと手作業での下地処理を交えて、残った汚れや古い塗膜をていねいに取り除いていきます。

金属屋根の下地処理はケレン(研磨)と呼ばれ、仕上がりの美しさとこの後施される塗装の耐用年数に大きな影響を与えます。

ケレンは、既存の金属屋根のサビやささくれなどででこぼこになった表面を、ヤスリなどの専用の道具を使って研磨し平滑にする作業です。

ケレン作業は、傷みの具合に応じて適切なケレン道具を選び、どの程度の下地処理を行うかを見極める難しさがあり、金属屋根の塗装で最も大切な工程と言えます。

養生作業

屋根塗装を行う際には、塗装を行わない部分や、塗料が跳ねてしまいそうな部分に、養生作業を行います。

養生作業とは、ビニルシートやマスキングテープなどを使って、塗料を付着させたくない部分を覆い保護することです。この養生は、塗装完了後に完全に撤去します。

適切に養生が行われなかった場合、塗装工事の途中で養生のビニルシートが剥がれ落ちて作業に支障が出たり、塗装したくない部分に塗料が付着したりする恐れが出てきます。

また、隣近所の所有物(建物や自転車など)に塗料がはねて近所トラブルになることも考えられるので、養生が必要な場所を見極め、適切に行うことが必要です。

下塗り

今回は、下塗り、中塗り、上塗りの3段階で塗装を行いました。

金属屋根は、サビが進行して穴が開き、そこから雨漏りが起きる恐れがありますので、下塗りの工程でサビ止め塗料の塗装を行います。

下塗りのサビ止め塗装は、サビの発生や進行の抑制はもちろん、この次に行われる中塗り・上塗りの塗料を屋根材に密着させ、剥がれにくくする大切な工程です。心木や棟部分の段差にも、丁寧に塗装します。

下屋(1階部分の屋根)に設置されたベランダ部分も、床部分のデッキ材を壊さないように慎重に取り外し、ベランダの下部まで丁寧に塗装を行いました。

ベランダ床に使われるデッキ材は、紫外線で傷みやすく、壊れやすいため、塗装工事に伴う脱着には細心の注意が必要です。

中塗り

下塗りで施したサビ止め塗装は、紫外線に弱い特徴があります。
そのため、下塗り塗装が完全に乾いたところで、上塗りと同じ塗料を使って中塗り塗装を行います。サビ止めの塗装膜を保護し、この後施される上塗りの効果を高めるためです。

中塗り塗装は、上塗り塗装の仕上がりの美しさにも影響を与えますので、凹凸部分も塗り残しがないように丁寧に塗装を行いました。

上塗り

中塗り塗装が乾いた段階で、仕上げとなる上塗り塗装を行います。

同じ塗料を中塗りと上塗りの2回に分けて塗装することで、サビ止め塗膜の保護はもちろん、仕上がりのムラを防ぎ、塗料が持つ防水性・耐紫外線性・耐熱性などをより発揮することができるのです。

ベランダの下部分にも、サビ止め塗装や下塗り塗装と同様に上塗り塗装を行い、ベランダ床部分のデッキ材は元通りに設置しました。

仕上がり

塗装完了後の写真です。
光沢のある屋根が住まいの雰囲気を明るくし、新築のような美しさを取り戻しています。

下屋や玄関部分、別棟部分の屋根も、外壁の白色と相性の良いブラウン系色で塗装を行い、統一感のある落ち着いた仕上がりとなりました。

まとめ

金属屋根の塗装によって、新築のような明るい雰囲気を取り戻したT様邸の施工事例をご紹介しました。

金属屋根の塗装は、10年前後に1度が基本的な目安です。しかし、目安はあくまで目安。10年経過していなくても、サビが出始めたら早急に塗装やメンテナンスを行いましょう。

今回のT様邸は、全体にサビが出る前の塗装でしたので、下地処理段階で行うケレン作業に大きな手間は掛かりませんでした。

金属屋根でサビが発生すると、瞬く間に屋根全体に広がります。
サビの範囲が広いと、塗装前に行う下地処理に手間がかかり、下地処理費用が高額になることも少なくありません。
大きなトラブルが発生する前にメンテナンスを行うことは、メンテナンスの費用を節約したり、住まいを長持ちさせたりするためにも、とても大切なことです。早い段階でトラブルに気づくために、日ごろから住まいの点検を行いましょう。

ペンキ王では、住まいの点検や調査を無料で承っています。

住まいの外壁や屋根など、外廻りのことで少しでも気になることがあれば、お気軽にご相談ください。

点検・調査など無料で承ります。まずはお気軽にご相談ください。

まずはスタッフと直接お話したい方 フリーダイヤル

0120-900-971

受付時間:9時〜18時(土・日・祝日も営業中)

メールでお問い合わせをしたい方 24時間受付中

ご相談・お問い合わせフォームへ

1営業日以内に必ずご返信しています


  • 外壁塗装オンライン見積り
  • 外壁塗装3Dカラーシミュレーション
  • お客様の声
  • 塗り替えブログ
  • 施工事例
  • よくある質問
  • 外壁塗装ガイド
  • 外壁塗装の適正価格について
  • 失敗しない色選びのためのお役立ちコラム集
  • 座談会
  • 無料相談会実施中
  • LINE相談・お見積もり
  • 塗装職人募集
  • 失敗しない!業者の選び方
  • どうする?雨漏り対策
  • 別荘の外壁塗装
  • 遮熱塗料について
  • 屋根塗装のあれこれ
  • 外壁塗装用語集

オンライン見積り

スマホサイト
に切り替え