施工事例

劣化により色あせたスレート屋根を塗装でメンテナンス(神奈川県厚木市)

仕上がりは外壁の状況や施工内容により異なりますので、お気軽にご相談ください。

はじめに

今回屋根塗装をご依頼いただいたI様邸は、新築から15年程度が経過して屋根の汚れが目立つ状態でした。
I様邸の屋根は、セメントや粘土などから作られた薄い板状瓦であるスレート屋根です。ひび割れなどの損傷はなかったものの、表面の塗膜には色あせが発生していました。

施主様であるI様は「知人から屋根塗装の必要性を聞いたこと」をきっかけにペンキ王へご相談くださいました。施工前に点検を行ったところ、確かに屋根の塗膜は劣化していることが確認できたので、屋根塗装の施工を決意された次第です。

それでは、まずI様邸の屋根塗装を施工する前後の画像を比較してみましょう。

Before

こちらが施工前のI様邸の屋根の様子です。

新築時は黒一色で塗装されていたそうですが、現在では色あせにより色が変わってしまっています。
屋根材の損傷がないことは幸いですが、このまま放置していたらスレートにひび割れなどが生じていた可能性もあります。

After

こちらが屋根塗装施工後のI様邸の様子です。古びていた印象はすっかりなくなり、ブラウンカラーで落ち着いた雰囲気へと生まれ変わっています。

屋根塗装には屋根の見た目を整えるだけではなく、防水性などの機能を復活させる役割も存在しています。そのため、大切な家族と住宅を守るためにも、屋根塗装は定期的に実施すべきメンテナンスなのです。

次の項目からは、I様邸の屋根がきれいに生まれ変わっていく様子を画像とともに紹介してまいります。

施工手順

足場設置

屋根塗装における最初の工程は、足場を設置する作業です。
足場がなくとも屋根に登ることはできますが、高所での作業には危険がつきもの。熟練した職人であってもバランスを崩してしまう危険があるので、安全確保のためにも足場は欠かせないものとなっています。

高圧洗浄

足場設置を終えると、次は高圧洗浄です。高圧洗浄では、業務用の高圧洗浄機を使用して屋根材の表面に付着した汚れを洗い流します。

高圧洗浄機を使用すると、ブラシでこするよりもはるかに作業時間を短くできるので、工期短縮に役立ちます。

注意しなければならないのが、噴射する水の威力です。業務用の高圧洗浄機は本当に威力が強いので、部材によってはフルパワーで洗浄すると傷んでしまうことがあります。

洗浄部分を傷めてしまわないように注意して、威力を適切に調節しながら洗浄しました。

こちらが高圧洗浄を終えた後の様子です。
洗浄前は表面全体にチリや汚れが付着していたのが、きれいさっぱりなくなっていますね。

汚れが残ったままの状態で塗装をしても、汚れが邪魔をして塗膜(塗装された塗料が形成する膜)がうまく生成されず塗装の本来の耐久性を発揮できません。そのため、高圧洗浄で汚れをしっかり洗い流すことが大切です。

養生作業・ケレン

高圧洗浄で付着した水滴を十分に乾かしたら、次は養生作業を行います。

養生とは、塗装しない部分や汚れると困る部分をビニールシートなどで覆う作業のこと。

I様邸の屋根板金はそれほど劣化が見られませんでしたので、屋根板金の塗装はしないことに決まり、その部分をビニールシートで覆いました。

養生を終えると、鉄部にケレンを実施します。

ケレンとは、鉄部分の表面をタワシやヤスリで磨き、サビや古い塗膜を落とす作業のことです。ケレンは下地処理に分類される作業であり、この作業を行うことで塗膜の密着性が向上し、塗料が剥がれにくくなります。

コ-キング

スレート屋根にひび割れが発生していた場合、その部分から雨水が浸入してしまうので、コーキングというゴム状の樹脂を使って補修を行う必要があります。

しかし、I様邸ではスレート屋根のひび割れがなかったため、コーキング補修は実施していません。

コーキング補修を行うかどうかは、屋根や外壁の状態を見て判断します。

サビ止め

次は鉄部のサビ止め作業です。鉄などの金属でできた部分は、塗装前にサビ止め処理を行います。
塗装工事の過程で金属部分のサビ止め処理を行う方法としては、サビ止め塗料の塗布が一般的ですね。

上の画像では、屋根の端がオレンジ色になっていることを確認できます。その部分がサビ止め塗料を塗り、処理を実施したところです。

下塗り

鉄部分のサビ止め処理を終えると、いよいよ工事のメインとなる塗装作業へと移ります。

屋根塗装では外壁塗装と同じように3度塗りを基本として対応します。3度塗りはそれぞれ下塗り・中塗り・上塗りと呼ばれていて、最初に行うのは下塗りの作業です。

上の画像は下塗りを終えた様子ですが、元の屋根から色の変化はありませんね。これは、無色透明の下塗り材を塗ったことが理由です。

今回の下塗りで使用したのはプライマーと呼ばれる塗料で、この後に塗布する上塗り塗料を屋根材としっかり密着させる役割を持っています。

中塗り

下塗りを乾かしたら、次は2度目の塗装工程である中塗りの作業です。I様はブラウンカラーでの塗装を希望されたため、中塗りからブラウンの塗料を塗っていきます。

細かい作業を要する部分はハケに持ち替える事もありますが、塗装作業には基本的にローラーを使用します。ローラーでコロコロと転がして塗装する作業は単純に見えるかもしれませんが、ムラなく均一に塗るためには一定の技術が必要です。

ペンキ王は熟練の塗装職人をそろえており、安定した品質での屋根塗装の提供を、お客様にお約束できます。

中塗りを終えるとこのようになりました。板金部分は事前に養生しているので、汚れてしまう心配もありません。

上塗り

屋根塗装において「塗料を乾燥させる時間」は非常に重要です。塗料が乾ききらないうちに重ね塗りをしても、塗膜は本来の耐久性を発揮できない可能性があるからです。

塗料を乾燥させるのに必要な時間は、施工する季節やその日の天気・湿度などによっても変わってきます。そのため、次の作業を始める時には必ず、塗料が十分に乾いているか確認してから対応するようにしています。

本日の作業である上塗りも、中塗りが十分に乾いていることを確認してからスタートしました。上塗りでは、中塗りと同じブラウンの塗料を重ね塗りしていきます。同じ塗料を2度重ね塗りすることで、塗膜の耐久性は最大限に引き出されるのです。

仕上がり

仕上げ工程である上塗りが完了し、屋根塗装が完成しました。

もともとはあんなに色あせていたスレート屋根が、美しいブラウンカラーで統一されています。
引き渡しの際は施主様であるI様にも足場に登っていただき(もちろん十分な安全確保をしています)、屋根塗装の仕上がりを確認していただきました。I様は施工前の屋根もご覧になっていたので、その変貌ぶりに驚いていらっしゃいました。

まとめ

今回屋根塗装を行ったI様邸は、新築から15年が経過していたため、屋根表面の塗膜が完全に寿命を迎えていた状態でした。

塗膜の劣化を放置していると屋根材自体が傷んでしまう危険性がありますが、屋根材が傷む前に塗装をしておけば手遅れにはなりません。屋根材の損傷が激しくなると、屋根の葺き替え工事が必要になり、屋根塗装とは比べものにならないほどの費用が発生することもあります。

まとまった費用が必要になる屋根塗装ですが、放置することで発生する可能性のある屋根材の葺き替え費用と比べると、はるかに安い金額です。このため、定期的に、塗膜が寿命を迎えるタイミングで塗装することが大切になります。

屋根塗装のご相談は、多くの熟練の塗装職人をそろえたペンキ王へご相談ください。

点検・調査など無料で承ります。まずはお気軽にご相談ください。

まずはスタッフと直接お話したい方 フリーダイヤル

0120-900-971

受付時間:9時〜18時(土・日・祝日も営業中)

メールでお問い合わせをしたい方 24時間受付中

ご相談・お問い合わせフォームへ

1営業日以内に必ずご返信しています


  • 外壁塗装オンライン見積り
  • 外壁塗装3Dカラーシミュレーション
  • お客様の声
  • 塗り替えブログ
  • 施工事例
  • よくある質問
  • 外壁塗装ガイド
  • 外壁塗装の適正価格について
  • 失敗しない色選びのためのお役立ちコラム集
  • 座談会
  • 無料相談会実施中
  • LINE相談・お見積もり
  • 塗装職人募集
  • 失敗しない!業者の選び方
  • どうする?雨漏り対策
  • 別荘の外壁塗装
  • 遮熱塗料について
  • 屋根塗装のあれこれ
  • 外壁塗装用語集

オンライン見積り

スマホサイト
に切り替え