施工事例

自然と調和し落ち着いたたたずまいに変化したスレート塗装の事例(神奈川県平塚市)

仕上がりは外壁の状況や施工内容により異なりますので、お気軽にご相談ください。

はじめに

明かりが差し込む小さな窓が屋根の側面部に設置され 、穏やかな室内空間が想像できるA様のお住まいです。

しかし築年数の経過により、年季を感じさせる外観となっています。外壁や屋根は紫外線を直接受け、雨や風にもさらされる場所。時が経てば外観の劣化は避けられません。

今回の塗装工事では、とくに劣化が目立っていた屋根の塗装をご依頼いただきました 。

それでは、見違えるほどきれいになったA様邸の施工事例をみていきましょう。

Before

施工前のA様邸の屋根です。

一般の方がメンテナンスを行うには、屋根は危険を伴う高所です。そのため、新築時から一切手を加えていないケースが少なくありません。

新築時にはさわやかな色みだったであろうブルーの屋根は、随分と色あせが目立つようになっています。砂ぼこりのため白くなっている部分も目立ち、雨水が流れた跡が消えなくなっているのも見てとれ、経年劣化がうかがえます。

After

施工後の屋根です。 艶が出て、落ち着いた色味の屋根に仕上がりました。

色は、周囲の木々に自然と溶け込むような深い茶色です。屋根や外壁の色選びは、環境との調和もポイントの一つです。

施工手順

では、今回の施工手順について説明していきましょう。

足場設置

まずは、高いところでの作業を安定して行うために、足場の設置を行います。

足場はスタッフの安全を確保するだけではなく、工事スタッフが作業に集中できる環境を整え、工事の品質を確実なものにするためにも大切です。

作業中は高圧洗浄の水や塗料がはねるため、近隣の方々に迷惑をかけないよう、飛散防止シートも設置します。

足場設置の作業は、作業音やスタッフの話し声が近隣の方々のご迷惑になることがあります。

このためペンキ王は、作業の前に近隣の方々にごあいさつに伺い、工事にご理解いただけるようお願いしております。

高圧洗浄

次は屋根の洗浄です。落ち葉などの大きなゴミを取り除き、高圧洗浄機を使って汚れをていねいに落としていきます。

屋根や外壁の塗膜(塗布された塗料が形成する膜)は、劣化すると少しずつ粉のようになっていきます。これは「チョーキング現象」と呼ばれる現象です。古い壁を触ると手に白い粉が付着して白くなるのは、このチョーキング現象によるものです。

チョーキング現象の粉が残ったままで塗料を塗っていくと、塗りムラができるだけではなく、新しく塗った塗料が剥がれやすくなる恐れがあります。

また、藻や砂ぼこり、カビなどが表面に残っていても塗料が密着しにくくなるため、塗装前の洗浄は欠かせません。

高圧洗浄機は、加減を誤ると外壁や屋根の素材を傷めてしまうことがあるので、汚れの状態と洗浄箇所に合わせて、水圧を調整しながら洗浄します。

このとき、施主様のご家庭の水道を使わせていただくことになります。 ペンキ王は、事前に洗浄の必要性について説明し、ご理解いただけるようお願いしております。

養生作業

屋根のそばの窓など、塗料が跳ねると困る場所を、専用の養生シートで覆って保護します。

塗装する箇所以外が塗料で汚れたり、傷がついたりするのを防ぐために、重要な工程です。

下地処理(補修など)

A様邸の屋根は、一般的によく用いられているスレート屋根を採用しています。

塗装に入る前に、スレート材の傷(クラック)の補修と棟板金のサビ止めを実施することになりました。

スレート屋根は、薄くて平らなセメントでつくられた屋根材です。軽くて運搬がしやすく、施工費用も安く抑えられるため、広く普及している屋根材です。

スレート屋根同士が合わさる部分にかぶせる金属製の山型の板を、“棟板金(むねばんきん)”または“棟包み”といいます。つなぎ目をカバーして、水の浸入も防ぐ役割があります。

しかし、A様邸の棟板金には、ところどころサビが出ていました。釘が飛び出したり、なくなっていたりする箇所もあります。

この状態で放置していれば、いずれは水が家の中に浸入したり、棟板金が風で飛んで事故が起こったりするかもしれません。

下地処理完了後の写真です。

釘の交換とサビ止め剤の塗布を行いました。屋根に使用する塗料が濃い茶系なので、マッチするように赤色を選んでいます。

スレート屋根の塗装では、棟板金にも必要な処置や交換を行うことで、塗装後の屋根を丈夫に保つことができます。

下塗り

屋根塗装は、基本的に3回の塗り工程があります。まず実施するのが、下塗りです。

下塗りは、この後下塗りの上に重ねる塗料(中塗り・上塗り塗料)をしっかりと屋根に密着させるために行います。

ただ密着させるだけでなく、仕上がりを発色良くきれいにするなど、塗料の持つ効果を十分に発揮させるための大事な工程です。

中塗り

下塗りが乾燥したら、中塗りにうつります。基本的には、次の上塗りに使用する塗料と同じものを重ねていきます。

外壁・屋根の塗料は、紫外線・雨に強いものや塩害に強いものなど付加された機能の種類、耐久性の高さなどで選ぶことが可能です。

ただし、塗料には屋根の材質や住宅の立地などによって向き不向きがあるので、機能や耐久性だけで選ぶことはできません。また、塗料はものによって価格が大きく異なるので、予算との兼ね合いも必要です。

ペンキ王は塗装工事にあたって、事前にメリット・デメリットや向き不向きを考慮し、住宅環境に合わせた塗料を提案いたします。

今回は、耐久性の高さで知られるフッ素塗料を使用しました。

上塗り

最後に上塗りの工程です。ローラーや平ハケなどの道具を使って、ていねいに重ね塗りをしていきます。

上塗りが終わった後、塗料は乾燥しながら下地にしっかり密着していきます。
このため塗装工事では、乾燥時間を設けることと、施工期間中に天気の崩れがないかなども考慮しておくことが必要なのです。

今回の塗装工事では、急な雨もなく無事に塗料が乾燥し、塗装を完了することができました。

仕上がり

塗装完了後のA様邸の屋根です。
施工前の色あせた印象はなくなり、日差しを浴びて輝くような仕上がりになりました。

濃い茶色の屋根が、周囲の自然と調和しています。

まとめ

屋根は、日常的にはなかなか目が届きません。しかし、屋根は太陽の日差しや雨が直接降り注ぎ、年月とともに劣化していく場所です。

屋根も外壁と同じく、定期的なメンテナンスを行うことが寿命を延ばすことにつながります。

A様邸の古びたスレート屋根も、下処理からていねいに行うことで、屋根の機能を維持させつつ新築のように生まれ変わらせることができました。

今回の事例では、屋根塗装のみを行っています。屋根と外壁で塗装のタイミングがずれても気にならない場合や、とくに屋根塗装が気になる場合には、今回のように別々に行うことも可能です。

ペンキ王は、これまで神奈川県や東京都で数多くのお客様のご自宅の塗装工事をお任せしていただいている、実績豊富な塗装専門店です。

ご自宅の屋根・外壁の色あせやくすみ、汚れ、ひび割れなどでお悩みの場合は、ぜひペンキ王にご相談ください。

ペンキ王は、メール・電話・LINEのいずれからでもお問い合わせ可能です。費用の目安を知りたい方向けに、手軽なオンライン見積もりサービスも実施しております。

点検・調査など無料で承ります。まずはお気軽にご相談ください。

まずはスタッフと直接お話したい方 フリーダイヤル

0120-900-971

受付時間:9時〜18時(土・日・祝日も営業中)

メールでお問い合わせをしたい方 24時間受付中

ご相談・お問い合わせフォームへ

1営業日以内に必ずご返信しています


  • 外壁塗装オンライン見積り
  • 外壁塗装3Dカラーシミュレーション
  • お客様の声
  • 塗り替えブログ
  • 施工事例
  • よくある質問
  • 外壁塗装ガイド
  • 外壁塗装の適正価格について
  • 失敗しない色選びのためのお役立ちコラム集
  • 座談会
  • 無料相談会実施中
  • LINE相談・お見積もり
  • 塗装職人募集
  • 失敗しない!業者の選び方
  • どうする?雨漏り対策
  • 別荘の外壁塗装
  • 遮熱塗料について
  • 屋根塗装のあれこれ
  • 外壁塗装用語集

オンライン見積り

スマホサイト
に切り替え