施工事例

スレート屋根と雨どいの塗装でメリハリある仕上がりに(神奈川県愛川町)

仕上がりは外壁の状況や施工内容により異なりますので、お気軽にご相談ください。

はじめに

今回紹介するO様邸は、屋根塗装のみを実施した施工事例です。

サイディングやモルタルの外壁で必要となる塗り直し工事ですが、実はスレート屋根にも必要となります。

屋根も外壁と同じように10〜15年程度で塗り替えが必要になるため、足場代の節約などのために、外壁と屋根の両方をセットで塗装される施主様も多いです。

O様邸の場合は、まだそれほど外壁の劣化がなかったので、屋根塗装のみを実施しました。

Before

こちらが屋根塗装をする前のO様邸の屋根の様子です。表面の劣化が激しく、塗膜は完全に寿命を迎えているようです。

そもそもスレート屋根は、10〜15年に1度など定期的な塗装工事が必要です。つまり、スレート屋根は従来の瓦屋根よりも導入コストが低いことはメリットであるものの、塗装コストが発生するデメリットも持ち合わせているのです。もしこれから住宅を新築する予定のある方は、この点も覚えておくといいですね。

O様邸の屋根は塗膜が寿命を迎え、防水性もなくなっています。このまま放置すると屋根材そのものが劣化し、屋根の葺き替え工事が必要になる恐れがあります。

葺き替え工事になると、屋根塗装とは比べものにならないほど高額な費用が発生します。そのような事態を防ぐためにも、10〜15年に1度は屋根塗装のメンテナンスを行うことが大切です。

After

こちらが屋根塗装を終えた後の様子です。あんなに古びた印象のあった屋根が、見事なほどきれいに生まれ変わっています。
施工前はなかったツヤ感が生まれ、太陽の光を反射して輝いています。

本来屋根が持っていた機能性を取り戻し、これから先も家族を雨風から守ってくれることでしょう。

施工手順

足場設置

屋根塗装の工事は、まず足場を設置することからスタートします。足場代は塗装費用において2割前後と高い割合を占めますが、 安全確保や作業効率向上のためにも足場は必須であるため 省くことはできません。

このように住宅をぐるりと囲む形で足場を設置していきます。足場は基本的には地面に固定させるものですが、必要に応じてバルコニーや屋根にも固定することもあります。

バルコニーなど住宅の一部に足場を固定するときには、その部分を破損させないように配慮しますので、ご安心ください。

高圧洗浄

足場を設置し終えたら、屋根の洗浄を実施します。屋根の洗浄には業務用の高圧洗浄機を使用するので、ブラシでこすることは基本的にありません。

スレート屋根は軽いことが特徴ですが、強い力を加えると割れやすい側面も持ち合わせています。高圧洗浄機の水圧を強くしすぎると屋根を破損する危険があるので、洗浄のときは水圧を適切に調節することが重要です。

養生作業

高圧洗浄を終えると、塗料が付着すると困る部分をビニールシートなどで覆う養生作業を実施します。

O様邸の場合は屋根塗装時に塗料が飛びそうな場所に窓がありました。養生作業ではその部分を含めて必要なところをビニールシートで保護しました。

板金サビ避け

O様邸の屋根は塗膜の劣化こそあったものの、屋根材自体の損傷は見られませんでした。そのため、屋根の補修などは実施していません。

ここからは屋根の塗装作業へと入っていきますが、スレート部分を塗装する前に屋根板金のサビ避け処理を実施します。スレート部分と違って板金は金属でできており、サビ避け塗料を塗っておかないと雨などですぐにサビる恐れがあるからです。

下塗り

板金のサビ避け処理を終えたら、いよいよスレート部分を塗装します。

外壁と同様に、屋根塗装においても塗料は3度塗りが基本です。まずは透明の下塗り材を塗布し、中塗り・上塗り塗料が屋根材に密着しやすい状態を作ります。

中塗り

下塗りが十分に乾いたら、中塗りの作業へと移ります。

いえふくでは普段の施工において中塗りと上塗りで色を分けて対応していますが、今回は同じ色の塗料を重ね塗りして対応することになりました。理由は、今回使用した塗料は重ね塗りをする方が耐久性に優れるタイプだったからです。

全ての種類の塗料に、塗料メーカーが指定した「正しい塗り方」が存在しています。それを守って施工することで、塗料の性能を最大限に引き出すことができるのです。

いえふくでは、塗料メーカーの指定した正しい塗り方を厳守し施工します。

中塗りが乾いたタイミングで、屋根の縁切り を実施します。

縁切りとは、塗装によりくっついてしまったスレート同士を離していく作業のことです。この作業はスレート屋根の塗装において必須の作業。縁切りをしないと屋根に雨水が溜まり、下地の劣化や雨漏りなどのトラブルに発展する恐れがあります。

上塗り

中塗り・縁切り作業の次は、屋根塗装の仕上げ工程である上塗りを実施します。

すでに中塗りで塗った色と同じ塗料で上塗りを行いますが、表面の質感が微妙に異なるので、どこまで塗装したかわからなくなることはありません。

数々の現場を経験してきた熟練の職人だからこそ、1つ1つの工程をより緻密に仕上げることが可能です。

仕上がり

上塗りが乾いたら屋根塗装は完成です。

塗装前には古びた印象を拭えなかった屋根ですが、色あせもなくなりツヤを取り戻した屋根は、新築と見間違えてしまうほど美しく仕上がっています。
屋根アンテナの配線も屋根のデザインに馴染むよう、同じ色の塗料で塗装を行っています。

付帯部分の塗装

今回は、屋根と一緒に雨どいの塗装も施工しました。

付帯部分の塗装は、屋根塗装と同時に実施すると効率がよく費用も抑えられます。

雨どいの色あせなど気になることがある方はご相談ください。

まとめ

今回はO様邸の屋根塗装の様子を紹介しました。

屋根塗装は外壁塗装と同じように定期的に必要になるメンテナンス。屋根に使用している部材によっても変わってきますが、スレート屋根の場合は10〜15年を目安に塗装を検討するといいでしょう。

屋根は住宅を雨や風から直接守ってくれる大切な存在です。意識して見ないと屋根は目に入りにくい部分ですが、雨漏りなどのトラブルを防ぐためにもメンテナンスを怠らないことが重要です。

自宅の屋根の状態に不安のある方、屋根塗装をご検討中の方は、お気軽にいえふくへご相談ください。

点検・調査など無料で承ります。まずはお気軽にご相談ください。

まずはスタッフと直接お話したい方 フリーダイヤル

0120-900-971

受付時間:9時〜20時(土・日・祝日も営業中)

メールでお問い合わせをしたい方 24時間受付中

ご相談・お問い合わせフォームへ

1営業日以内に必ずご返信しています


  • 外壁塗装セルフ見積り
  • セルフ見積もり
  • 外壁塗装3Dカラーシミュレーション
  • お客様の声
  • 塗り替えブログ
  • 施工事例
  • よくある質問
  • 外壁塗装ガイド
  • 外壁塗装の適正価格について
  • 失敗しない色選びのためのお役立ちコラム集
  • 座談会
  • 無料相談会実施中
  • LINE相談・お見積もり
  • 失敗しない!業者の選び方
  • どうする?雨漏り対策
  • 別荘の外壁塗装
  • 遮熱塗料について
  • 屋根塗装のあれこれ
  • 外壁塗装用語集
  • 採用情報
ページ
トップへ

お問い合わせ