施工事例

サビた下屋根と付帯部分を塗装でリフォームしたS様邸(東京都多摩市)

仕上がりは外壁の状況や施工内容により異なりますので、お気軽にご相談ください。

はじめに

今回紹介するのは、屋根塗装と付帯部分塗装をご依頼いただいたS様邸の施工事例です

S様邸はここ数十年の間に1回も外壁・屋根塗装を行わなかったとのことで、住宅はかなり劣化していました。
とくに劣化していたのは金属部分。サビが広がり、塗膜の耐久性は完全になくなっている状態です。

今回の施工事例は、サビ止め処理を多数実施しています。金属の屋根を採用している方はぜひ参考にしてみてください。

Before

こちらが屋根塗装施工前のS様邸です。
足場の下に赤茶色の下屋根が確認できますが、この赤茶色は主にサビによるもの。屋根に限らず、住宅全体の金属部分にかなりのサビが広がっていて、施工前点検時には塗膜が劣化していることが確認できました。

After

こちらが屋根塗装施工後のS様邸です。

あんなにサビていた下屋根 (げやね/窓や軒先に付けられ、室内への直射日光を防ぐ役割があります。)の部分が、スタイリッシュで現代風なグレーに生まれ変わっていますね。

塗膜が新しくなったことで耐久性は向上し、新しいグレーの塗膜が寿命を迎えるまでは再塗装の必要もありません。

施工手順

足場設置

塗装の前の準備段階として、まずは足場を設置します。

屋根塗装を実施する際、職人と住人の安全確保のために足場は必要不可欠です。足場がないと職人がバランスを崩して道具を落とし、住人にケガをさせてしまう危険性があります。

住宅を囲むように足場を設置したら、飛散防止のメッシュシートを張り巡らせます。このメッシュシートが、施工中の粉塵や塗料の飛散を防いでくれるのです。

なお、人が出入りする玄関部分にはメッシュシートを張らず、住人の生活動線はきちんと確保します。

高圧洗浄

足場を組み終えたら、専用の高圧洗浄機を使って表面の汚れとサビ、そして古い塗膜を洗い流していきます。ブラシでゴシゴシこするのは手間がかかり傷がつく心配もありますが、高圧洗浄機を使えば業務が効率化できる上、表面も傷つかないので一石二鳥です。

足場設置の際に張り巡らせたメッシュシートは、高圧洗浄の水しぶきの飛散防止にも一役買っています。

今回の工事では雨戸や戸袋も塗装するので、こちらも同じ高圧洗浄機で汚れを落とします。

洗浄する箇所を変えるときは威力も調節し、部材を傷めないように配慮しています。

下塗り

高圧洗浄を終えたら、いよいよ本題の塗装工程に入ります。S様邸の下屋根は金属でできていたので、下塗りとしてサビ止め塗料を塗りました。

金属部分は、サビ止め塗料を塗らずに上塗り塗装をすると、すぐにサビてしまいます。また、すでに発生している表面のサビが残ったまま上塗り塗装をすると、塗膜の内側でサビが進み続けるため、金属部分の塗装時にはさび落とし・サビ止めが必須です。

中塗り

サビ止め塗料が乾いたら、次は中塗りと呼ばれる2度目の塗装工程です(中塗りと上塗りを、「上塗り2回」と表現する場合もあります)。

画像は中塗りを終えた後のものですが、すでに塗装が仕上がっているかのように美しい印象です。しかし、これでもまだ完成ではありません。なぜなら、まだ塗膜は適正な厚みになっていないからです。

1度塗りでも見た目はよくなりますが、厚みが適正でなければ塗料本来の耐久性を発揮できません。そのため、1度塗りだけだと近い将来に浮き・剥がれなどのトラブルが発生します。そうならないように、いえふくでは必要な回数の重ね塗りを徹底しているのです。

なお、いえふくでは屋根塗装の際に中塗りと上塗りで2色の色を使い分けて対応するのが基本です。
ただし、今回は同じ塗料を2度塗りする方が塗膜がベストコンディションになると判断した、中塗りから仕上げと同じ色の塗料を塗っています。

中塗りと上塗りで色分けをすることには「塗装を終えた部分がわかりやすい」「業者が確実に手抜きをせず施工する」というメリットがあります。

一方、色分けをしないことによるメリットは、劣化により上塗りの塗膜が剥がれても、見た目がちぐはぐになりにくい点です。
色分けをすると、上塗りの塗膜が剥がれた時に隠れていた別の色が現れてしまいますが、色分けをしないことでそのようなことを防ぐことができます。

色分けにも同じ色の重ね塗りにも、どちらにも対応できる技術力を備えていることがいえふくの自慢です。

上塗り

中塗りを十分に乾かしたら、上塗りを行って屋根塗装は完成です。

上の画像を見ると、中塗り完了後よりもツヤ感が増していることが確認できます。太陽の光を反射して輝いている様子は、まるで新築住宅のようです。

屋根塗装をすると屋根の防水性を高められるだけではなく、 見た目が一新され日常生活の気分転換にもなります。

仕上がり

別の下屋根も全て塗装が完了しました。S様邸では下屋根は全て同じグレーで統一しましたが、施主様のご希望があれば屋根ごとに色を変えることも可能です。

たとえば、1階部分と2階部分で屋根の色を変えれば、ツートンカラーでおしゃれな印象に仕上がります。

また、塗料は色だけではなく性能で選ぶこともできます。たとえば断熱性能を持った塗料を使って屋根塗装をすれば、住宅の断熱性が向上し冷暖房のコストを抑えることにも繋がるのです。

屋根塗装1つの工事でも、住宅に対して様々な効果をもたらすことが可能です。

付帯部分塗装

今回のS様邸の施工では、付帯部分の塗装も一括しておまかせいただきました。上の画像は軒天と呼ばれる部分を塗装する前の様子です。

高圧洗浄を終えているのでそれほど汚れてはいませんが、洗浄前はホコリやクモの巣でかなり古びた印象になっていました。

こちらが軒天の塗装後の様子です。影になっているのでわかりにくいですが、一点の曇りもないホワイトカラーで仕上げているので、清潔感にあふれていますね。

軒天はお客さんが来た時に目につきやすい部分。軒天1つが汚れているだけで住宅の印象はまるで違ってくるため、こまめに塗装をしてきれいな状態を維持することが大切です。

S様邸においてとくに劣化の激しかった部分がこちら。トタンでできた霧避けです。

パッと見ただけでサビが進行していることが確認でき、このまま放置すると腐食がさらに進行して最悪穴があいてしまうかもしれません。なんとかここまで持ちこたえてくれた塗膜にねぎらいの心を持ち、塗装によりきれいに変身させていきます。

下屋根と同じように、まずは霧避けにサビ止め塗料を塗ります。

同じサビ止め塗料であっても、塗装する部分の材質によって塗料を変えることもあります。

しかし、ほとんどのサビ止め塗料は画像のように赤茶色の色をしているので、塗料の種類を変えてもサビ止め後の見た目は似てしまうのです。

サビ止めが乾いたら、施主様が希望された塗料を使って塗装を行います。S様は霧避けなどの付帯部分をブラウンカラーで統一するように希望されました。
以前のように古びた印象は全くなく、落ち着いた大人な雰囲気に仕上がっています。

今回の施工では雨戸 の塗装も実施しました。S様邸の雨戸は金属であったため、霧避けと同じくサビ止め処理を行った上でブラウンカラーの塗装をし、統一感を持たせています。

雨戸を塗装する時のポイントは、一度外してから作業を実施することです。雨戸を外すことで、レールに隠れている部分など隅々まで塗装をすることができます。

まとめ

いかがでしたか? 今回はS様邸の屋根と付帯部分の塗装を実施する様子を紹介しました。

S様邸では金属部分にサビが多く発生していました。今回塗装をしていなかったら、劣化がさらに進行していたことでしょう。金属でできた屋根などはきちんと塗装のメンテナンスをしないと、どんどんサビが広がり、屋根が雨風から住人を守ることができなくなってしまいます。

住宅に金属屋根を採用している方がいらっしゃいましたら、ぜひサビが発生する前にいえふくへご相談くださいませ。

点検・調査など無料で承ります。まずはお気軽にご相談ください。

まずはスタッフと直接お話したい方 フリーダイヤル

0120-900-971

受付時間:9時〜20時(土・日・祝日も営業中)

メールでお問い合わせをしたい方 24時間受付中

ご相談・お問い合わせフォームへ

1営業日以内に必ずご返信しています


  • 外壁塗装セルフ見積り
  • セルフ見積もり
  • 外壁塗装3Dカラーシミュレーション
  • お客様の声
  • 塗り替えブログ
  • 施工事例
  • よくある質問
  • 外壁塗装ガイド
  • 外壁塗装の適正価格について
  • 失敗しない色選びのためのお役立ちコラム集
  • 座談会
  • 無料相談会実施中
  • LINE相談・お見積もり
  • 失敗しない!業者の選び方
  • どうする?雨漏り対策
  • 別荘の外壁塗装
  • 遮熱塗料について
  • 屋根塗装のあれこれ
  • 外壁塗装用語集
  • 採用情報
ページ
トップへ

お問い合わせ