外壁塗装・屋根塗装のペンキ

通話無料 0800-8001630通話無料 電話をかける

お問い合わせお問い合わせ

早めの塗装で家の寿命を延ばす(東京都三鷹市)

仕上がりは外壁の状況や施工内容により異なりますので、お気軽にご相談ください。

はじめに

「備えあれば憂いなし」「転ばぬ先の杖(つえ)」といった格言や教訓のとおり、家の手入れは普段から早め早めの対応が大切です。
例えば、台風が来る直前や台風がやって来てから修理のために屋根に登り、強風にあおられて転落するという事故が後を絶ちません。家に限らず何事も「泥縄式」では、取り返しのつかない結果を招いてしまう場合があるのです。

その意味で、今回ご紹介するK様邸の外壁は、一見するとまだ塗り直さなくてもよさそうに思えるほど、よく手入れされていました。しかし、何事にも先見の明のあるK様は、少し早めの外壁塗装に着手されました。その事例をご紹介します。

  • 塗装前のK様邸の写真
    Before
    一見したところ、まだ大丈夫かなと思えるほどきれいでした。しかし、外壁本来の艶やかさはすでに失われていました。
  • 塗装後のK様邸の写真
    After
    完成後の美しい壁です。新築当時のような艶がよみがえりました。

工事は洗浄作業から

塗装前に、まず生地の汚れを全て落とさないと、きれいな仕上がりにはなりません。
例えば靴磨きのとき、ブラシやウェスで靴についた泥やほこりを落とすだけで、仕上げの靴クリームを塗るのは好ましくありません。まず、汚れ落とし専用のクリームで、靴の汚れを完全に拭ってから磨くのが正しい方法です。そうすれば、磨き上げたときの光沢が違い、革も長持ちします。

家の外壁も同じです。K様邸の場合、比較的新しいお住まいで、青カビや窓枠下の黒ずみ、油汚れなどは見られませんでした。しかし、小さく見えづらいほこりやごみ、古くなった塗膜などがこびりついていたのです。
まずは、それらを高圧洗浄でしっかり除去しました。

仕上がりの写真

高い水圧で噴射される洗浄水により、でこぼこしたサイディング壁の隠れた汚れも、まんべんなく落としていきます。

養生作業とコーキング

つづいて、塗装しない箇所にペイントの汚れが付着しないために、ドアや窓、下屋(一階屋根)やバルコニーデッキに養生作業が必要です。
養生とは、塗装しない部分が汚れるのを防ぐために、半透明で薄いビニールや縁取りテープを貼ったり、紙製のカバーで覆ったりする作業のことです。塗料を塗ったりコンクリートを打った後に、それが乾いたり固まるまでの必要な期間は、養生期間という場合もあります。
養生は大変手間のかかる細かい仕事ですが、ないがしろにはできません。その出来具合が、プロとアマチュアを見分ける基準といっても過言ではありません。

コーキングプライマー塗布の写真

壁の隙間にコーキングを施す前に、きれいにコーキングできるようサイディングのつなぎ目に養生テープを貼ります。また、コーキングが付着しやすくなるよう、コーキングプライマーを壁の隙間に塗布します。

コーキングプライマー充填の写真

コーキングがきれいに充填されました。これにより、雨が浸入する心配はなくなります。

外壁下塗り準備の写真

玄関が半透明のビニールで覆われています。これがペンキの汚れを防ぐ養生です。

3度塗りの最初は「下塗り」

養生が終わったら、シーラーと呼ばれる塗料での「下塗り」に移ります。下塗りとは、塗装面の生地を整えて、下塗り以降の中塗り、上塗りで使う塗料が外壁に乗りやすくすると同時に、落ちにくくするための作業です。
中塗り以降のペイントを陰で支える「縁の下の力持ち」のような役目を果たします。これが1回目の塗装となります。

外壁下塗り施工中の写真シーラーによる下塗り中

外壁下塗り施工後の写真シーラーによる下塗り終了

軒裏の写真軒裏なども塗ります

2回目は仕上げ塗装の「中塗り」

下塗りが終わると、次はペンキによる「中塗り」となります。中塗りは仕上げ塗装に該当しますが、直後にもう一度ペイントを行うこと(上塗り)により、外壁塗装の効果がさらに高まります。つまり、外壁を三層に塗るわけです。

外壁中塗施工中の写真

中塗りの施工中です。ローラーはけにより、まんべんなく丁寧に塗られていきます。

外壁中塗施工後の写真

中塗りが出来上がりました。壁がだいぶ艶やかになりました。

仕上げの3回目は「上塗り」

中塗りが終わり、いよいよ仕上げの「上塗り」です。これで、外壁の塗膜は三層となります。

外壁上塗施工中の写真上塗りの施工中

軒裏上塗りの写真軒裏も上塗り

外壁上塗施工後の写真

上塗りが終わりました。これで壁の塗装は終了です。

雨戸やトイの塗装も大切です

壁の塗装が終了したら、雨戸やトイ、屋根の破風などにも塗装を施します。これらは、外壁とは塗料の種類も色も違うため、外壁塗装の間では養生シートで隠されていました。

その養生を外して、雨戸やトイなどを塗装していきます。外壁に比べて雨戸やトイは、面積が小さく目立たない箇所です。しかし、それらを汚れたままにしていると、せっかくの外壁塗装も台無しになってしまいます。
例えば、新調のスーツを着ているのにワイシャツや靴が薄汚れていたら、かえって格好悪く見えてしまうようなものです。
つまり、壁のおしゃれも微細な点まで整えてこそ「完璧」になるのです。

雨トイ塗装施工中の写真雨トイも1本1本、塗装

雨戸、戸袋塗装施工後の写真雨戸と戸袋も塗装

まとめ

こうして全ての塗装が完了しました。
ペイントの塗り重ねはとても大切です。人は家によって守られていますが、家は屋根や外壁によって守られています。その外壁を守っているのが、こうした3回塗りによる塗膜なのです。

今回ご紹介した各工程の写真は、毎日早朝に出勤され、帰宅が深夜に及ぶ多忙なK様にお見せすることで、十分にご納得いただくと同時に、とても喜んでいただけました。施工業者にとっても、うれしい結果となりました。

このように、各工程の写真を撮り続けることは良心的な工事の証拠となり、お客様と業者の双方にとって確かで安心な記録となるのです。
なによりも、早めの外壁塗装に踏み切られたK様、なさることが完璧です。


  • LINEでお見積り
  • クレジット決済がご利用頂けます。

点検・調査・お見積もりは無料です!お気軽にお問い合わせ下さい。点検・調査・お見積もりは無料です!お気軽にお問い合わせ下さい。

  • 0800-8001630 ここを押すと電話がかかります。
  • 0800-8001630
  • メールで見積を申し込む

対応エリア対応エリア

  • 東京
  • 埼玉
  • 千葉
  • 神奈川
  • 茨城南部
  • 栃木南部
  • 群馬南部

  • 宮城
  • 愛知
  • 大阪

他地域はご相談下さい!