施工事例

汚れや色あせの目立つ家が明るい印象の住まいに変身(神奈川県三浦市)

仕上がりは外壁の状況や施工内容により異なりますので、お気軽にご相談ください。

はじめに

外壁の汚れや色あせは、家の印象を悪くする原因になるだけではありません。耐汚染性をはじめとした塗膜の機能が損なわれている兆候でもあるため、できるだけ早めに対応する必要があります。

見た目だけの問題と考えて汚れを放置し続けていると住宅の防水性が失われ、シロアリの発生など住宅内部にまでトラブルを招く結果になりかねません。

今回ご依頼いただいたM様邸は、全体的な色あせや部分汚れなど、多くの問題が外壁に見受けられました。外観をきれいに生まれ変わらせると同時に、損なわれていた機能性も再び発揮できるようにした施工事例です。

外壁の汚れが気になっている方にとって参考になることでしょう。

Before

こちらが、外壁塗装を行う前のM様邸の様子です。
遠目からでもわかる汚れがある上、全体的に色あせており、築年数が長いことを感じさせるたたずまいです。

雨どいや鼻隠しなどの付帯部分も細かい汚れが蓄積しているため、くすんだ印象のある外観です。
幸い大きなひび割れは見受けられませんが、サイディングボードの劣化によるひび割れなど、いつ問題が起きてもおかしくない外壁の状態となっています。

After

こちらが、外壁塗装施工後のM様邸です。目立っていた汚れが気にならなくなり、明るい印象に生まれ変わりました。

付帯部分もはっきりとした白色が美しく、よいアクセントになっています。
工事前の写真と比べてみると違いは一目瞭然です。

施工手順

足場設置

作業の安全性を高めるために、足場の設置は重要な工程です。
今回のM様邸のように、高所での作業が必要となる場合、落下事故などを防ぐために足場は必須です。安定した足場を確保することで作業もしやすくなるため、工事の効率や品質の面にも影響を与える工程です。

M様邸は近隣の住宅との間に十分な距離があったので、難なく足場を組むことができました。家全体を囲むようにメッシュシートを足場へかけ、作業中に塗料が周囲に飛び散ることを予防しています。

高圧洗浄

高圧洗浄機を用いて外壁の汚れやカビなどを落としていく作業も、外壁塗装の準備段階として大切な工程です。

外壁に汚れが残った状態で塗装作業を進めていくと、塗料が密着しにくくなり、本来持っている塗料の機能を発揮できなくなってしまいます。
塗装後すぐに塗膜が剥がれてくる事態を避けるためにも、入念な高圧洗浄を心がけています。

汚れを落とす必要はありますが、強すぎる水圧で洗浄を続けると大切な家を傷つけてしまう場合があります。

外壁そのものにダメージを与えてしまっては意味がありません。洗浄する場所の状態を確認しながら適切な水圧に調整し、作業を行うことも大事です。

養生作業

塗装作業に入る前に行うのが、シートやテープで塗装しない部分を保護する養生作業です。
ガラスサッシや玄関のドアなど、塗料が飛び散っては困る部分を正確に保護していきます。

養生作業には、塗装する部分と塗装しない部分の境界を作るので、「すでに塗装工事は始まっている」という認識のうえ、ていねいに作業します。

上の画像のように、ベランダや室外機も汚さないよう養生を行います。

コ-キング

コーキングが劣化していた場合、外壁の耐久性に問題が出てきます。もし、コーキングにひび割れが見られるなどの問題点があれば、塗装を行う前に補修を行わなければなりません。

しかし、今回のM様邸では劣化が進んでいる様子はなかったため、耐久性に問題はないと判断し、コーキングの補修は行いませんでした。

下塗り

養生作業が完了した後、いよいよ外壁を塗装する作業に入ります。
外壁塗装は、1回だけの作業で終わることはありません。最低でも3回の塗装作業を行うことになります。

塗装作業の中で一番はじめに行うのが、下塗りです。
下塗り塗料の持つ主な役割は、“外壁と上塗り塗料の密着性を高めること” です。

下塗りを適切に行うことは、塗膜を長持ちさせることにもつながります。そのため、気を抜かずていねいに作業を進めていきます。

下塗り塗料はどんな製品でもいいわけではありません。シーラーやプライマーなど複数の種類があり、外壁の状態に応じて適切なものを選択する必要があります。

また、上塗り塗料ごとに下塗り塗料が指定されているため、どんな上塗り塗料を使うかも考慮しなければなりません。施主様の希望をきちんと確認した上で、適した下塗り塗料を選んでいます。

中塗り

下塗り塗料が乾いたことを確認できたら、塗装作業の2つ目の工程である中塗りを始めます。
中塗りと次の工程の上塗りは、基本的には同じ作業です。塗料を塗り重ねて塗膜を厚くすることで、本来の機能性が発揮できるようになります。

中塗りと上塗りでは、同じ色の塗料を使って塗装していきます。同じ色を2回に分けて重ね塗りすることで、塗膜は完全な状態になるのです。なお、使用する塗料ごとに重ね塗りの回数は指定されています。私たちは、メーカーが指定した適正な重ね塗り回数を厳守して施工しています。

上塗り

外壁を塗装する最後の工程が上塗りです。
ローラーを用いて塗料を塗っていく点は中塗りと同じですが、最終的な仕上がりに直結する工程なので、とくに気を遣っています。

塗り残しや塗りムラがあると美観が損なわれ、せっかくの外壁塗装自体が台無しになってしまうため、最後まで気を抜かずに作業を進めていくことが大切です。

仕上がり

上塗りが完了した後の外壁の様子です。
目立っていた汚れは一つもなく、きれいな仕上がりとなっています。

塗装前の色あせた印象もまったく感じられず、新築に近い出来栄えです。

付帯部分の塗装

外壁塗装で塗装をするべきなのは、外壁だけではありません。軒天や雨どい、配管などの付帯部分の塗装も全体の見た目の印象に大きく影響します。

付帯部分のせいで外観の印象が悪くならないよう、1ヶ所ずつ心を込めて塗装を行っていきます。
M様邸の付帯部分はもともと白い塗装が多かったため、その特徴を活かして白色系の塗料で塗り変えます。はっきりとした白色を採用することで、より明るい印象を与えられるようにしています。

必要な部分についてはサビ止めの処置も施しており、効果が持続する5年程度は劣化を心配する必要がありません。

まとめ

汚れや色あせが目立っていたM様邸でしたが、外壁の塗り替えを行ったことで新築物件と見間違うようなきれいな家へと生まれ変わりました。
全体的なカラーリングを大幅に変更したわけではありませんが、塗り替えることで明るい印象になりました。

付帯部分をはっきりとした色で塗装することで、メリハリのある外観になっています。
外壁塗装により住宅の防水性は向上しているので、塗膜の機能性も工事前とは大違いです。新築の頃のような雰囲気を取り戻した住まいにM様もたいへん満足のご様子でした。

こちらの記事をお読みになった方の中に、住宅の黒ずみでお困りの方がいらっしゃいましたら、お気軽にペンキ王へご相談くださいませ。

点検・調査など無料で承ります。まずはお気軽にご相談ください。

まずはスタッフと直接お話したい方 フリーダイヤル

0120-900-971

受付時間:9時〜18時(土・日・祝日も営業中)

メールでお問い合わせをしたい方 24時間受付中

ご相談・お問い合わせフォームへ

1営業日以内に必ずご返信しています


  • 外壁塗装オンライン見積り
  • 外壁塗装3Dカラーシミュレーション
  • 年内完工するにはいつまでに外壁塗装をしたらいいの?
  • お客様の声
  • 塗り替えブログ
  • 施工事例
  • よくある質問
  • 外壁塗装ガイド
  • 外壁塗装の適正価格について
  • 失敗しない色選びのためのお役立ちコラム集
  • 座談会
  • 無料相談会実施中
  • LINE相談・お見積もり
  • 塗装職人募集
  • 失敗しない!業者の選び方
  • どうする?雨漏り対策
  • 別荘の外壁塗装
  • 遮熱塗料について
  • 屋根塗装のあれこれ
  • 外壁塗装用語集

オンライン見積り

スマホサイト
に切り替え