外壁塗装・屋根塗装のペンキ

通話無料 0800-8001630通話無料 電話をかける

お問い合わせお問い合わせ

補修と塗装で耐久性UP(東京都青梅市)

仕上がりは外壁の状況や施工内容により異なりますので、お気軽にご相談ください。

住宅の美観を高める外壁塗装

紫外線や風雨にさらされる住宅の外壁には、ほこりやしつこい汚れが付着し、普段の掃除ではなかなか取り除くことができません。また、風雨は外壁の鉄部にサビをもたらし、あちらこちらに塗膜の剥がれを発生させます。

外壁塗装による定期的なメンテナンスは、住宅の美観を高めるとともに外壁の耐久性も高めるのです。

今回ご依頼いただいたN様邸は、白い外観がうっすらと汚れているように見え、住宅全体の汚れが目立つ状態でした。また、壁に老朽化によるひび割れも発生していました。

そこで、外壁の塗り直しに加えてひび割れ補修も行い、鉄部にサビにくい塗料を塗布しました。サビにくい塗料を使用することで、見た目がよくなるだけではなく、鉄部の防水性や耐久性を高められます。
サビを防いで、外壁や住宅自体の老朽化を抑えることができました。

それでは、見違えるように生まれ変わったT様邸の施工事例を見ていきましょう。

Before

外壁やバルコニー、雨戸など、あらゆる場所に汚れが目立ちます。鉄部のサビ汚れもあり、色がくすんで見えます。外壁には所々に亀裂が入っていてひび割れが発生しています。

風雨にさらされたために、濡(ぬ)れ縁の塗装剥がれが目立ちます。窓や雨戸のサビは、ご自身ではなかなか取り除けないと、N様は悩んでいらっしゃいました。

After

外壁全体を塗りなおし、雨どいをきれいにしました。全体的に色味もはっきりとして、まるで新築のような美観に戻りました。
雨戸をはじめとする鉄部分は新しく塗りなおされ、光沢が出たことで重厚感が生まれています。

施工手順

生まれ変わって新築ように見える外観は、単に外壁に塗料を塗っただけでは生まれません。どのようにしてN様邸が生まれ変わることができたのか、詳しく手順を見ていきましょう。

足場設置

足場は細かい作業をしていくうえで重要な役割を担います。足場があることで、高い場所への行き来が容易になり、物資の受け渡しなどの作業がスムーズになるのです。
また、足場の周りを養生シートで覆うことで、塗料や汚れの飛び散りを防ぎ、周りの木々や隣近所への配慮にもなります。

下地調整

足場設置の次は、下地調整を行います。
下地調整では、塗装前の外壁についたほこりや汚れ、長年にわたって繁殖したコケ、剥がれかかっている古い塗膜を落とします。

外壁洗浄前

業者用の高圧洗浄機を利用して外壁を洗浄します。洗浄で、どれほど汚れが落ちるのか比較してみましょう。
まずは洗浄前の写真です。外壁には汚れが付着して、色がくすんでいます。

外壁洗浄中

高圧洗浄で、壁だけでなく、雨樋や細かなへこみ部分などの汚れも丁寧に落とします。高圧洗浄できれいになればなるほど、塗装の仕上がりが良くなるのです。

外壁洗浄後

サイディングの凹凸に付いた汚れも、高圧洗浄できれいに落としました。洗浄するだけでも、色が変わって見えるほどきれいになります。
下地調整は、その後の塗装作業の仕上がりをよくするために必要です。

補修

今回の外壁塗装では、洗浄後にひび割れなどの劣化がいくつか見られました。そのため、外壁塗装の前に、外壁の補修を行いました。

ひび割れがはっきりとわかります。ひび割れが広がると、さらに大きな外壁の劣化につながっていくので、丁寧に補修していきます。

ひび割れの補修が完了しました。割れた部分を埋め込み、強化しています。

下塗り

いよいよ外壁塗装に入ります。外壁塗装は3つのステップで行います。最初に行うのが下塗りです。
下塗りは、その後に控える中塗り、上塗りの仕上がりを左右する重要なステップです。下塗りで外壁の不要な凸凹をなくし、滑らかな表面を作り上げます。

下塗りが終わった外壁です。荒い面がなくなりました。これによって、次の中塗りで使う塗料が外壁に密着しやすくなります。

中塗り

中塗りの作業に入ります。中塗りでは、塗料をしっかりとつけて壁全体をしっかりと塗っていきます。
中塗りの作業でムラなく塗装を行うことで、上塗りの仕上がりに光沢が生まれます。そのため、中塗りではムラをつくらず塗っていく技術が求められるのです。

上塗り

最後に行うのが仕上げの上塗りです。上塗りでは、色を重ねて落ちつかせるだけなく、汚れにくく耐久性のある塗料を使用して、メンテナンスしやすいようにします。
下塗り、中塗りで手を抜かずに作業を行ったため、美しく満足のいく仕上がりになりました。

最細かい部分の施工も行います。軒天や破風板も汚れが目立つので塗装します。

角までしっかり塗装し、真っ白な軒天に生まれ変わりました。軒天や破風板は、細かい凸凹まできれいに塗装することで、耐久性が高まります。

軒樋

軒樋に劣化が見られたため、全体を交換しました。

軒樋と取り付けた後の様子です。樋としての機能も復活しました。

出窓上端

出窓の上端部は、劣化がわかりにくい部分です。足場に上って確認してみると、鉄部にサビも見られ、劣化が激しいことがわかりました。

まずは全体のサビを取り、サビ止めを塗りました。丁寧な作業は劣化を遅らせてくれますので、きちんと細部にわたってサビ止め処理を行っています。

サビ止めを塗った後、仕上げ塗装をします。窓枠と同様に深い茶色の色合いは、光沢のある塗料を使用したため、新品の窓枠をつけたような美観になりました。

濡(ぬ)れ縁

雨風によってすっかり風貌が変わった濡れ縁は木部なので、カビなどが付着し腐食していました。

木部の表面を削り平らにした後に、防水効果のある塗料を塗っています。色合いは、他の鉄部や木部と合わせているので、違和感なく、新しい濡れ縁が出来上がりました。

まとめ

今回は、外壁塗装に加え、鉄部のサビ取りとサビ止めを含めた塗装、木部のカビ取りと塗装、外壁のひび割れ補修を行いました。樋も新しく付け替えたので、機能はもちろん、住宅全体に見られた老朽化の印象が一転し、新築のような美観に生まれ変わりました。

日々の掃除ではなかなか対応できない部分も、業者に定期的なメンテナンスを依頼することで対処できます。
外壁の汚れや老朽化にお困りの方は、外壁塗装を一度検討されてはいかがでしょうか。


  • LINEでお見積り
  • クレジット決済がご利用頂けます。

点検・調査・お見積もりは無料です!お気軽にお問い合わせ下さい。点検・調査・お見積もりは無料です!お気軽にお問い合わせ下さい。

  • 0800-8001630 ここを押すと電話がかかります。
  • 0800-8001630
  • メールで見積を申し込む

対応エリア対応エリア

  • 東京
  • 埼玉
  • 千葉
  • 神奈川
  • 茨城南部
  • 栃木南部
  • 群馬南部

  • 宮城
  • 愛知
  • 大阪

他地域はご相談下さい!