施工事例

外壁の汚れを一掃して付帯部分も塗り替えて新築同然に仕上ったイエロー外壁への塗り替え!(神奈川県大磯町)

仕上がりは外壁の状況や施工内容により異なりますので、お気軽にご相談ください。

はじめに

外壁の汚れやカビは、家の美観を損なうだけではありません。放置すると外壁の塗膜の劣化が進行し、壁の内部に雨水が浸入する場合もあります。

外壁塗装にとっても汚れはジャマで、汚れやカビの除去が不十分では塗膜の早期剥がれにつながるので、塗装前の清掃が重要です。

今回ご紹介するI様は、外壁の汚れが見過ごせないレベルになってきたために、外壁塗装を決断されました。淡い色の外壁や付帯部分は汚れが目立ち、実際の築年数以上に古びて見えることもお悩みでした。

塗装前の汚れ落としを完璧に行い、フレッシュに生まれ変わったI様邸の様子をご覧ください。

Before

のどかな田園地帯に建つ、外壁塗装前のI様邸です。
ベージュのモルタル仕上げの外壁を、レンガタイルと濃色の屋根が引き締めています。

近寄ってみると、モルタル外壁がホコリとカビ、コケで黒く汚れていることがわかります。

軒天井もカビでくすみ、暗い印象です。

サッシや雨樋、水切りを清潔感のある白でまとめているI様邸ですが、白は汚れが目立つ色。実際以上に家を古びて見せています。白いベランダの手すりや笠木も、カビや汚れが目立っていました。

After

塗装が完了したI様邸です。明るいイエローのモルタル外壁がレンガタイルとよく調和しています。

軒天井も白く塗り替えました。見た目の清潔感が増しただけでなく、「窓からの光も明るくなった」とI様は喜んでいらっしゃいます。

雨樋や幕板、手すりや笠木も塗装し直し、新築当時の白さを取り戻しました。

施工手順

足場・飛散防止シートの設置

外壁塗装を行う前の準備は、塗装を安全に、トラブルなく行うための重要な工程です。

いえふくの外壁塗装は、まずしっかりとした足場を組むことから始まります。外壁塗装は高所での作業となるため、安全な足場の設置が必須です。職人の安全を守るとともに、作業に集中できるようにぐらつかず、しっかりと安定した足場を組みます。

足場を組んだら、周囲に飛散防止シートを張ります。

高圧洗浄

外壁の高圧洗浄を行っています。

外壁の汚れが残ったまま上から塗装をすると、早期剥がれや色ムラなどのトラブルの原因となります。外壁を傷めないよう水圧を調節しながら、汚れや劣化した塗膜を除去していきます。

養生作業

塗装しない部分は、塗料で汚れないようにビニールシートやマスキングテープで養生を行います。
養生が不十分だと、思わぬところを汚したり、塗装の際が歪んで仕上がりが損なわれたりします。手早く、ていねいに養生作業を行います。

下塗り

養生が終わったら、いよいよ塗装作業に入ります。
外壁の塗装は、「下塗り-中塗り-上塗り」の3回塗りが原則です。下塗りは最初の塗装として、重要な役割を果たしています。

  • 下地に塗料を染み込ませ、後の中塗り・上塗りで塗料が下地に吸い込まれて塗りムラになるのを防ぐ
  • 下地の細かなヒビを埋める

モルタル外壁には、ヒビが入りやすい特性があります。ヘアークラックと呼ばれるごく微細なヒビは、下塗りでの補修が可能です。

I様邸のモルタル外壁は汚れは目立っていたものの、大きなヒビは見当たりませんでした。モルタル外壁に適した下塗り塗料を用いて下塗りし、下地を補修しました。

中塗り

下塗りの後は、中塗りです。
使用する塗料によって、中塗り専用の塗料を使用する場合と、仕上げ用の塗料を中塗り-上塗りの2回使用する場合があります。いずれの場合も塗料メーカーが規定する塗料と使用量を守って塗装することが重要です。

塗り残しを防ぐために中塗りと上塗りの色を変えることもありますが、淡色で仕上げるI様邸では上塗りと同じ色で中塗りを行いました。

上塗り

いよいよ最後の仕上げ、上塗りです。

塗膜の厚みが増し、塗料の発色とツヤが際立っています。心をこめて、ていねいに仕上げます。

付帯部分の塗装

面積は少ないながら、付帯部分の塗装も外壁同様に重要な工程です。外壁そのものの塗装がうまく行っても、付帯部分の塗装が雑では仕上がりの美しさが損なわれてしまいます。

I様邸の雨樋や鼻隠し、水切りを塗装している様子です。汚れや色あせが目立っていた付帯部分が、新築当時と同じ白さによみがえりました。

仕上がり

足場ごしでも外壁の美しさがよく分かる、塗装後のI様邸です。
フレッシュなクリーム色と、付帯部分の白が爽やかなコントラストを生んでいます。

霧除けも真っ白に塗り替えられ、清潔感があります。ていねいに養生を行っているので、塗りぎわが歪まずまっすぐに塗れている点も、仕上がりのレベルを上げています。
「まるで新築みたいですね!」と、I様にも大変喜んでいただけました。

まとめ

外壁塗装に最適な時期は、立地条件や外壁の材質・色などによって1軒ごとに異なります。特に淡い色の外壁は汚れや劣化が目立つもの。住まいの外観を美しく保ちたいなら、早めの塗り替えを検討することをおすすめします。

どんな色の外壁でも、汚れや色あせは塗り替えのサインのひとつです。信頼できる塗装会社に調査を依頼し、早めの塗装を検討してください。

いえふくは、家の状態に応じて最適な方法の塗り替えをご提案しています。
外壁塗装を検討されているお客様は、どうぞお気軽にご相談ください。

点検・調査など無料で承ります。まずはお気軽にご相談ください。

まずはスタッフと直接お話したい方 フリーダイヤル

0120-900-971

受付時間:9時〜20時(土・日・祝日も営業中)

メールでお問い合わせをしたい方 24時間受付中

ご相談・お問い合わせフォームへ

1営業日以内に必ずご返信しています


  • よくある質問
  • 外壁塗装ガイド
  • 外壁塗装の適正価格について
  • 失敗しない色選びのためのお役立ちコラム集
  • 座談会
  • 無料相談会実施中
  • LINE相談・お見積もり
  • 失敗しない!業者の選び方
  • どうする?雨漏り対策
  • 別荘の外壁塗装
  • 遮熱塗料について
  • 屋根塗装のあれこれ
  • 外壁塗装用語集
  • 採用情報
ページ
トップへ

お問い合わせ