施工事例

既存デザインを活かしたクリア外壁塗装!若返ったように美しく!(神奈川県三浦市)

仕上がりは外壁の状況や施工内容により異なりますので、お気軽にご相談ください。

はじめに

ペンキ王にご依頼いただくほとんどの方は、外壁に不具合が起きてから外壁塗装をします。
外壁の色あせ、壁を触ったときに白い粉が付く「チョーキング」、クラックといわれるひび割れなどが、塗装のタイミングの目安です。 今回ご依頼いただいたY様邸は、新築してからまだ10年経っていません。
しかし、いつまでも長くきれいな状態で住み続けたいと強く願うY様は、かなり早めのタイミングで外壁塗装を決断されました。 事前に「現在の外壁の色やデザインをそのまま生かしたい」とY様のご希望を聴き、ペンキ王は「クリア塗装」を提案しました。
無色透明な塗料を塗装する「クリア塗装」はどのような住まいでもできるわけではありません。 クリア塗装をするためにはどのような条件が必要なのか、通常の塗装と比較しながら、今回の施工事例を詳しくみていきましょう。

Before

ツートンカラーが美しく、スタイリッシュなデザインのY様邸です。
築10年経っていないため、外壁に劣化はほとんど見られません。
しかし、凹凸のあるデザインは、日が当たりづらい場所や雨水がたまりやすい場所ができるため、汚れが付きやすい特徴があります。
Y様邸の2階や3階にあるベランダの凹み部分には、外壁に黒い汚れが付着していました。

1階部分の写真です。
外壁にひび割れなどのひどい劣化は見られませんが、直射日光が当たる部分は色あせはじめています。

After

家のすみずみまで洗浄したことで、家がワントーン明るくなったように見えます。
クリア塗装によりツヤが出たことで、新築時の美しさが戻りました。

色あせていた外壁でしたが、塗装により光沢が生まれました。
外壁の保護機能も高まり、家全体の耐久性が高められました。

施工手順

足場設置

まずは、家の形に沿って、足場を組みます。
細部まで丁寧に塗装するためには、職人の足場を安定させることが必要です。
安全でより効率的に作業するためにも、外壁塗装には足場の設置が欠かせません。 組んだ足場には、洗浄水や塗料の飛散を防ぐ役割のある「飛散防止シート」を設置します。
シートの継ぎ目を隙間なく張るのがポイントです。

高圧洗浄

Y様邸の外壁は、凹凸のあるデザインでスタイリッシュな雰囲気が漂いますが、日が当たりづらい場所ができてしまいます。
直射日光が当たりづらい場所は湿気がこもりやすいため、藻が付着していました。 汚れが付いたままの外壁に塗装しても、塗料のノリが悪く塗装後すぐに剥がれる原因となります。
高圧洗浄機を使って、外壁に付いた汚れを丁寧に落とします。

養生作業

熟練の職人でも、塗装時は塗料が飛び散ったり垂れたりするものです。
塗装前に「養生」という、塗料を付けたくない箇所をビニールやテープで保護する作業を行います。 サッシや玄関ドアなど塗装する場所としない場所の境目の養生は、仕上がりを左右する特に重要な工程です。
まっすぐに養生できるように、慎重に作業を進めます。
植木や車なども養生します。

コ-キング

サイディング外壁のY様邸には、ボードとボードの継ぎ目にコーキングが施されています。
紫外線や外気の温度変化により、コーキングはひび割れたり収縮したりして劣化が起こるため、定期的な補修が必要です。 まずは古いコーキング剤を剥がし、新しいコーキング剤が密着するようにプライマーと呼ばれる下地材を塗布します。

次に新しいコーキング材をガンで注入します。
空気が入らないように注意しながら、ヘラで均一にならし、養生テープを剥がしてコーキング補修の完了です。

まっすぐな養生と丁寧な補修作業により、美しくコーキングを打ち替えることができました。

早めのタイミングで補修したY様邸のコーキングには、劣化が起きていない箇所も多くありました。
しかし油断は禁物です。このような場所も補修をしておかないと、次回の補修時期まで間が空いてしまいます。 劣化していない箇所も耐久性を高めるために、「増し打ち」を行います。
「増し打ち」とは、古いコーキングの上から新たにコーキングを注入する補修方法です。
古いコーキング剤を撤去する必要がないため、施工時間が短くコストを抑えられます。
ただし、コーキングに劣化がある場合は増し打ちできません。
早めのタイミングでメンテナンスをしたY様邸だからこそできる、補修方法なのです。

下塗り

いよいよ塗装のスタートです。通常の塗装では、下塗り、中塗り、上塗りの順に3度に分けて塗装します。
今回ご依頼いただいたY様は、現在の外壁の風合いやカラーをとても気に入っており、新築時と同じ状態を希望されました。
そこで、ペンキ王は「クリア塗装」を提案しました。
「クリア塗装」は、無色透明な塗料を塗る塗装方法で、元の外壁の材質や色を生かしながら、ツヤを出したり保護機能を高めたりできる塗装です。 ただしクリア塗装は、外壁に劣化がほとんどない状態であることが条件です。
また、外壁材が光触媒やフッ素コーディングされている場合も、クリア塗装はできません。

築10年経っていないY様邸の外壁には、劣化がほとんどない状態でした。
クリア塗装は下塗りをせず、2度にわけて無色透明な塗料を塗っていきます。
まずは1回目のクリア塗装を行います。

中塗り

つづいて2度目のクリア塗装です。
ローラーを使いながら、すみずみまで丁寧に塗っていきます。

仕上がり

色あせていた外壁にはツヤが生まれ、手触りもツルツルとしています。
Y様邸の外壁のデザインや質感を生かしたまま、壁の耐久性を高めることができました。

軒もクリア塗装を行いました。
汚れが落ちて真っ白になった軒は、明るく輝いています。

付帯部分の塗装

足場を組んだタイミングに合わせて、付帯部分の塗装も一緒に行う方がおすすめです。
今後のメンテナンスのタイミングもそろいます。

霧除け

トタンでできた霧除けには、サビ汚れが付着していました。
まずは「ケレン」という、たわしのような工具で汚れを擦り落とす作業を行います。
わざと細かい傷を付けることで、これから塗る塗料のノリがよくなります。

塗装は3度に分けて行います。
はじめにサビ止め塗料を塗り、その後サビ止め入りの塗料を2度重ね塗りします。
丁寧な重ね塗りにより、耐水性に優れる霧除けが完成しました。

雨どい

色あせていた雨どいも白色に塗り直しました。
塗装により耐水性が上がるだけではなく、家の細部まできれいになることで、家全体が若返ったように美しくなります。

まとめ

今回は新築後10年経っていないY様邸の施工事例を紹介しました。
外壁にはほとんど劣化が起きていない状態でしたが、Y様のように早め早めのタイミングでメンテナンスすることで、家の寿命をより長く保つことができます。 Y様は新築時の外壁の風合いを気に入っていたため、ペンキ王では「クリア塗装」を提案しました。
クリア塗装できる条件は、外壁材の表面にコーティングがされていないことと、ほとんど劣化が起きていないことです。
クリア塗装を希望する場合は、外壁の劣化が起こる前に、早めに問い合わせることが重要です。 ペンキ王ではクリア塗装のご相談も承っています。
ご自宅がクリア塗装できるかどうか、知りたい方もどうぞお気軽にお問い合わせください。

点検・調査など無料で承ります。まずはお気軽にご相談ください。

まずはスタッフと直接お話したい方 フリーダイヤル

0120-900-971

受付時間:9時〜18時(土・日・祝日も営業中)

メールでお問い合わせをしたい方 24時間受付中

ご相談・お問い合わせフォームへ

1営業日以内に必ずご返信しています


  • 外壁塗装オンライン見積り
  • 外壁塗装3Dカラーシミュレーション
  • お客様の声
  • 塗り替えブログ
  • 施工事例
  • よくある質問
  • 外壁塗装ガイド
  • 外壁塗装の適正価格について
  • 失敗しない色選びのためのお役立ちコラム集
  • 座談会
  • 無料相談会実施中
  • LINE相談・お見積もり
  • 塗装職人募集
  • 失敗しない!業者の選び方
  • どうする?雨漏り対策
  • 別荘の外壁塗装
  • 遮熱塗料について
  • 屋根塗装のあれこれ
  • 外壁塗装用語集

オンライン見積り

スマホサイト
に切り替え