外壁塗装・屋根塗装のペンキ

通話無料 0800-8001630通話無料 電話をかける

お問い合わせお問い合わせ

モダンな雰囲気に大変身(神奈川県座間市)

仕上がりは外壁の状況や施工内容により異なりますので、お気軽にご相談ください。

はじめに

外壁塗装には、外壁の耐久性を上げるだけではなく、住まいの美観性を高める目的もあります。
今回ご依頼いただいたK様邸は、築20年のサイディング外壁のお住まいです。
施主のK様は外壁塗装による住まいのイメージチェンジを希望されており、色あせたオフホワイトの外壁からモダンなブラックに一新したいそうです。
果たしてK様邸は見事に変身することができたのでしょうか。
今回の施工事例を詳しく見ていきましょう。

Before

新築時は輝いていた外壁も現在は色あせて、全体的に汚れが付いています。
オフホワイトは明るい色ですが、劣化してくすんで見えるため、暗い印象を受けます。

After

元のオフホワイトとは対照的なブラックに外壁を塗り替えました。
壁にはツヤが生まれ、新築時のような輝きが戻りました。
付帯部分をホワイトにしたことで外壁とメリハリをつけたため、重たい印象になりすぎることもありません。
重厚感ある中にもモダンな雰囲気が漂う住まいに大変身しました。

施工手順

足場設置

2階部分など高所でも作業を行う外壁塗装には、足場の設置が欠かせません。
足元が安定することで、職人は安心して作業ができます。
効率的に作業するためにも、家の形に沿って足場を組みます。
さらに近隣へ洗浄水や塗料が飛び散らないように、飛散防止シートも設置します。
隙間なくシートを張るのがポイントです。

高圧洗浄

次は高圧洗浄機を使って外壁に付いた汚れを落とす作業です。
長年、紫外線や雨風にさらされ続けることで、外壁にはホコリやカビなどの汚れが付着しています。
これらの汚れや剥がれかけた古い塗膜は、一緒に水で洗い流します。
洗浄が不十分なままだと、どんなに丁寧に塗装をしても、塗装後すぐに塗膜が剥がれる原因になります。
隅々までしっかり丁寧に汚れを落とします。

養生作業

次は塗装しない部分をビニールやテープで保護する「養生作業」です。
この工程は、外壁塗装の中でも重要な工程のひとつで、「養生の出来が仕上がりを左右する」といってもいいほどです。
ローラーや刷毛で塗装する場合でも、塗装時は周辺に塗料が飛び散ったり垂れたりします。
ドアや窓、植木や車を養生することで、塗料の付着を防ぎます。
また養生によって、塗装する箇所としない箇所の境目がはっきりします。
美しく仕上げるためには、まっすぐな養生が欠かせません。

コ-キング

K様邸のようなサイディング外壁には、ボードとボードの継ぎ目を埋めるためにコーキングが施されています。
紫外線や外気の温度変化によりコーキングは劣化し、ひび割れたり収縮したりします。
放っておくと雨漏りの可能性となるため、定期的な補修が必要です。
まずは古いコーキング材を剥がし、プライマーと呼ばれる下地材を塗ります。
新しいコーキング材が壁により付着するための下準備です。

次に新しいコーキング材を溝に注入し、ヘラで均一にならしてコーキング補修の完了です。
コーキングの補修箇所は、これから外壁と一緒に塗装をします。
塗装することで、コーキング箇所が悪目立ちすることがなくなり、耐久性も上がります。

下塗り

いよいよ塗装の開始です。
外壁塗装は3度に分けて塗装します。
始めの塗装は「下塗り」です。
下塗りで使う塗料は、施主様が希望する完成の色とは異なります。
下塗りは、これから塗る塗料と壁との密着性を高めるための塗装です。
塗り残しがないように、全体を塗装します。
下塗りする塗料の選択も重要で、たくさんの種類がある塗料の中から、塗料が持つ機能性や壁の材質・状態、立地環境により、最適な下塗りの塗料を選びます。

中塗り

2度目の塗装は「中塗り」です。
基本的に中塗りと次の3度目の塗装では同じ塗料を用います。
しかし今回、K様は仕上がりにブラックの外壁を希望されました。
ブラックは他の色と比べて、重ね塗りをした箇所とそうではない箇所が見分けづらいため、塗り残しが起こる可能性があります。
ミスをなくすために、今回の施工では中塗りと上塗りの塗料の色を変えることにしました。
また、ブラックを重ねると重たい印象になりすぎてしまうため、中塗りと上塗りの色を変えて美しく発色させる目的もあります。

上塗り

最後の塗装は「上塗り」といい、仕上げとなる塗装です。
K様が希望されるブラックで塗装しました。
3度の塗装により、適切な厚さの塗膜が完成します。
艶やかで耐久性のある外壁の完成です。

仕上がり

色あせていたオフホワイトの外壁はイメージが一新され、重厚感のあるブラックに変身しました。
中塗りと上塗りの塗料を変えたことで、重たい印象になりすぎず、モダンな雰囲気も残しています。

付帯部分の塗装

雨どいや破風板など、外壁以外の付帯部分も雨水や紫外線の影響を受けやすい場所です。
付帯部分も劣化が進むため、足場を組む外壁塗装のタイミングに合わせて、一緒に塗装を行いましょう。

軒天

軒天は汚れや不具合に気づきにくい場所ですが、劣化が起こりやすい場所のひとつです。
日光が直接当たる場所ではないため、湿気がこもりやすくカビや藻などが付着しやすい環境にあります。
汚れていたK様邸の軒天も真っ白に塗装しました。
真っ白な軒天が、ブラックの外壁を美しく引き立てます。
軒天が明るくなると、室内に差し込む光も明るくなります。

雨戸・戸袋

雨戸と戸袋はホワイトに塗り替えました。
ブラックの外壁とコントラストが美しく、メリハリある住まいに変わります。
また、雨戸をホワイトにすることで、家の印象が重たくなりすぎず、シックな雰囲気が漂います。

まとめ

どんな住まいでも、年月と共に少しずつ劣化が進みます。
新築時の輝きは次第に薄れ、洗練さがなくなってくるものです。
そのため、定期的に外壁塗装を行い、耐久性と美観性を高めることが重要です。
今回ご依頼いただいたK様は、住まいのイメージチェンジを希望されました。
オフホワイトからブラックに塗り替えたことで、落ち着きがありシックな住まいに大変身できました。
ブラックの外壁は、重たい印象になりすぎる場合もあるので、付帯部分や中塗りの塗料の色を工夫することで、モダンな雰囲気も漂うように提案しました。
実績豊富なペンキ王では、外壁塗装へのお客様の様々なご要望にお応えします。
どうぞお気軽にご相談ください。


  • LINEでお見積り
  • クレジット決済がご利用頂けます。

点検・調査・お見積もりは無料です!お気軽にお問い合わせ下さい。点検・調査・お見積もりは無料です!お気軽にお問い合わせ下さい。

  • 0800-8001630 ここを押すと電話がかかります。
  • 0800-8001630
  • メールで見積を申し込む

対応エリア対応エリア

  • 東京
  • 埼玉
  • 千葉
  • 神奈川
  • 宮城

他地域はご相談下さい!