施工事例

ひび割れが気になる外壁から新築のような外観に(神奈川県三浦市)

仕上がりは外壁の状況や施工内容により異なりますので、お気軽にご相談ください。

はじめに

住宅へ長く住み続けるためには、定期的なメンテナンスが重要です。 外壁塗装もそのメンテナンスの1つで、前回の塗装から10年も経過すると、塗られている塗料の機能性は大幅にダウンしています。 愛着のある自宅を長持ちさせるためにも、外壁塗装は欠かせない工事なのです。 S様邸は外壁全体の色あせに加え、細かいひび割れが目立つ箇所が増えてきたため、外壁塗装を行うことになりました。 外壁塗装を行うことで新築時のような輝きを取り戻し、古びた印象を払拭することに成功した事例です。

Before

外壁塗装前のS様邸の写真です。 極端に汚れが目立つ場所はないものの、年月の経過を感じる外観となっています。 また、外壁に近付いてみると細かいひび割れが生じている部分もあり、外壁の機能性はあらかた失われてしまっています。

After

外壁塗装の上塗工程までを完了した写真です。 外壁全体を白く塗り直したことで、まるで新築のような美しさが蘇りました。 汚れてしまっていた外壁の面影はまるでありません。

施工手順

足場設置

外壁塗装ではまず足場の設置を行います。 足場を用意することで、職人が事故を起こすリスクを減らすことが可能です。 足元が安定した状態で作業を行えるため、塗装の品質向上にもつながります。 また、足場に飛散防止シートをかけることで、作業中の塗料の飛散を防ぎ、近隣の方とのトラブルを回避できます。

高圧洗浄

足場を設置した後は、高圧洗浄の工程へと移ります。 高圧洗浄は、外壁に付着した汚れや古い塗膜をきれいに洗い流すための作業です。 汚れの上から塗料を塗っても密着度が悪いため、「塗料が剥がれる」などの問題が起こりやすくなります。 そのため、洗い残しがないよう、丁寧な作業を心がけます。 外壁だけでなく軒天などの付帯部分も同時に高圧洗浄を行います。

養生作業

塗装の工程へ進む前に養生作業を行います。 養生作業は、窓ガラスなど塗装を行わない部分をビニールシートやテープを用いて保護する工程です。 サッシや配管がしっかりと保護されていることが分かります。 塗装部分とそうでない部分の境目は、養生作業の仕上がり次第で大きく変わってきます。 そのため、境目がきれいに仕上がるよう慎重に作業を進めていきます。

コ-キング

ひび割れが多く見られる部分には補修を行います。 コーキングの補修には、既存のコーキングの上から充填する「増し打ち」と、既存のコーキングを取り除いてから充填する「打ち替え」の2種類があります。 S様邸のコーキングは一部分のみ劣化が起きていたため、増し打ちにて対応しています。 コーキングを充填する前には、下塗り材にあたるプライマーを塗ります。 プライマーを使うことで密着性が高まり、コーキングの寿命を長くすることができるからです。

下塗り

外壁塗装では、塗料を3回塗り重ねることが基本です。 最初に行う塗装作業のことを下塗りと呼びます。 下塗りは上塗りと外壁の密着性を高めるために欠かせない工程です。 もし下塗りを行わずに上塗りをした場合、すぐに塗料が剥がれてしまう可能性があります。 外壁の寿命を長くするためにも、丁寧な下塗りを心がけています。

中塗り

下塗りの次は中塗りです。 下塗りが乾燥しきったことを確認した上で、上塗りに使うものと同じ塗料を塗り重ねていきます。 塗り重ねることで塗装のムラを減らし、きれいな仕上がりにできます。 「下塗りと同じ白色だから」といって手を抜かず、丁寧に塗装を行います。

上塗り

最後の塗装工程が上塗りです。 作業自体は中塗りとほぼ同じですが、最終的な仕上がりに関わる工程なので、より丁寧さが求められます。 同じ色を2回に分けて塗ることで、塗料の美しさや性能を最大限に発揮することができます。

仕上がり

上塗りが完了した後の写真です。 塗装を行った部分に美しいツヤが生まれ、明るい輝きを放っていることが分かります。 熟練した職人が塗装を行うからこそ、ムラのないきれいな仕上がりになるのです。

付帯部分の塗装

外壁を塗装した後は、軒天や霧除けなどの付帯部分の塗装作業です。 鉄部については、塗装前にサビ止めの作業を行い耐久性を高めています。 また、外壁と同様に塗料を塗り重ねることで塗料の性能を最大限に発揮させます。

経年で失われた防水性を取り戻すために、雨戸にも塗装を行います。 古い塗膜やサビを落とすための「ケレン」と呼ばれる工程を忘れてはいけません。 あらかじめケレンで下地処理をすることで、塗料との密着性が高まります。

まとめ

古びた雰囲気を醸し出していたS様邸ですが、外壁塗装を行うことで美しい外観を取り戻しました。 外壁塗装に加えて、塗膜に生じていたヒビ割れやコーキングの劣化にも対処したことで、機能性も改善しています。 外壁に汚れが見られるようになったら、塗料が寿命を迎えている証拠です。 「あれ?汚れているな」と感じたら、なるべく早めの塗装が大切です。 大切な家族と住宅を守るためにも、定期的なメンテナンスを怠らないようにしましょう。

点検・調査など無料で承ります。まずはお気軽にご相談ください。

まずはスタッフと直接お話したい方 フリーダイヤル

0120-900-971

受付時間:9時〜18時(土・日・祝日も営業中)

メールでお問い合わせをしたい方 24時間受付中

ご相談・お問い合わせフォームへ

1営業日以内に必ずご返信しています


  • LINE相談・お見積もり
  • お客様の声
  • 塗り替えブログ
  • 施工事例
  • よくある質問
  • 外壁塗装ガイド
  • 外壁塗装の適正価格について
  • 理想の色選びをしよう
  • 失敗しない色選びのためのお役立ちコラム集
  • 無料相談会実施中
  • 塗装職人募集
  • 失敗しない!業者の選び方
  • どうする?雨漏り対策
  • 別荘の外壁塗装
  • 遮熱塗料について
  • 屋根塗装のあれこれ
  • 外壁塗装用語集
お問い合わせ
スマホサイト
に切り替え