外壁塗装を一生懸命やる会社いえふく外壁塗装を一生懸命やる会社いえふく

施工事例

大きなひび割れをきっかけに大胆にイメチェン(神奈川県愛川町)

はじめに

今回紹介する施工事例は、神奈川県相模原市にお住まいのK様邸です。
新築から十数年が経過して外壁にひび割れが見られるようになったため、外壁塗装をご依頼いただきました。
これまでとは違う色で塗装することで、住宅全体の印象をがらっと変えることに成功した事例です。

Before

こちらが施工前のK様邸の様子です。
グレーのモルタル外壁に装飾が施された意匠性の高い住宅です。
グレーであるため目立ちにくいものの、少しくすんでいるのが汚れている証拠です。

After

こちらが施工後の様子です。
外壁は白に塗り替え、ベランダ部分は以前とうってかわって明るいブラウンの色になりました。
施工前は少し暗めの印象がありましたが、一気に楽しげな印象に生まれ変わっています。
白とベージュのコントラストがより住宅全体の意匠性を高めています。

施行手順

足場設置

まずは住宅の周囲に職人が作業を行うための足場を組んでいきます。
足場のまわりには飛散防止ネットが張られ、隣の家に塗料やほこり、粉じんが飛び散るのを防ぎます。
近隣住民とのトラブルを防ぐため、外壁塗装の前には挨拶に行っておくのがおすすめです。

高圧洗浄

足場を組み終えると、高圧洗浄の作業に入ります。
ほとんどの汚れ・くすみは高圧洗浄で洗い流すことができます。
いえふくでは業務用の高圧洗浄機を採用しているため威力が強く、長い年月で蓄積した汚れもしっかり落とすことができます。
外壁の表面をしっかりきれいにしてから、次の作業に移ります。

養生作業

洗浄作業が終了すると、窓やドアなど塗料が付着すると困る部分に養生を行います。
丁寧に養生作業を行うことで、外壁塗装の仕上がりはより美しいものとなります。

コーキング

K様邸の外壁には縦に大きなひび割れが発生していました。
これはクラックと呼ばれ、放置すると隙間から雨水などが侵入し、住宅自体が損傷してしまう危険性があります。
塗装を行う前には、必ず補修をしなくてはなりません。

クラックの補修を終えた様子です。
モルタル外壁のひび割れには、コーキングを充填して補修するのが一般的です。
この後に行う塗装の工程で、補修の跡を目立ちにくくさせるのがプロの技です。

下塗り

劣化部分の補修を終えたら、いよいよ塗装の工程です。下塗りの工程では、上塗りをより美しく仕上げるために、白い塗料を使用するのが一般的です。
下塗りには上塗り塗料と外壁とを密着させ、剥がれにくくする役割もあります。

中塗り

下塗りを終えると、次は中塗りの工程に入ります。
外壁塗装は3回に分けて塗料を塗っていくのが基本です。
3回に分けることで塗りムラができにくくなるほか、仕上がりがよりきれいになります。
それぞれの塗料は塗り終えてから十分に乾燥させる必要があり、下塗りを終えてもすぐに中塗りに移れるわけではありません。
乾燥の時間は使用する塗料の種類や季節、天候によって変わりますが、いえふくの職人は乾燥時間を厳守し、十分に乾いたことを確認してから次の工程に移ります。
塗料が乾ききらないうちに次の塗装を行うと、縮みや割れなどの初期不良が1年以内に発生しやすくなるからです。

上塗り

最後の仕上げとなる上塗りの工程が完了した様子です。
「中塗りのときと何も変わっていないのでは?」と感じる方もいるかもしれませんが、中塗りと上塗りは同じ塗料を使用するのが一般的ですので、見た目にはそれほど違いがないのです。
しかし中塗りと上塗りに分けて塗ることで、外壁塗装の仕上がりはより良いものになります。
外壁との密着性が高まり剥がれにくくなったり、機能性が高まり汚れにくくなったりと、いろいろなメリットがあるのです。

仕上がり

あんなにくすんでいた外壁がピカピカに生まれ変わり、まるで新築のような雰囲気が漂っています。
窓の周りはベランダと同じ色で塗装し、見た目もバッチリです。
生まれ変わった我が家の様子を見たK様からは「気分を一新して新生活のような気持ちで過ごせそうだ」と喜びのお言葉をいただきました。

付帯部分の塗装

外壁塗装の施工では、付帯部分の塗装も行います。
まずはこちらが塗装を行う前の霧除けの様子です。

トタンでできているため、塗装の前に錆止めの処理を行います。
この処理をするかしないかで、金属部の寿命は大きく変わってきます。

錆止め処理が終わり、塗装が完了した様子です。
付帯部分も塗りなおすことで機能性を維持できます。
外壁だけでなく付帯部分もきれいになれば、住宅全体はより引き締まった印象に仕上がります。

まとめ

K様邸が生まれ変わる様子を詳しく解説しました。
住宅のメンテナンスとして欠かせない外壁塗装は、ちょっとした工夫でより素晴らしいものになります。
今回のK様邸のようにカラーを変えれば、新しい住宅に立て替えたような気分になれ、毎日をちょっと楽しく過ごせるかもしれません。
どんな見た目にしたいかを家族とじっくり検討し、納得のいく外壁塗装を行いましょう。