施工事例

大胆な外壁の色の変化と、屋根塗装(神奈川県逗子市)

仕上がりは外壁の状況や施工内容により異なりますので、お気軽にご相談ください。

はじめに

外壁は家の中でもたえず紫外線や雨風など外部からの影響を受け続けている部分です。 そのため、塗装を行ってから時間が経てば経つほど、劣化は進みます。 一見問題がなさそうに思える外観であっても、細かい点をチェックしていくと耐久性に問題が見つかるケースは珍しくありません。 そのため、定期的なメンテナンスが必要となります。 T様邸の事例では特にコーキングの劣化が著しく見られました。 しかし、補修を行うことによって機能性を取り戻すことができた上、外壁と屋根をこれまでと異なる色で塗装することでイメージをがらりと変えることに成功した施工事例です。 問題のあった部分の補修や塗装前後の印象の変化について、実際の写真を見ながら紹介します。

Before

外壁塗装前のT様邸です。 サイディングボードで構成された外壁は、一見すると問題がないように思えます。 しかし、よく見るとサイディングボードの表面が欠けていたり、色ムラが生じていることが分かります。 遠目に見た場合はともかく、近づいて見ると時間の経過を感じさせてしまう外観です。

屋根は汚れが目立つようになっています。 普段目につかないような場所も含まれますが、屋根自体の寿命を延ばすために塗り直しが必要です。 塗装を先延ばしにしているとひび割れなどの劣化が発生し、雨漏りなどトラブルの原因となることもあります。

After

塗装作業が完了した後の外壁の様子です。 白を基調とした色の塗料で塗り直したことにより、古びた印象はなくなっています。 また、塗装前とはまったく異なる色の塗料を用いたことで、家全体の印象を変えることにも成功しています。

屋根も塗り直され、汚れのないきれいな見た目になっています。 色合いも塗装前と比べて明るくなっており、白色の壁と調和する外観です。

施工手順

足場設置

足場を設置して、外壁塗装の準備を整えることが最初の工程です。 今回の施工では外壁に加えて屋根も塗り直しをするため、どちらの塗装でも安全に作業できるような足場を設置します。 鉄パイプのみではなく足をのせる板も設置する形式なので、職人が安定した姿勢でくまなく塗装を行える足場です。 また、足場を組むことで飛散防止用のネットを張ることが可能となり、近隣の住宅へ塗料が付着することを防げます。

高圧洗浄

外壁と塗料を密着させる妨げとなる汚れを、高圧洗浄機を使って落としていきます。 サイディングボードが破損しないよう、出力を慎重に調整しながらの作業です。 埃やコケなど、長年蓄積した汚れを丁寧に洗い流します。

養生作業

外壁塗装を行う際には、塗装を行わない部分への配慮が欠かせません。 養生作業とは、マスカーやテープを用いてガラスサッシや配管などを保護する作業です。 地味な作業に思えますが、塗料の付着を防ぐために非常に大切な工程となっています。 テープをしっかりと貼り付けなければ塗装中に剥がれて付着する危険性がありますし、貼り方が雑だと塗装後の仕上がりの見栄えが悪くなってしまいます。 以降の作業に支障が出ないよう、慎重に養生作業を行っていきます。

コ-キング

ひび割れが生じている部分をはじめ、劣化してしまったコーキングの打ち替えを行っていきます。 まずは外壁を傷つけないようコーキング材を剥がしていく作業です。

コーキング材を剥がし終えたら、外壁との密着性を高めるためにプライマーを塗ります。 プライマーを塗り終えたら、新たなコーキング材を充填していきます。 新しいものに打ち替えることで、家の歪みやサインディングボードの伸縮にも対応することが可能です。 雨水などが浸入しないよう、1箇所ずつじっくりと充填を行っています。

下塗り

サイディングボードに下塗りを行っていきます。 下塗りはこれ以降の工程で塗装する中塗り・上塗り用の塗料とサイディングボードの密着性を高めるために必要な作業です。 雑な塗り方で塗料の耐久性を損ねないようにするため、丁寧に作業を進めていきます。

中塗り

下塗りが乾いたら、次は中塗りの作業です。 上塗りと同じ塗料を使って2回の塗装を行うことでムラをなくし、塗料の持つ機能が十分に発揮される状態を作り上げます。 また、均一な塗装を心がけることで、見た目にも美しい外壁に仕上げることが可能です。

上塗り

中塗りが完全に乾燥したら、塗装の最終段階である上塗りの作業に移ります。 乾燥にかかる時間は気温や湿度などによって変わりますが、いえふくでは徹底的な乾燥時間の管理を行なっています。 塗りムラが出ないように十分気をつけながら、ローラーでの塗装を行っていきます。

仕上がり

下塗り・中塗り・上塗りと3回の塗装を行った外壁の仕上がりです。 均一な塗装を施したことで、まとまった印象のある外壁に生まれ変わりました。

付帯部分の塗装

屋根も外壁と同様にローラーで塗装します。 普通に生活していれば上から屋根を見る機会は滅多にありませんが、だからといって手を抜かず、塗りムラができないよう塗装します。

M様邸の屋根にはソーラーパネルが設置されていたため、汚してしまわないようその周辺では特に慎重な作業を心がけました。

また、雨戸や雨どいなどの付帯部分の塗装も進めていきます。 外壁塗装の施工を行う際にはこういった付帯部分の塗装も同時に行うのが基本です。 住宅全体を塗り替えることで、住宅の寿命を延ばすことにつながります。

まとめ

施工前のT様邸はコーキングにひび割れが見られ、住宅の耐久性に不安がありました。 しかし、コーキングの打ち替えを行ったことで問題は解決しました。 また、これまでとは違う色の塗料を用いたため、新たな気分で生活できると塗装の結果にT様も満足されています。 コーキングのひび割れは放置していると、住宅内部へ水が侵入するなど、さらに深刻な問題を引き起こす可能性が高いです。 ひび割れに気が付いたなら、T様のように迅速な対応をすることをおすすめします。

点検・調査など無料で承ります。まずはお気軽にご相談ください。

まずはスタッフと直接お話したい方 フリーダイヤル

0120-900-971

受付時間:9時〜20時(土・日・祝日も営業中)

メールでお問い合わせをしたい方 24時間受付中

ご相談・お問い合わせフォームへ

1営業日以内に必ずご返信しています


  • よくある質問
  • 外壁塗装ガイド
  • 外壁塗装の適正価格について
  • 失敗しない色選びのためのお役立ちコラム集
  • 座談会
  • 無料相談会実施中
  • LINE相談・お見積もり
  • 失敗しない!業者の選び方
  • どうする?雨漏り対策
  • 別荘の外壁塗装
  • 遮熱塗料について
  • 屋根塗装のあれこれ
  • 外壁塗装用語集
  • 採用情報
ページ
トップへ

お問い合わせ