最低価格に挑戦!外壁塗装のペンキ

通話無料 0800-8001630通話無料 電話をかける

お問い合わせお問い合わせ

外壁塗装の季節はいつがよいか

外壁塗装に適した季節

外壁塗装工事を行うのに最も適した季節は、春か秋といえます。
もちろん、当日の天気が塗装に適していれば、それ以外の季節に依頼しても問題はありません。
業者が閑散期になりやすく、施工費が安くなることがある2月と8月をあえて狙うのもよいでしょう。

屋外で作業する外壁塗装において、作業当日の天気は重要です。
炎天下での作業は過酷ですし、雨天だとせっかく塗った塗料が流れ落ちてしまいます。
また、寒過ぎると塗料が乾きにくくなるのです。

季節ごとの外壁塗装のメリットとデメリット

3~5月

メリット
塗料が乾きやすい
作業がしやすい
デメリット
繁忙期のため予約が取りにくかったり、職人の稼働が良いので、価格が高くなる傾向がある

6~7月(雨期)

メリット
晴れていれば塗料が乾きやすい
デメリット
雨天が多いため塗装が困難な日が多い

8~9月

メリット
塗料が乾きやすい
8月は閑散期のため、施工費が安くなる業者もある
デメリット
足場が熱くなり作業がしにくい

10~11月

メリット
作業がしやすい
デメリット
繁忙期のため予約が取りにくかったり、職人の稼働が良いので、価格が高くなる傾向がある

12~2月

メリット
2月は閑散期のため、施工費が安くなる業者もある
デメリット
塗料が乾きにくい
12月は駆け込みが多く繁忙期で、特に価格が高くなる傾向がある

それぞれメリット・デメリットはありますが、外壁塗装は天候条件が整えば、基本的にどの季節でも行えます。

梅雨時や真冬など、作業がしにくい季節に依頼する場合は、施工期間を長く確保してくれたり、天候の変化に対応してくれたりする業者を選びましょう。

塗装に向かない気候条件とは?

外壁塗装を行うには、天候だけでなく気温や湿度にも一定の条件があります。
以下の場合は作業を行えないので、依頼に当たっては注意しましょう。

気温が5℃以下の場合

気温が低いと塗料が乾きにくく、作業期間が長くなることに加え、塗布量が守られずサビ止め効果が低下することがあります。
最高気温が3℃以下の日は作業が行えず、地域によっては全く作業ができない場所もあります。

湿度が85%以上の場合

湿度が高いと、気温が低いときと同様、塗料が乾きにくくなります。
また、被塗面に水分が付くと塗膜が付着しにくくなり、サビ止め効果が低下してしまうこともあります。


  • LINEでお見積り
  • クレジット決済がご利用頂けます。

点検・調査・お見積もりは無料です!お気軽にお問い合わせ下さい。点検・調査・お見積もりは無料です!お気軽にお問い合わせ下さい。

  • 0800-8001630 ここを押すと電話がかかります。
  • 0800-8001630
  • メールで見積を申し込む

対応エリア対応エリア

  • 東京
  • 埼玉
  • 千葉
  • 神奈川
  • 茨城南部
  • 栃木南部
  • 群馬南部

  • 宮城
  • 愛知
  • 大阪

他地域はご相談下さい!